2012年05月08日

耳無法一よりコワイ耳ナシの話

昨日は実家、今日は河口湖、わたし
には珍しく2日続きで家をあけた。
出かける時も朝の散歩はいつもと
変わらず。今日も良いお天気♪
新緑がほんとうにきれい。

010.jpg018.jpg
なかなか、3匹そろってニコニコ
するって難しいな。
今日は久しぶりにいつものトラックの
おじさんたちに会う。時間待ちの間
道の脇で山菜をとっていたからめぐが
ぶっとんでいってまとわりついて…
吠えている^_^;よくおやつをくれる
おじちゃんたちなのにハズカシイな

銀花は下。上の野原では蛇を見たし
草も伸びて犬たちは入りたがるけど
わたしはもうイヤ。植林地はまだ
それほど草も伸びてないから
まだしばらく入れるね。気持が
良い風が上がって来る。写真だけ
見るとどこかの高原みたいだな。

033.jpg

青い小さな花が咲いているので
近寄ってみたらフデリンドウかな。

035.jpg
今ごろ咲くのだったっけ?

今日は散歩から戻るとすぐ高速に
乗って河口湖へ行った。家族でお世話に
なっている整体の先生がいよいよ
お引っ越しが決まり、荷物の片付けの
お手伝い。富士山はまだ真っ白。
もう少ししたら農鳥が見えてくる。

044.jpg

荷造りやゴミの始末などして
夕方帰宅。チビッチビーズたちは
ゲージに入れて行ったのに一匹しか
中にいなかった。まさか隙間から
出て来られるとは思えないけど今朝も
2匹出ていた。フシギだ〜。今週の
土曜日みんなそろって里親さんの
ところへ連れて行くから寂しくなると
言っていたら、、、昨日母から
実家と共にノラ猫を大切にしてくれる
お向かいのおうちで何と!子猫が
3匹生まれた話を聞いた。母は避妊
手術や里親探しのことなど話した
そうだが多忙な人なのでそこまで
してもらうのは無理。なので先ほど
メールして捕獲器はあずけてあるので
親猫の捕獲だけお願いして、避妊手術と
子猫の里親探しはまたわたしが引き
受けることに^_^;うまくすれば明日
捕獲器仕掛けて入れば木曜日獣医
さんに行って子猫もまた虫下しと
カンタンな健康チェック、その後は
またうちに連れ来ることになりそう。
あ〜あ。

子猫たちの親の耳ナシを預けている
獣医さんからは昨日実家にいる時
電話があり、耳ナシの耳はかなり
良くないそう。それが先生も理解に
苦しんでおられたが猫の耳の切除の
手術自体とても珍しく、外耳炎などが
あまりにひどい時そのような処置を
するそうだが、耳ナシの傷を見ると
かなり古く、もっとも、耳ナシは
ほんの子猫の時から実家庭にいたが
すでに耳がなかったので両親もわたしも
奇形児だと思っていた。ところが
どう見ても医療関係者がしたとしか
思えない手術痕があるのに、中の
治療らしきことは一切していなくて
普通ならあり得ない、穴をふさぐという
縫い方をしているため、今回の大事に
なってしまった。(耳の中が化膿し
出口がないためその膿が硬くなり
鼓膜を破いて鼻に流れてきている、
そのため片鼻は完全に呼吸ができず)
先生も初めてのケースでどのような
治療法か大学病院に連れて行ったり
ベテランの先生に来てもらって診て
下さるそうだ。どうしますかときかれ
たのだけど、じゃあ良いですなんて
言えるわけがない。まだ若い猫なので
この先の猫人生が楽しく送れる
ようにしてあげたいとおっしゃって
しばらく入院、その後も消毒などで
すぐ放猫はできない。耳ナシも多分
またうちにくることになるだろう。
それにノラ猫ではないと言う。ノラを
たくさん見てる先生がおっしゃるの
だからそうなのだろうと思う。
耳の傷は医療従事者が何らかの
理由で行った手術?虐待の可能性も
ある。なんだかオソロシイ。人間が
一番オソロシイ。こんないたいけな
動物をなぜ殺したり傷めつけたり
実験に使ったり、ヒトはできるの
だろう。悪魔の血が、どこかで
まじったに違いない。

003.jpg

posted by ミチル at 23:30| 山梨 ☁| Comment(10) | 猫たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日ミチルちゃんがリツィートしてた脳の実験がどうのこうの…っていうの(見た瞬間思わず「スパム報告の上ブロック」しちゃったけど、今はその元ツイート削除したみたい。)そういう人間が本当にいるのかね、信じたくないけど。寒気がする。
Posted by satoko at 2012年05月09日 00:48
なんという話だ、化膿しないとでも思ったか
抗生剤投薬中に脱走されたか、虐待!?
なんにしても母猫かわいそう。
ジンジン痛むのに
仔猫の世話をしていたんだ・・・(/ω\)

new cats♪ミチルさん今にお乳出るかも♪
写真の子たちがお向い生まれの子ですか?
Posted by もんがら at 2012年05月09日 01:04
めぐたん・・・本当は嬉しいくせに!
ほんとに素直じゃないんだから〜。(笑)

悪魔の血ですか・・・カインの子孫なれば?
いやいや、要は周りの環境だと思います。
愛情を教えてくれる人が、周りに居るか居ないかで随分変わってくると思うのですが・・・。
Posted by さゆり at 2012年05月09日 09:14
ミチルちゃん、ぶーチャン号の鍵、たいへんだったね(^。^;)
予想外のハプニングは、年齢を重ねるごとに多くなるのは、
私だけじゃないんだな…って思いました。
ある知人が、自分の車のドアを閉めたら、
自分のもう片方の手を挟んだことがあり、
指を骨折したそうです。
私も、いつかやりそうで、他人事ではないと思っています。
何かと、うっかり置き忘れることも多く、
先日作った和紙の箱は、自分の大事なもの入れにしています(^_^;)

本当に、人間のエゴや、悪意って、
一番醜いね…その標的は、いつも、弱者。
猫の耳じゃなくて、自分の耳をやればいいのに!
ほんと、悔しいね。
Posted by ミカママ at 2012年05月09日 16:47
satokoちゃん♪ああいう人は案外面白がって
ツイートしてるだけなのかもしれないね。
ほんとうにやる人は何も言わずに人当たりも
良さそうにしてて裏でひどいことすると思う。
うちの実家の隣で猫のことで文句を言われ
保健所に通報するって言われたから今回
こういう騒動になったのだけど獣医さんに
言わせるとそう言う人は何もしないんだって。
先生の家の裏には猫が13匹いて全部シウツして
耳も切ってあったのに普段ニコニコ挨拶してた
人が全部毒殺したんだそうです。
片耳ママも本当は医療行為だったのかも
しれないし本当のことはわからないけど
獣医さんが言うには
猫の耳の切除はとても珍しい
まして子猫の時の手術は普通の獣医さんなら
ハイリスクなので成長してからする
穴がなく、きっちり縫われていて外耳が
残っている、これがもし治療なら
なんのためにしたのか???
しかしどう見ても素人ができることではないそうで
先生も気持が悪いと言っていました。
動物虐待は人間の事件に結び付くケースが
多いって言うよね。
つい先日子猫の里親サギで虐待してた
男が懲役3年とか。弱者を守れない人間なんて
生きてたって価値がない、死んでいいよと
まじ思ってしまいます。
Posted by ミチル at 2012年05月09日 21:59
モンちゃん♪獣医さんもこれが治療だとしても
何のための治療なのか理解できないそうです。
片耳ママは鼓膜がやぶれて平衡感覚も
おかしくなっていてご飯もすごく散らかしながら
食べるのだそうです。抗生剤をどんどん使って
鼻水はだいぶおさまって来たそうだけど
根本的な治療をしないと治らないのだから
一番良い方法で治療してもらうように
お願いしました。ノラだから治療ひだけで
入院費は良いですって言われたので正直
ホッ^_^;

ここに写ってる子はモンちゃんちのふたりだよ〜!
向って右がハリー、左がマルタンです♪♪
今連絡あってお向かいの猫母猫子猫3匹
捕獲したそうです、明日また獣医さん
連れて行って子猫はうちに連れて来るね。
あ〜あ・・・
Posted by ミチル at 2012年05月09日 22:11
さゆりん♪そもそもうちの犬たちって
よく見かける微笑ましいシーンとか縁遠い、
ビビり犬ばっかりんだんだよね^_^;
そのくせガツガツガッツだけはよく見かけ
ないほどすごいしね!(笑)

もう何年も前だけど大きな県民祭りのテントの
ところで、
動物愛護団体のパネル展示を見ました。
まともに見れないほどひどい写真ばかりで
わたしはそういうの見れない人なので
その後3日具合が悪くなりました。
保健所に引きずられていくゴールデン、
動物実験で犬の顔の半分くらいあるような
大きなカプセルを抑えつけられて
飲まされているビーグル犬、
何かされて血の涙を流すラブラドール、
忘れたくても忘れられない。その時に
王さまが言ったのです、一言、、
「ニンゲンは悪魔の道を選んでしまった」

昨年家の前で猟をされライフルの爆音に
続き獣の断末魔のうめき声、色めき立つ
おっさんたちのはなやいだ声にまじって
幼子の笑い声が聞こえました。言葉に
ならないほど驚いた。でもさゆりんの、
ほんとうに言う通り。
わたしは父親は猟をしてればもしコドモが
男の子ならそういうところを見せて勇ましいところをアピールもしたいのだろうと理解は
できる。しかしおそらくわたしよりずっと若い
母親、若い母親はそういう殺りくを子供に
見せて平気なのだろうか、と思いました。
そのことを母に話したら「そういう家に
ヨメに行く時点で、そういう種類の人しか
行かれないでしょ」と言われてなるほど、と
思いました。教育って本当に大切だね。
特に弱者を守る、口をきけないものを慈しむ、
でもきっと普通の生活の中ではどうでも
いいと思っている人の方が多いのかもしれない。
Posted by ミチル at 2012年05月09日 22:20
ミカママちゃん♪ほんとうに冗談でなく、
一度どこかに物をおいたらもうその時点で
記憶が飛んでしまっております^_^;
今日もお騒がせいたしました!
あまりに情けなくて自己嫌悪、、、になれば
良いんだけどいろんなことしてるうちに
そのことも忘れちゃうから反省なんか
できやしない!(笑)

しかもぶーちゃん号車検だったからかぎを
開けてもらってやっと持って行ったら
納税証明がない!そんなもん、いつ払ったか
その書類がどうなったか、まったくさっぱり
記憶にござらん!!!どうしよう、、、(=_=)

片耳の母猫はノラ猫をたくさん見てくださっている
獣医さんなので安心してお任せしています。
ちょっと費用がかかるけど母があしながさんだしね!
問題は退院してきてからでしばらく消毒が
あるから母にはできないと思うので
またうちに連れて来なくちゃならないの。
そうするとカケション合戦が激しくなるんだよね〜(-"-)

完全に治ったら母が実家の部屋猫にしてくれるそうです。そんな話を聞くとノラ猫たちも
心配になっちゃう。でもそれをされた?のは
まだほんの子猫の時だからもうそんな変な人
死んでくれていたら良いと思います。
Posted by ミチル at 2012年05月09日 22:30
うわーお、黒系だと思っていたのでハリー・マルタン
(レミーマルタンみたいw)だと思わなかった!
日の光が茶色く見せているのかな。会うの楽しみ♪

獣医さんのお話など、ミチルさんが書いたコメントを
全て読んで戦慄&鳥肌です。異常者がいたとしか
思えないですね…毒団子も恐ろしいけれど
そういう人間が野放しになっている可能性のほうが
もっと恐ろしいです((((;゚Д゚))))
片耳母さんの住む場所が決まって安心しました。

次の仔猫、どんな子たちだろう〜♪
きらも寂しくなくて良かった!?
Posted by もんがら at 2012年05月10日 00:11
モンちゃん♪これは朝でゲージあけたら
出てきて少しだけの陽だまりで日向ぼっこ
してたので朝の光の中、色がちがって
見えました♪
まぶしそうな顔がかわいかったので採用しました!

片耳猫の先生の診たてはとにかくわからないことだらけだそうです。
プロの獣医師がそういうのだから
ほんとうにそうなのだと思います。
いったい何のために手術したのか???
先生は今までたくさん虐待猫も見て来たんだって。
でもあの子はどう見ても素人には
できないのだって。考えたらぞっとする。
実家がその真ん中にあるわけだし
本当に怖いです。今まで庭に来てた子は
ひどい子とされた子はいなかったけど
いなくなった猫も何匹もいたんだよね。
それだってわからないよね。
ほんとうに、地球上から人間が一層されたら
世界は何もしなくてもすべてうまく行くよ!

子猫たちちょっとかぶっちゃって今度は
テリトリーが違うのでどうかなと思います。
でもお向かいさんが言うにはその猫は
片耳母さんの娘だって言うんだよね。
だから子猫どうしいとこになるわけ?^_^;
そちらもまたアップするので里親探し
誰かいたらお願いしま〜す!
モンちゃんに二匹ともお願いできて
本当に感謝してます!

Posted by ミチル at 2012年05月10日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: