2006年10月18日

うり坊との遭遇

061012_1039~0001.jpg一抹の不安はあったがユリも連れて散歩に出た。車や人に会う確率の低い上に上がった。ポケットには一応呼び寄せ用におやつを持っておいでで来たら口に入れてやる。2人つるんで消え去ることもなくずっと順調だった。橋の手前でうり坊に遭遇するまでは!第一発見者のメグは健気に威嚇するうり坊と同じ向きにクルクル、つまり8の字を描きすぐ帰って来た。案外気が弱いことを露呈(笑)ところがユリは崖の上に姿が見えなくなったうり坊を追って消えてしまった。あぁぁ…メグは気にしつつも私のそばを離れない。銀花は何事もないかのようにのんびり草を食べている。ふと、親が怒って追いかけて来たらどうしょうと不安がよぎる。猪の牙で瀕死の大怪我をした犬を2頭知っている。こりゃ呑気にしてる場合じゃない!しかしユリは戻って来ない。道を引き返し現場を離れ何度も呼んだ。しばらく待つとやっと帰って来た。どこまで行ったの?もしかして山奥に追いやってくれたのかな?うり坊が無事で暮らせますように。
posted by ミチル at 14:09| ☀| Comment(4) | 山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウリ坊、かわいい
こういう子たちが平和で無事に暮らせる場所が
いいよね

ゆりのアレルギー、良くなった?私は走ってる限り治らないだろうと思ってるよ
「オヤジくしゃみ」と「意味不明の涙」で目を真っ赤にしてるよ
Posted by shun-ran at 2006年10月19日 00:09
シュンさま、野生動物が安心して暮らせる環境は日本にはもうないと思うよ。私はクマが撃ち殺された話を聞く度に腹が立って悲しいよ。犬達仕込んで山奥追い込み犬にしようかな(笑)ユリはあの日1日ですっかり治りました。アレルゲン調べてないけどぶたくさなんてお山にははえとらんし。シュンさまはなんだろね?あのパッチテストつうのも生まれて一度もさわったことないようなブッシツが出たりイマイチ信用できん。
Posted by ミチル at 2006年10月19日 00:50
ウリ坊、無事だったかな?親イノシシに遭遇しなくてよかったね。
シュンさま、アレルギーだ!私もこの時期涙クシャミ鼻水・・・ブタクサ、ヨモギ、イネ科の植物たちがアレルゲンらしいよ。
Posted by あずき at 2006年10月19日 10:39
アズキ〜ヌ、今年は村道の向かい側が猟区だからうち側は大丈夫かなぁ。だけど猪出たってなると猟区関係なくやつらが来るからせいぜい犬達に山奥に追い込んでもらいましょう!アレルギー多いよね。だからって何もユリまで…(笑)
Posted by ミチル at 2006年10月19日 11:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: