2012年01月05日

ゆりの死からの教訓

我が家からゆりがいなくなって
2日目の朝。布団の横にもいない、
横をむいたらいつもゆりがいた。
わたしは時々手を出してゆりの
丸くて小さな白い手を握って寝た。
まったくゆりの気配がない。

さぁ〜ちゃんにたまたま乳母車を
いただいて、まさか腎臓病になるとも
思わず、犬たちの散歩にふてくされて
起きて来ないゆりがかわいそうで
何とか一緒に連れ出してやりたいと
乳母車のおかげでゆりは約一カ月
みんなと一緒に散歩に行くことが
できたことは本当に良かったと思う。
乳母車初日↓
http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/236169410.html
乳母車最後の日↓
http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/240325322.html
ゆりも最後の最後で楽しい思い出を
持って天国へ昇って行かれたと思う。
いつも3頭の犬たちと歩いていた同じ
道も、今はわたしの中ではゆりの
思い出があちこちにある。犬たち
だってきっとそこかしこにゆりの
においを感じているだろう。

010.jpg

確かトラックの再開は4日と聞いた
気がするけどまだほとんど来ない。
銀花も上に。今日は突然強風が
吹いていつもの銀花は強風が怖くて
パニックになることもあったのだが
がんばって落ち着いて歩いた。
前から後ろから落ち葉や枯葉が
風に巻かれて大きな生き物のように
なってうなりながら向って来るのは
かなり怖いと思うが銀花が我慢してる
のが伝わって来る。偉かったね!

020.jpg

午前中大きな箱が届いて???と
思ったらいつも見棄てられた犬たちを
助けてくれている、わたしが尊敬して
やまないSHOJIさんがゆりのために
お花を送って下さった。いつも
紙の位牌を犬猫仏壇に貼ってお終いの
我が家だけど人さまにこんなに思って
いただいてゆり、写真をプリントして
お花は〜、う〜む、考えあぐねた結果
王さまと相談し、「吊るし式」にして
いつもゆりが寝ていたところの上に
飾らせていただくことに。だって、、
下に置いたら犬たちが、、、台を作って
置いたら猫たちが、、、あっと言う間に
破壊工作、、、唯一動物が入らない
玄関は寒すぎてお花がすぐ枯れて
しまうだろうし。

080.jpg027.jpg
ここなら大丈夫!SHOJIさん、ありがとう
ございました。

それから夕方の診察に間に合うよう
犬たちを全員、新聞紙を敷きつめた
デリカに乗せて獣医さんに行った。
一番車慣れしてるのはてんちゃん。
てんちゃんは故・春さんにいつもどこ
行くのも車に乗せてもらって
いたものね。

070.jpg
一番大変なのは車酔いするめぐで
四六時中声をかけてなだめて抱っこして
気を散らしていなくてはならない。

簡単な健康診断とゆりが受けていた
血液検査もお願いした。結果はいちごが
ちょっと高い項目があったが様子見で
大丈夫とのこと。でもまた3カ月後に
もう一度検査予定。他のいぬたちは
また一年後。左からいちごてんめぐの
検査結果。

094.jpg097.jpg099.jpg
ゆりもこうして検査してやって
いたら良かった。今までこんなこと
したことがなかったけどゆりの死を
無駄にしないようにこれからは
年に一度は検査を受けさせようと
思う。異常なくて安心した。
明日も元気にお散歩行こうね。
posted by ミチル at 23:14| 山梨 ☀| Comment(6) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お花、綺麗ですね〜。ゆり、良かったね〜♪
ゆり、喜んでるかな?(*^_^*)

ワンズだけでなく、人間も!
たまには検査してみてくださいね!(^_-)-☆

Posted by さゆり at 2012年01月06日 09:24
ミチルちゃん、おはようございます(^-^)/
昨日も、お疲れ様でした。
みんな、健康チェックできて、よかったね。
ゆりちゃんも、きっと、安心してるよU^エ^U/
夜、ゆりちゃんの気配がしないのって、
本当に、さみしいね…私も、いつも、アトムの気配を探してるよ。
アトムを触った感感触は、今でも、はっきり覚えています。
ゆりちゃん、きっと、ミチルちゃんのこと守っているよ。
アトムも、いつも、私のこと見ていてくれてるんだよ。
これからも、みんなそろって、元気でいてねp(^-^)q
Posted by ミカママ at 2012年01月06日 09:36
家の子たちによく似たユリちゃん、大好きだったなあ。そこここに、ゆりちゃんの思い出が一杯で寂しく辛いと思います。死んでしまったら、それが永久の別れだとは、私も思わなくなりました。また、いつか会えると。
強風に耐えて散歩する銀花はいじらしいね。ワンたちもいつものように散歩してるけど、きっとユリちゃんも一緒に散歩してるよ。
私も二匹をガンと心臓病で亡くしてるから、健康診断年一回は受けようかな。
Posted by けいこ at 2012年01月06日 21:30
さゆりん♪その美しいお花をきちんと飾れない
恥ずかしいワニ園な我が家です(^_^;)
こうしてつりさげ式献花なら猫も犬も手が
出せまい!

ゆりもさゆりんはじめたくさんの方に思って
いただいて今はそれがわかってゆりなりに
感謝してると思います。そんな皆さんの気持ちが
わたしも嬉しくてつい泣けてしまいます。
ゆり、良かったね!

検査ね〜、町から来るのを封筒を開けもせず
ゴミ箱へ(笑)しかし検査なんかして
何かあったらうちの生活は崩壊だからね〜
やっぱり死ぬ日まで元気でがんばります!
Posted by ミチル at 2012年01月06日 22:07
ミカママちゃん♪今日はいろいろとありがとうございました(*^_^*)
ミカママがこの間電話の時毎年4月に
一度健康チェックすると言っていたので
うちもすることにしたのです。今まで
犬はほんとにみんな丈夫だったから
何もしてこなかったけどよりによって
ゆりがこんな病気になってしまったのだから
やっぱり気をつけてやれることがあれば
気をつけてやりたいと思います、ミカママに
言われなければ気がつかなかったよ!ありがとう!

動物が亡くなるとしばらく足元に何となく
いるような気がして椅子を引く時ハッと
したりすることがあるのだけどゆりの場合
まったく気配がありません。
きっとアトムのエスコートで天国へまっすぐ
上って行かれたんだと思います!
わたしはゆりにもう一度会いたいので
天国へ行かれるようにこれからは心を
改めて悪いことをしないようにしたいと
思います!(^_^;)

Posted by ミチル at 2012年01月06日 22:13
けいこちゃん♪そちらもももちゃん、にるすくんと
看病が続いて大変だったね。
それでまたなおかつ、保護犬のルフィちゃんを
迎えてくれたけいこちゃんをわたしは
心から尊敬しています。

ゆりはうちの犬たちの中ではいちばん能天気の
マイペースで制御不能な犬でした!遊びたいときは遊び、
暴れたいときは暴れ、眠たいときは眠り、
マンガみたいな犬でした。たった12歳で
失ったことは悲しいけど必ずまた会えると
確信しています。ちゃっぴやさたろはたぶん
言うことがないと思うけどゆりはまだ言うことが
あるような気がする。でも全く気配がなくて
まっすぐ天国へ行かれたからだと思っています。

残された犬たちもうっかりゆり、と名前を
呼ぶと寝てても顔を上げるので
気をつけなくちゃと思います。

健康診断は今までしたこともなかったのだけど
先にアトムくんを亡くしたミカママのおうちでは
年に一度、毎年4月に健康チェックをすると聞いて、
ゆりのような腎臓病や心臓病なら見つかるのが
早ければもっと良くなったと思うので
うちも受けさせることにしました。
獣医さんにもよるだろうけど、うちの先生は
ゆりも受けていた一般的な血液検査と触診など
してくれて血液検査は一頭4000円ちょっとでした。
Posted by ミチル at 2012年01月06日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: