2006年11月08日

市内音楽会

061029_1452~0003-0001.jpgいつもならダラダラと10時過ぎまでかかる朝の仕事。下に降りたら猫ごはん、次に素早く犬たちを庭に出す。ノノコに朝ご飯を食べさせながら銀花のふすまを煮る。(注・ノノコは毎朝卵か納豆かしらすかけご飯(笑))ノノコを送ってそのまま銀花小屋掃除と朝ご飯。庭にまわり犬たちのンコを拾う。部屋に上がったら犬ご飯、食べ終えた順にまた庭に出す。掃除機をかけてモップで拭き掃除。ウサギとインコの掃除とご飯、猫のトイレ掃除、犬たちの食器を洗う。書くと長いが今朝はこれ全部を1時間半で終えた。市内の小中学校の音楽会があったからだ。しかも出番は2番目、会場の中学まで40分はかかるのだ。コーヒー一杯飲んでぶっ飛ばして行った。平日で保護者はほとんど行かないし別にどうと言うことはないのだが来てねと言われたのでやっぱり行ってやりたい。私は母が勤めていたので学校行事に母が来たことは運動会くらいだ。そんなもんだと思っていたので寂しさなど一度も感じなかったが自分が親になったら気持ちのどこかに普通のお母さんに対する憧れがあることに気がついた。と同時にどんな努力しても普通のお母さんにはなれないことにも気がついた!なので学校関係で子供に頼まれたらなるべく叶えてやるのがせめてもの罪滅ぼし?(笑)今朝初めて車のフロントが凍った。音楽会から帰ってすぐ銀花の散歩に出た。蹄の割れも大分はがれて来たので今日は久しぶりに帰りは乗って来た。銀花は従順に歩くのだが…時々立ち止まってふぅぅ…って深いため息つくのはやめて下さい!(笑)


posted by ミチル at 13:51| ☀| Comment(12) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさま。音楽会のシーズンね。今の小学校ってどんなことやるんだろう?やっぱり合唱や器楽合奏?今日は夜仕事がキャンセルになったので嬉しいいよん♪
Posted by あずき at 2006年11月08日 18:01
おお〜!、晴れ舞台・・・思い出の1ページだね。
学校行事に参加するしないって、子供以上に親にとっては記憶に残るもんだと思うよ。
上の子の時はボチボチ参加できたけど(役員やったり)、下の子の時はぜんぜん叶わなかった。
その事でなかじは胸が痛いのだが、下はどう思ってるのかなあ。
心の中で下には懺悔(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ なんだけど、あえて言葉にはしていない。
下にはそんなことばっかだなあ。

Posted by なかじ at 2006年11月08日 18:54
アズキ〜ヌ♪今頃って音楽会のシーズンなんだ、知らなかった。今の小学生の音楽って私らにはもうわからんよ、伝統的なのはほとんどなくてなんか流行歌みたいなの。ノノコたちはウィズユースマイルってのとお日様になってちう2曲歌ったよ。わたしゃどちらも知らん。お仕事たまにあくと嬉しいもんだよね〜!
Posted by ミチル at 2006年11月08日 19:32
なかじ♪まさかなかさんとこうして子供の話題になるなんてあの頃想像もつかなかったね!(笑)私もなるべくできることはしようと思ってるんだが何しろ協調性ゼロは昔と変わらず!ノノコは来てほしい…だけど母ちゃん変だからハズカシイのジレンマに毎回悩まされていて最近は着ていく服まで指定されてたりして。でお願いだからおとなしくしててとか懇願されてたりもして(爆)
Posted by ミチル at 2006年11月08日 19:40
親心泣けます。。
ノノちゃん喜んでいるはず 
Posted by よしお at 2006年11月08日 22:57
よっし〜♪寒くなったね風邪引いてない?よっし〜の体脂肪率が心配だよ(そしてうらやましい!)親はいつもよかれと思ってやっても子供には迷惑なこともあるからねぇ、わたしゃ最近ノノコに怒られてばかりよ(笑)
Posted by ミチル at 2006年11月08日 23:53
納豆にしらすでご飯!素敵ですねぇ。私の夢の食卓です。音楽会かぁ、いいなぁ。
若い人は、いいなぁ。ノノコちゃんまだまだ若すぎだけど、なんか素敵な風が吹いていていい感じです。
Posted by lemonodasos at 2006年11月09日 03:50
そうだよ〜。今は音楽の季節。うちの母親も演奏会に忙しそうだもの。
ののちゃんの微妙な気持ち、分かる〜。
親の服装は子供にとって重要だよ!
「あぁ・・・。またチンドンヤみたいな格好できた・・・。」といつも子供の頃、嫌だったの思い出した!(笑)
銀花ちゃんの溜息!爆笑!( ̄∀ ̄*)イヒッ
Posted by さゆり at 2006年11月09日 06:26
あはははは!レモノダソスさん♪納豆しらすぶっかけご飯を夢のようなんて海外在住ならではですね〜、賞賛されるとは夢にも思っていませんでした(笑)うちの子はからだがでかいのに小度胸で人前で何かするのは苦手のようです。
Posted by ミチル at 2006年11月09日 13:17
さゆりん♪お母さんって三弦のお師匠さまだっけ?秋は展覧会の季節とばかり思ってたけど考えたら芸術の秋っていうものね。親はあぁ子育て失敗したかとか思って子供は子供で変なうちに生まれて来ちゃったなとか思っているのかもしれないね。親も子も早めの諦めがポイントね(爆)
Posted by ミチル at 2006年11月09日 13:23
ノノコちゃんの歌声、聴いてみた〜い!近かったら、ご一緒したかったわん♪私も子ども達が小さい頃、よく学校に行ったけど、自分では普通にしてたつもりが、子ども達にしたら、自分の母親が他のお母さん達と違うということを再確認する場だったのです。それは、どういうこと?と聞くと、「お母さんの頭がかなりデカイ!」という現実でありました(>_<)
Posted by ミカママ at 2006年11月09日 17:04
ミカママちゃん♪ノノコは実は音痴でしたの!それがピアノ始めたらいつの間にか治ったので大きな声で元気よく歌うんだよとアドバイスできるようになりました(笑)子供の視点ってさぁこちらは『フツー』な認識のとこに切り込んで来るからドキッとするんだよ、しかし、なるほど頭部比較ね…そりゃ子供たちが正しいかも(爆)
Posted by ミチル at 2006年11月09日 17:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: