2012年03月19日

インコのピッチの病院

今日はノノコの入学予定の高校で
クラス分けのテストがあり、弁当持ち
だったので弁当を持たせて学校に
8時に着くように送る。家から学校
まで、23キロあったが幸い渋滞も
なく35分でついた。そのまま
帰って来ても9時ごろには家に
ついた。桜の伐採は今日は来ない。
大型のチェンソーがないと太い
部分は切れないそうでその大型の
チェンソーは修理に出していると
言っていた。王さまは犬たちの散歩は
すませてくれていたが銀花はまだ
行ってなかったのですぐ連れ出す。
暖かいから馬着を脱がせた。
はげしくごろごろしたらしく
銀花もどろんこ(^_^;)

001.jpg

トラックが来ないね、いよいよ
終わっちゃったのかな。そう言って
いたらミキサー車が何台か通った。
良く晴れた空、暖かな日差し、
春、見つけた♪クスサンの繭。
ちゃんと蛾になれたのかな。

014.jpg
昔はこれでも糸を引いたそうな。
絹は絹だものね。

帰宅するとベランダでぼっこ部会中。

042.jpg
(笑)
和室でもひとりぼっこ部。でもこっちは
ボッコ部と言いたい!(このあたりでは
おんぼろのことをボッコと言う・笑)

072.jpg

王さまは車検のハガキが来ていた
ランクルをお世話になってる自工に
持って行きそれから2日前から
具合が悪かったインコのピッチを
ナスを見てら持った日野市の
鳥専門の獣医さんへ連れて行く。

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/238514892.html
多摩バードクリニック
http://homepage2.nifty.com/lovebird/
本来和室でカラスのダイと平和に
暮らしていたピッチだったけど
捕獲猫の行き場所がなく、ほんとは
犬猫立ち入り禁止だった和室に
6匹も住むようになり、さすがに
ピッチは置いておくことができなく
なり、工房に引っ越し。人気が
なく寒いので鳥小屋にはぴったり
ペットヒーターを張り付けて
周囲を布で覆って寒くないように
していた。それが2日前から
羽を膨らませて何となく元気が
ない。床部分にも糞が少ししか
落ちていない。お尻に糞がついて
いるので取ってやったがやはり
あまり出ていなかった。

082.jpg
日野の獣医さんはめちゃくちゃ
混んで今日は午後からは予約だけ
だったのだが緊急で予約の間に
診てもらったのだが先生の診断はガン。
帰宅した王さまに聞いた時わたしは
ほんとうに口があんぐりあいた。
インコにガンなんてあるの!?
お腹が膨らんで色が濃い肌色に
なっているのは復水に血液が混じって
いるためでおそらく腫瘍は悪性。
ピッチは気が強いので何とか頑張って
いるが気の弱い子なら食べられなく
なっているだろうと。できることは
対処療法で利尿剤などの薬がいくつか。
体力がなくなり餌の場所に下りたり
昇ったりも大変なので小さな鳥小屋に
するように、また気温に関係なく
鳥が膨れている時は寒いので保温を
するようアドバイスを受けたそう。
ピッチは02年からいるからちょうど
10歳、年は年だけど昔飼っていた
インコも文鳥もみんな14年とか長生き
だったことを考えるともう少し長生き
して欲しい。がんばれピッチ。
posted by ミチル at 22:37| 山梨 ☀| Comment(6) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えーっ!インコがガン!?
びっくりしました・・・・。
鳥を獣医さんに診てもらうことって無いだけで、自分が知らないだけなのかもしれないですが・・・。
あまり痛むことが無いよう過ごせれば良いですね。(T_T)
Posted by さゆり at 2012年03月19日 23:11
さゆりん♪びっくりしました。人為的に作られすぎた
動物はガンになると思うのだけど
インコなんて血統書もなにもないと思うのだけど。
でも今日獣医さんで王さまが色々話を聞いたところによると
インコってすごい頭が良いんだって。
3歳くらいの知能があってちゃんと人の感情も
理解しているそう。うちではあんまりピッチを
かまってやってなかったから悪いことしたと反省。
ガンになるのも年もあるけどストレスもあるそうで
なついていないとは言え人の声の聞こえるところにいたのが
工房で1人になったのも原因なのかもしれないし。
そうは言ってももう母屋にはピッチがいられる
場所は寒い玄関しかないからそれなら
日が当たる工房の方がいいよね。
ペットヒーターをもう1枚増やしてやりましたが。。。
Posted by ミチル at 2012年03月19日 23:29
ミチルちゃん。ピッチ、ガンだったなんて、
お医者さんしか、わからないよね…痛くないといいんだけど。
動物は、我慢強いものだよね。
人間には、耐え難いかも。
痛みだけでも、とってあげたいね。
暖かくなれば、体も少しは楽かな!?
ピッチちゃん、お大事にしてね。
Posted by ミカママ at 2012年03月20日 10:39
小さなピッチがガンだなんて可哀想です。鳥にもガンはあるだろうけど、調子が悪くなっても、よほど、愛情かけてみてないと分からないかもね。腹水が溜まっているのは、結構すすんでる状態だと思うけど、対処両方で身体が少しでも楽になるといいですね。昨日、インコは歌もうたうし、人の言ったことを覚えて話すと聞いて驚いたばかりです。そんなに頭のいい小鳥だから、ストレスもよけいに感じるのかしらね。
Posted by けいこ at 2012年03月20日 21:16
ミカママちゃん♪ありがとうございます、
今までピッチはなつかないしご飯をあげて
小屋の掃除するくらいで一番手をかけて
なかったのだけどもう一羽の相棒のぷぷりんは
早くに亡くなってしまい、ピッチはそんな
世話程度なのにずっと元気でいてくれました。
何が原因かわからないけど鳥にまでガンがあるって
本当にびっくりしました。でも獣医さんはさすがに
鳥の病院として有名なだけあって
犬や猫の治療と変わらず、腹水を出すための
利尿剤、糞が出にくくなっているため
整腸剤、それから栄養補給にアガリスクの
粉末まであってびっくりです。色々なことも
アドバイスしてもらってきました、
絶対にガンとは最後までわからないのだから
もう一度元気になってくれることを願っています。
Posted by ミチル at 2012年03月20日 22:27
けいこちゃん♪小さなからだになぜガンができて
しまったのだろう。ニンゲンは添加物とか
使ってるから仕方ないとしても動物にまで
最近はガンが多いね。もしかしてこの頃
思うのだけど世界的にガンがこんなに多いのって
原爆実験の影響ってすごくあるんじゃないかな。それを何となくわたしたちは食品添加物とか
化学物質とか刷りこまれてるけど本当のところはどうなんだろうね。

インコはとっても頭が良いんだってね。
今日もテレビ見てたら緑色のインコが
投げ輪を赤いのは赤いところ、青いのは青いところに
入れるところがあってびっくり。犬や猫と
変わらないくらい、それ以上頭が良いのかもしれないね。
ピッチは最初にもう一羽いて2羽セットで
バーゲンセールで1000えんで買いました。
もう一羽いたので人よりにならず今も野性味が強く手を入れるとかじるし逃げます。
でも先生によるとその気の強さで持っているのだそうです。
捕獲猫が来てピッチを工房に追いやってしまって申し訳ない気持ちでいっぱいだけど
こちらに連れてくる場所がありません(=_=)
Posted by ミチル at 2012年03月20日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: