2012年01月04日

ゆり、慈恵院

ノノコが今日から塾だったので
送ってからゆりを慈恵院へ連れて
行った。ゆりを段ボールに寝かすのも
嫌だったけど王さまが大きな段ボールを
買ってきてくれたので上の部分を切って
短くして、今まで寝ていた毛布は
化繊なので木綿以外は低温で燃焼する
のに入れられないので、木綿の
バスタオルと、王さまがいつも着てる
木綿の厚いシャツをかけて寝かせた。
ゆり、息を引き取ったのが3日の未明
まる一日たっているのに全然硬直して
いない。関節も生きている時と同じ
ように曲がるし、お腹のあたりはまだ
ほんのり温かみもある。

めぐは会っているけどいちごと
てんちゃんにお別れをさせる。しかし
てんちゃんは何か恐ろしいようで
部屋の隅っこにぶっとんで行って
しまった。いちごも足踏みして
いつもと違う雰囲気にびびっている。
おいで、と呼んでゆりを見せてやると
ゆりといつも遊んでいたぽんちゃんと
らぼも寄って来た。その時いちごが
猫たちにがうっと怒った。いちご
なりに思うところがあった様子。

013.jpg006.jpg

それから庭にまわって銀花柵に入り
銀花にもお別れをさせてやる。銀花は
ゆりを見つけると犬たちの中でまず
ゆりに近寄っておでこ全体をゆりに
ぺた〜っとくっつけていた。犬たちの
中でゆりが一番好きだったと思う。

022.jpg

うちは借家暮らし、良くて借地暮らし
なので動物たちはみんな慈恵院に
お世話になっている。もう何十匹
連れて行ってるかわからない。数も多く
貧乏暮しなので拾って3日後に死んで
しまった生まれたての赤ん坊猫たちも
何十年一緒に暮らした犬たちも
全員が個別火葬でなく、合同供養に
してもらっている。安置所にゆりを
連れて行っておいて帰って来る、
それだけが辛く涙があふれた。でも
大丈夫、ちゃっぴもさたろもみんな
ここにいるよ。

031.jpg

今日朝の散歩の時、犬たちに
ゆりちゃんはどこ?と言ったら
犬たちが一斉にあたりをきょろきょろ
探した。銀花の散歩の時銀花にも
同じことを言ったら下げていた頭を
上げて周りを見ていた。ゆり、ゆり、
必ずまた会えるからわたしのこと
忘れないでね。
posted by ミチル at 22:40| 山梨 🌁| Comment(16) | お別れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

お疲れ様でした。
ゆりちゃんも、お疲れ様。

自分も同じ。
マルの最後の瞬間、
寝ていて看取ってやれませんでした。

ほんとに、お疲れ様でした。
Posted by SHOJI at 2012年01月04日 23:13
shojiさん♪ありがとうございます。安置所に
おいて帰って来る時さすがに涙が出て
泣いていたらうちの王さまに「どうしたの?」
と言われました^_^;

shojiさんも同じような経験があるんですね。
悔やんでも悔やみきれないけど本人たちに
とってはほんとうに静かに旅立てたということだから
これで良かったのだと思います。
みんなにはまたあの世で必ず会えるから
その時まとめて謝ろうと思います。
さぁまた明日からいつも通りの暮らし、
ゆりはきっと今ごろ天国へついて昔の
仲間たちと短いあんよでちょこちょこ
走り回って再会を喜んでいるころでしょう。
これからも見守ってください。
Posted by ミチル at 2012年01月04日 23:46
一番さみしいのはいちごなのかな?
ぽんちゃんもさみしいよね
天真爛漫なゆりは犬にも猫にも人にもロバにも好かれて
最後のひと息を吐くまでゆりらしかったね

一つ心残りは、夏に川で泳ぐゆりが見られなくなったってことだ

1月はいろいろある月だね・・・
Posted by uniken at 2012年01月05日 00:18
ゆりちゃん、お疲れさまでした。
とっても、良い子でしたね。
また、いつか、私もどこかで会いたいですね。
またね。
ミチルさんも、お疲れさまでした。
Posted by さなえ at 2012年01月05日 00:20
ウニちゃん♪わたしもいま、それを思っていました。
だっていちご、腰を下げて前足べたっとして
ゆりのまわりを飛び跳ねて遊びに誘っていたでしょう?めぐにはしないもん。
いちごはなかなかゆりの亡骸のそばに来れなくて
やっと来たんだよ。
そう、ゆりはほんと天真爛漫な犬だった。
だからこそこんな病気で死んで欲しくなかった。
もっとも心臓病になった時点であれもだめ
これもだめと生活の中で規制が増えて
大好きな川遊びもできなくなってお散歩も
一緒に行かれずゆりはさびしかったと思う。
でも今は自由になってちゃっぴやさたろと
ころころ転がっているんじゃないかと思っています。

ゆりみたいな犬、落ちてたらまた拾う!
そちらも気をつけてね。ウニちゃん
何もかも1人で背負わないでね、
人生長いからね。
Posted by ミチル at 2012年01月05日 00:41
さなえさん♪さなえさん、ミカママについで
わたしも大事なゆりを失いました。
ゆりはちからくんと違ってあんまり
良い子じゃないんだよ(^_^;)
なにしろマイペースで自分のやりたいことを
やるような、ある意味制御不能な子でした、
それがまた天然ちゃんでわたしには楽しく
ゆりのおかげでとびきりの12年を過ごしました。

今はもう天国についているからちからくんとも
会えたかな。ゆりは落ち着きのない子だから
ちからくんにうるさがられてるかも!?
Posted by ミチル at 2012年01月05日 00:45
ミチルちゃん、おはようございます。
ゆりちゃんのお見送り、お疲れ様でした。
ゆりちゃん、マリア様みたいな、天使みたいな、
穏やかな笑みを浮かべて、天に召されたんだね。
ありがとうの微笑みだね。
ミチルちゃんをすぐそばに感じながら、幸せだったね。
私は、これからも、ミチルちゃんちの動物達への愛情の深さをお手本にします。
今頃、ゆりちゃん、アトムにしつこくつけ回されてるよ!
アトム、可愛い女の子に弱いから…
ゆりちゃんのボディガードに、ご指名してもらえるかな!?
ダメだ…チカラくんの男前に負けてるし(^^;)
Posted by ミカママ at 2012年01月05日 09:02
本当にスヤスヤ眠っているようですね。
呼んだら、ひょいっと顔をあげそうです。

またきっといつか会える、そんな気がします。
私も会ったことはないけど、会えそうな気がする。
会ったらきっと分かると思う!ゆりだ〜って!
Posted by さゆり at 2012年01月05日 09:18
お疲れ様でした。何度送っても悲しいね。
今頃、虹の橋を渡って皆と遊んでるね、きっと!
生き抜いたゆりちゃんに笑われないように、こちらも頑張らなくっちゃ!
ミチルさんも体に気をつけてね!
Posted by クロの継母 at 2012年01月05日 13:27
辛いね・・・。
これだけは慣れないよね・・・
でも多動飼いって
周りの仔がみんな慰めてくれて
一緒に悲しんでくれて。
泣いていると周りの仔が悲しむから
ペットロスになっている暇ないのよね。
それは人それぞれだとは思うけど。
私それが救いになっている。
Posted by lucy at 2012年01月05日 22:09
ゆりちゃん、よく頑張ったね。ゆりちゃんをもう見られないのはすごく寂しいけど、ゆりちゃん、やっと苦しみから解放されて、きっと先に逝った皆と今頃、走って遊んでいるでしょう。また、どこかで会えるね。ゆりちゃんのご冥福を祈ります。
Posted by けいこ at 2012年01月05日 23:18
ミカママちゃん♪いつも見守ってくださってありがとう!
ゆりの最後を見届けてやれなかった、という
後悔はつきまといそうだけど、おそらく
ゆり自身も気がつかないうちに眠ったまま
息を引き取ったと思うのでほんとうに良かったと思います。
何の動きも呼吸の乱れもなく、、、気がついたら
息を引き取っていました。なので顔も寝ていた時
そのまんま、穏やかで気持ち良さそうに寝ている
そのままでした。それに不思議なことに
全く硬直がなく王さまがゆり、寝てるふりしてるんだろ、と言っていました。
まったく気配がないのでほんとうにまっすぐ
天国へ昇れたのだと思います。アトムもちからくんも、
天国はきっと思っただけで心が通じる世界だから
ミカママのところのアトム君ということも
さなえさんのところのちから君ということも
すぐにわかって今ごろころころ転がって遊んでいるような気がします!ゆりみたいな犬に
また会いたいな。ちっとも言うこと聞かなかったけど、面白い子でした。
Posted by ミチル at 2012年01月05日 23:38
さゆりん♪おそらくゆりは自分でも気がつかずに
天国へ行ってしまったと思います。数日前から
夜泣きもなく、夜も昼もこうして気持ち良さそうに
ずっと寝ていました。どれほど点滴をしても
高カロリーを入れても体力が少しずつ落ちて
いたんだろうね。

どこかでゆりに会ったら、ゆりはさゆりんが
ずっと前からゆりを気にかけてかわいいと
思っていてくれたことがわかっていると思うから
きっと泥足で飛びついてべろべろなめて
走り回ってはしゃいで大変だと思うよ!
その時はわたしからもよろしく伝えてくださいね!
Posted by ミチル at 2012年01月05日 23:42
クロママちゃん♪17日から寝たきりになってしまった
ゆりだったけどほんとうにがんばっていました。
不思議なほどがんばってくれて暮れに10パック
もらった点滴がなくなりそうだからまたもらって
こようと話していたところでした。

わたしもまた必ずゆりには会えると思うので
その時ゆりがまた飛びついて来てくれるように
わたしも思い切りゆりを抱きしめられるような
人生を歩みたいと思います。

そちらのちびらたちももうでかくなったでしょう!うちはまた10月に子猫が6匹も
増えたんだよ、くそ〜!!
Posted by ミチル at 2012年01月05日 23:47
LUCYさん♪どれほど手を尽くすことができたとしても、
寿命で命を全うしたとしても、やっぱり
寂しいよね(:_;)
でも必ず天国はあると思うのでわたしも
天国がのぞけるように人生を終えてまた
みんなにちょっとでも会いたい。
これだけいるからペットロスにはならないけど
寂しさは死ぬまで続くよね。でもひっちゃか
めっちゃかな日常がほっておいてくれない、
ほんとうにありがたき、多頭飼い^_^;
Posted by ミチル at 2012年01月05日 23:50
けいこちゃん♪ありがとうございます。
もう一度復活してまた乳母車でお散歩に
連れて行ってやりたかったけどそれは
かないませんでした。でもほんとうに良く
がんばってくれました。もうゆりが良いと
思った時に息を引き取ったと思うので
これで良かったと思うようにしています。
犬たちの中でいちばん悪のりしてはしゃぐのが
いつもゆりでした。家をあけていて帰ると
嬉しくて必ず蹄とかワンちゃんのガムとか
口にくわえて玄関からぶっとんで庭に出て
ちっこも忘れてまた部屋に戻って部屋を一周して
また庭に出て、、、ってやってるうちに
口にくわえていた蹄もガムもみんな庭に
落としてきちゃって、、、でもそのぶっとんで
走ってる耳が思い切り寝かせた弾丸みたいな
ゆりがすごくかわいかったです。ゆりみたいな犬にまた出会ったらぜったいひろっちゃう!
Posted by ミチル at 2012年01月05日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: