2012年02月02日

雪に埋もれて青い鳥が凍えて死んでいた

携帯の目覚ましは7時ほんの少し前に
鳴るようにしている。寒いので
布団から出る機会をうかがって
ぐずぐずしていると

007.jpg010.jpg
はいはいはいはい、起きますよ〜

これはコタツパラダイスの中。
落ち着いて気持ちよく寝ていたのに
わたしの顔を見たらいきなり
厳戒態勢になっている(苦笑)
奥のハチ割れきら、手前左ヒジキ
右モズク、きらは一昨日すごい
吐いて、昨日も少し吐いて1番慣れて
いないのでどうしようと思っていたら
今日は吐かずに食欲モリモリ、ホッ。

112.jpg

今朝も寒い。なぜなら涙目になって
涙があふれ鼻の奥が呼吸のたびに
痛いのが寒い朝だ。でも元気に
散歩に出発。今日は7時15分に出た。
いつものおじちゃんにおやつを
もらって別のおじちゃんからは
いつもジャーキーをいただく。
そのほか何人ものおじちゃんたちは
わざわざ窓をあけて犬たちに声を
かけてくれる。みんな良い子に
しなくちゃダメだよ〜^_^;

040.jpg
この少し先の水の神さまの小さな
ほこらのところで戻るのだが
トラックが来るので側溝に下りて
よけたら足元に目にも鮮やかな
青いものが、、、

059.jpg
コルリという野鳥だろうか。
http://www.yachoo.org/book/view/koruri
幸せの青い鳥、雪に埋もれて
目はくりくりとまるで生きている
ようだけど息絶えていた。犬たちが
気がつく前に、ホウの大きな葉で
包んで迷ったが崖の下に投げた。
どこにも傷がなかった。なぜ死んで
しまったんだろうとずっと考えて
いたらたまたまテレビでこの寒さで
野鳥が死んでしまっているという
報道をやっていた。青い鳥も
そうだったのかな。かわいそうに。

今日もまだ散歩に行かれない銀花を
かまいに行く。今日はゴキゲンが
良さそうだ♪

074.jpg

アツアツのおからと米ぬかの
マッシュに人参とか麦とか入れて
やったらいつもより口を入れるから

207.jpg
すごいことに!これをわたしで
ぬぐおうとするからたまらん!!

217.jpg
(笑)

今日は午前中から工房。犬たちも
連れて行く。ロバ→バケツ→ツリー
→椅子まで織れた。

190.jpg

織りたいものが出てきたので
せっかく入れ替えて奥に置いた
5枚朱子、インチキダマスク用の
機小に絹の縦糸をへぐって縦継ぎを
した。指ががさがさなので機の上に
クリームをおいてしょっちゅう指に
すりこみながら作業、ふと見ると
めぐが狭い足元にもぐりこんでいる

196.jpg
(笑)
結局中途半端になりがちだけど
機を同時に2台動かすことに^_^;
母屋でのインクル機を入れたら3台!
いずれも期限があるわけじゃなし
のんびり織ろう♪
posted by ミチル at 23:27| 山梨 ☁| Comment(10) | 山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オイラは昨日、ふと「もう起きなきゃ!」と思って目が覚めて居間に来たら、まだ夜中の3時でした。(笑)

綺麗な青い鳥・・・。寒い寒い冬ですね。(T_T)

メグ!でっかい体で・・・でも何だか嬉しい♪
そばに居てくれたら、嬉しい♪
ゆりも変な所に入るの好きだったな〜。
Posted by さゆり at 2012年02月03日 00:39
さゆりん♪だって寝たのが1時ごろでしょ!?
いくらなんでも早起きしすぎだよ〜(@_@。
それでもう一度寝なおしができたの?
わたしも20代のころはめちゃくちゃなこと
してて平気だと思ってたけど年を重ねると
若いころのムリがいろいろ出てくるみたいよ、あんまりムリしないでね。

さゆりんがいつもゆりのことを覚えていてくれて
あんなちっぽけな雑種の犬なのにゆりが
生きたあかしのようですごく嬉しいんです(:_;)ほんとうにほんとうにどうもありがとう!!

Posted by ミチル at 2012年02月03日 00:47
ミチルちゃん、幸せの青い鳥って、
チルチルとミチルが探し行っても、なかなか見つからなくて、
本当は、身近な所にいたんだよってお話だったかな!?
もしかしたら、亡骸だけど、ミチルちゃんのすぐそばにいて、
いつも、見えない所にいたのかも。寒くても、ずっと、そこにいたくて、天国に行ってしまったかな。
ミチルちゃんに、ここにいたよって教えてくれたんだね。
毎日、楽しく散歩している姿を、ずっと見守っていたんだよ、きっと。
これからも、動物達とお散歩できる幸せを、天国で見守ってくれるね。
Posted by ミカママ at 2012年02月03日 08:28
もちろん!寝ましたよ〜!コタツ入れてぬくぬくと♪

ゆりのこと、忘れないよ〜!
春さんのことも。
直接触れ合ったわけじゃないけど、ミチルさんの大切な人と命だもの。
Posted by さゆり at 2012年02月03日 09:06
ミチルちゃん、こんにちは!
昨日の夕方こちらでも雪が降りました。
でも、直ぐに止んで…。

ミチルちゃんと銀花ちゃん、やっぱ、可愛〜〜〜い! 
ほんとよ。笑顔がす・て・き!
笑っている顔はこちらも笑顔になります。

狭い処が好きなめぐちゃん、ロンもそうだった。
Posted by さぁ〜ちゃん at 2012年02月03日 11:40
ミカママちゃん♪今朝もすごく寒くてしたばかり
見ながら歩いたけどかわいそうな小鳥はいませんでした。
あの青い鳥は見ただけではまるで生きているようでした。
寒くて木から降りたら雪の上、そこで力つきてしまったのかと思ったらほんとうにかわいそう。。。
もし小鳥とテレパシーが通じるなら寒かったら
いつでもうちにおいで、工房なら大丈夫だよと言いたい。
青い鳥のお話は子供の頃読んでオトナになってから
また読んだけど何だか幻想的な不思議なお話だよね。ちなみにわたしの名前は両親が男の子を
欲しくて男の子の名前ばかり考えていたら女の子で
届け出の期限ぎりぎりに父が図書館に通って
見つけてきたそうです(笑)
Posted by ミチル at 2012年02月03日 23:23
さゆりん♪えー!?おこたで寝たの?すごい
乾燥しちゃうよ(゜_゜)氷なめてね、ちみちみ
口に氷入れてなめると水分吸収するからね。

考えたらさゆりんとつきあい古いよね。里の家に
いたころからだったっけ?苦労して建てた
山の家、やっとの思いで引っ越してあっと言う間に
土砂崩れ、その間の別れや出会い、すべて
知っているさゆりん。ゆりも生前から
さゆりんはいつもかわいいって言ってくれたでしょう、春さんのことでも人一倍心砕いて
ウマたちのことを心配してくれて。。。
あの世に行ったらゆりにも春さんにも
さゆりんのことを絶対に伝えたい(^O^)/
Posted by ミチル at 2012年02月03日 23:29
さぁ〜ちゃん♪昨日はこちらも夕方曇って
いつ降り出すかドキドキ、携帯の天気予報ばかり
見ていましたが降らずに夜は星が出ましたが
そちらは降ったのですね、量にかかわらず
雪の時は寒いでしょう、それに案外乾燥する
そうですからさぁ〜ちゃんも風邪には十分
お気をつけてくださいね( ^^) _U~~

今日も調子に乗って銀花と写真撮りました!
わたしは子供のころからしつこくてこうして
動物にくっつかないと気がすまないので
たいていの動物には迷惑がられています^_^;
銀花もあんまり調子に乗ると怒ってどこか
行ってしまいます、でもくっついていた〜い!かわいくないですよ、もう53歳ですからね!(;一_一)

猫は隅っこにもぐりたがるけど犬は
ひろいとこが好きですけど工房につれて
行くとゆりもこうしてせまいとこにもぐって
わざわざ頭がぶつかるような場所で寝てたり
しました、ろんちゃんもそうだったのですね!
Posted by ミチル at 2012年02月03日 23:34
青い鳥、死んじゃってたんですか。
この寒さですもんね。
それに耐え切れずに逝く。
ラニーニャは自然がもたらす現象だけど、それを生み出したのは人、そう思えてなりません。

色々な考え方があるけれど、逝った命はやっぱり悲しい。
ミチルさんに見つけてもらえて本当に良かった。
Posted by SHOJI at 2012年02月04日 01:27
shojiさん♪基本的に「野生動物には手は出しては
いけない」とか全く思っていませんし。
もしか生きていたら懐に入れて連れて来て
温めてやれたのに、悲しい亡骸でした。
この直後偶然テレビで野鳥が寒さのために
死んでいるというのをやっていてわたしも
同じことを思いましたよ、動物や樹木は
いつも黙って耐えるだけ、ニンゲンが
どれほどひどいことをしても黙って耐えて
いるだけ。

いえいえ、犬たちに見つかる前にと思って
拾って崖下に投げたのですがほんとうは
もう少し戻ったところに自然林があって
いつも鳥の鳴き声でいっぱいのところが
あったのでそこに投げてやれば良かったの。
行きはそのままにしておいて帰りに拾って
その場所まで戻って投げるという選択が
全く思い浮かばず青い小鳥は寒い杉林の
中に投げてしまいました。ごめんね、小鳥ちゃん(:_;)
Posted by ミチル at 2012年02月04日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: