2012年01月03日

今ごろ天国についたころ

夜泣きをしなくなって2日くらい
たっていた。昼間も静かにずうっと
寝ていた。気持ち良さそうにすやすや
寝ているので点滴や給餌をするのも
はばかれるようだった。それでも
昨日もいつものように点滴と給餌、
ニュートリプラスゲルも結構な量を
なめてその後何度もレスキューを
垂らしたお水を口の脇から入れて
やって飲んでいたゆり。んちも出て
昨日はちょっと黄色っぽいんちが
何度か出ていた。

昨夜は夜更かしして1時過ぎ、わたしの
いる和室に王さまがいつものように
抱いて連れてきた。毛布を折り畳んだ
敷布団の下にさらにクッションを入れて
ふかふかのゆりのベッド、毛布の間に
ユタンポを入れて寝かせていた。
王さまが抱っこして連れて来てゆりに
「わざとぐにゃぐにゃしてるんだろ!
そうしたら何でもやってもらえるから」
と冗談を言ってゆりのアタマをなでて
やっていた。

わたしはパソコンをやっていたので
ゆりに背中を向けている状態
静かに寝息を立てているのは確認、
それから昨日は4時近く、寝ようと思い
ゆりのおむちゅを調べた。黄色いんちが
出ているので取り替える、ゆりの顔を
見たら目があかない、いつもは目を
明けて瞬きをしていたから変だなと
思って声をかける、手足にさわる、
もうぼってりと、何の反応もない。
・・・ゆり!!!!!!!!!!
死んでしまったんだね、とうとう
旅だってしまったんだね。
こんな穏やかな寝顔だから

002.jpg
ちょっと静かに休んでいるだけ
そう思って抱きしめても動かない
もう、とことん付き合おうと決め
ゆりが良いと思うようにすれば
良いと思ったばかり。最後の最後で
送ってやれなかったけど、こんな
静かに眠ったまま旅立ったのは
ゆりはほんとうに良かったと思う。
どうしても眠っているだけに
見えるけど

044.jpg

寝たり起きたりうとうとして犬たちが
わかるのか早朝からすごい騒ぐので
7時過ぎ起きる。めぐを入れて
亡骸のゆりに対面させてやると
しばらく動こうとしなかった。
でも犬たちはニンゲンよりずっと
きちんと受け止めている。

039.jpg

ゆりは99年に拾ったから本当なら
この大きさでミックスだからもっと
長生きできただろう。これも寿命と
思えばそうなのだろうけど歴代
長生きした犬たちのことを考えると
かわいそうで泣けてしまう。病に
命を奪われたゆり。

毎度わたしはペットロスにはなりません
のでご心配は無用です、今までゆりを
かわいがって病気になってからは
毎日たくさんの応援、ゆりに心を
寄せて下さったみなさま、本当に
ありがとうございました。ゆりは
皆さんから優しい宝物をたくさん
持たせてもらって今ごろ天国の入り口に
たどり着いた頃でしょう。懐かしい
ちゃっぴやさたろ、ナスやけこたん、
しげるやななが迎えに出てくれているに
違いありません。そして必ずまた
会えるという確信がこのたびわたしの
中にあります。ゆりに叱られないよう
これからも動物たちと一緒に良いと
思う道を歩き続けたいと思います。
ほんとうにありがとうございました。

032.JPG
posted by ミチル at 22:14| 山梨 ☁| Comment(24) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日どうしてるかなー?ってblog覗いてました
ユリちゃん本当に良く頑張りましたね
眠るように逝けたのはきっと思い残す事なく一生懸命がんばってきたからですね
ミチル先生と家族のみんなもお疲れさまでした
ゆっくり休んで下さいね
Posted by 志保 at 2012年01月03日 23:12
志保ちゃん♪志保ちゃんにもいろいろとゆりのために
心を砕いてもらってありがとうございました。
不思議なほどがんばっていたゆりだけど
ほんとうに力尽きた、という感じがしました。
もっと長生きしてマイペースで天然の
ゆかいなおばあちゃんになってほしかったけど
眠ったまま旅立てたので良かったと思います。
短い人生だったけど志保ちゃんにそういって
もらえて嬉しいです。
動物はほんとに偉いよね。最後の最後まで
命を諦めることを絶対にしないから。
ゆり、十分がんばったからゆっくり休みなと
言ってやりたい。
Posted by ミチル at 2012年01月03日 23:35
あなたに飼われて幸せだったと思います。

私も飼いだしてそんなに時が経たない時にまだ少年の猫を車にひかれて失ったことがあります。既に生まれ変わってどこかで元気にいると信じています。

世の中には捨てられたりあるいは殺生の道具に使用されたりと不幸な犬はたくさんいます。
亡き御愛犬の冥福を祈ります。
Posted by 広島人 at 2012年01月04日 00:45

逝っちゃいましたか。

ご冥福、お祈りします。
Posted by SHOJI at 2012年01月04日 00:53
久しぶりに拝見したら。。。。。

寝ているような安らかな ゆりちゃんの姿が
せめてもの救いですね。
ミチルも疲れたでしょう。
風邪などひかないように気を付けてね。
Posted by junko at 2012年01月04日 01:03
某所にて、ベビーカーに乗ってお散歩中の、可愛いゆりちゃんの画像を拝見し、元気そうな様子でしたので訃報に驚いております。安らかに永眠されたのですね。ご冥福をお祈り致します。
Posted by 羽根(common_raven_) at 2012年01月04日 03:44
苦しまず、ミチルの後ろで静かな旅立ち、その点は良かったですね。ゆりちゃん、保護されて、楽しい思い出いっぱい作って、最期まで出来るだけの看病をしてもらい、ミチルのそばで旅立ったのだから、きっと、いっぱい、いっぱいミチルに感謝しているよ。
ご冥福、お祈りします。
Posted by kumiko at 2012年01月04日 07:12
ゆり、全然苦しまず静かに旅だったのですね。
病気になってから、よく頑張ったと思います。
ミチルさん家族とのお別れの心の準備をする時間、頑張ったんだな〜と思います。
不思議とものすごく悲しくない。
天国に行っても、いつものゆりの姿が目に浮かぶようです。
どこに行っても、ゆりらしく、いると思います。
ありがとう、そう言いたいです。ゆりにも、ミチルさんにも。
Posted by さゆり at 2012年01月04日 08:45
ミチルちゃん、ゆりちゃん、眠るように逝ってしまったんだね。
本当に、よく頑張ったよね。
アトムが、必ず、ゆりちゃんを待ってるよ。
悲しいね。
ほんとに、別れは、悲しい…でも、またずっと、そばにいてくれるよ。
ゆりちゃんのご冥福を、心からお祈り申し上げます。
Posted by ミカママ at 2012年01月04日 08:55
ミチルさん、お早うさんです。
ゆりちゃん、穏やかな顔ですね。ホンマに眠っているように見えます。口にはできなかったけれどきっと「おおきに」って言ってますね。僕からも「おおきに」。
Posted by ゆうさん at 2012年01月04日 09:19
ミチルちゃん、ゆりちゃん、ダメだったのね。
言葉も…ないけど…。
哲より、ず〜と、若いのに…。
病気が無ければもっともっと長生きしたでしょうね。
ゆりちゃん、安らかに…逝ったのだけが幸いです。
Posted by さぁ〜ちゃん at 2012年01月04日 11:39
ゆりさん、ミチルさん、ご苦労様でした。
時の流れは絶え間なくて、生きるもの全てに等しくやって来る最期だけれど、やっぱり寂しいなぁ。
でも、先に行く命を見送る度に強く優しくなって行かなくてはいけないんですね。
ミチルさん、ありがとう。
Posted by chin at 2012年01月04日 16:04
広島人さん♪ありがとうございます、でも本当なら
うちのような多頭飼いでなく、一匹だけを
大切にしてくれる人に飼われたらもっといろいろ
やってもらえたでしょう。
犬はニンゲンの友達です。犬を奴隷にしているような人たちは本当の犬との友情を知らずに
生きて死ぬのだと思うと気の毒に思います。
わたしはこの雑種の拾ったゆりからたくさん
楽しいことも嬉しいことも教えてもらいました。

いつも動物が死ぬとしばらく何となく気配を
感じるのですがゆりの気配が一切わかりません。まっすぐ天国へ昇れたのでしょうか。今日
お寺に連れて行きました。ありがとうございました。これからも見守ってください。
Posted by ミチル at 2012年01月04日 22:48
shojiさん♪12月17日から寝たきりになったゆり、
がんばってがんばって何とか生きていてくれて
わたしもとことん付き合おうと決心を新たに
したところでした。それなのに一番最後を
看取ってやれず申し訳ない気持ちでいっぱいです。
でもゆりは眠ったまま行ったのでゆりにとっては
これで良かったと思います。最後の最後まで苦しまずにいてくれたのがせめてもの救いです。どうもありがとうございました。
Posted by ミチル at 2012年01月04日 22:51
junko♪ありがとうございます。ゆり、ほんとうに
がんばってわたしたちに看病をさせてくれて
しかもこんなに静かに旅立ちました。
いつもは能天気のマイペース天然ちゃんの
ゆりだけどなんと親孝行な娘だったことかと
思っています。看病できることも幸せ、
看取ってやることも幸せ、頑強なからだを
親に感謝したいと思います!どうもありがとう。
Posted by ミチル at 2012年01月04日 22:55
羽根さん♪ありがとうございます。腎臓病が
わかる前に、ゆりは心臓が悪くてみんなと
別コースの用足しだけの散歩だったので
朝みんなと一緒に行けないからふてくされてるのが
かわいそうだと思って背負い子やスリングで
ゆりも一緒に行こうとやっていたらちょうど
お友達が使わないからと乳母車を送ってきて
くださったんです。ひと月行かれなかったけどそれでもほぼ1年ぶりでみんなと一緒に
行かれて枯葉がさごそ隊も一緒にできて
今となっては連れて行ってやってほんとうに
良かったと思っています。お散歩の道々
ゆりの思い出がいっぱいです。
Posted by ミチル at 2012年01月04日 22:59
kumikoさん♪kumikoさんちのアトムくんみたいに
復活させてやりたかったけど無理でした。
もう少し早くわかっていたら良かったのかもしれない。
なので明日、犬たち獣医さんで血液検査だけでも
してもらおうと思っています。2年くらいまえから
頻繁に下痢をするようになったり少し
オモラシしちゃうようになったり
そのころから少しずつ腎臓が悪くなって
いたのかもしれない。ニンゲンが丈夫だもので
ついつい犬たちも何もしないで来たのだけど
ゆりがこういうことになってこれからは
年に一度健康チェックをしてやろうと思います。

白い犬をまた拾いたい、と言ったらおうさまに
怒られた!^_^;
どうもありがとう!
Posted by ミチル at 2012年01月04日 23:05
さゆりん♪さゆりんはいつもゆりのことを
気にかけてくれてかわいいと言ってくれて
ゆりが今、それがわかってお礼を言っていると
思います。

犬人生としては16歳、19歳それぞれ老衰だったさたろとちゃっぴとどうしても比べてしまうと
12歳で病気だったことは本当にかわいそうだった。もっともっと長生きさせて乳母車散歩も
連れて行ってやりたかった。
でもゆりはわたしたちに看病させてくれて
心構えができるまで待っていてくれた、
ほんとうにそう思います。だからわたしも
ゆりを幸せにしてやりたい。なのでこれからも
動物第一で前向きにまた歩いて行きたいと思います。
これからも見守ってください。
Posted by ミチル at 2012年01月04日 23:12
ミカママちゃん♪今日は電話をありがとうございました。
百戦錬磨のわたしですがお別れの時ちょっとだけ泣いて
しっかり立ち直っております、ご心配おかけしました(*^_^*)

いつもなら亡くなってすぐの時〜数日は
何となく足元にいるような気配を感じるのだけど
ゆりの気配がまったくありません。やっぱり
アトムが迎えに来てくれて天国まで
まっすぐ迷わずに連れて行ってくれたのかも
しれません。
ゆりは短い一生だったのできっとまだ何か
やりたいこともあっただろうし、必ず
また会える、そんな気がしています。
アトムもきっと会えるね!ありがとう。
Posted by ミチル at 2012年01月04日 23:20
ゆうさん♪ゆうさんにもゆりのために
心を砕いていただいてほんとうにありがとう
ございました。
最後の最後で看取ってやる、という野望は
かないませんでしたがおそらく本人もわからないうちにこの世からあの世へ、移動してしまった
ようです。数日前とても久しぶりに何度か
けいれんを起こしたのでけいれんを起こして
苦しんで逝くのはイヤだと思っていたので
その点はほんとうに良かったと思っています。
明日はゆりの教訓を生かして、3頭の犬たちの
血液検査をして来ようと思います。
腎臓だってもう少し早くわかっていたら
良くなったかもしれませんものね。これからも
ずっと見守ってくださいね、ありがとうございました。
Posted by ミチル at 2012年01月04日 23:24
さぁ〜ちゃん♪ありがとうございました。先月17日から
寝たきりになってだんだん頭も上がらない
状態になってよく昨日までがんばっていて
くれたと思います。
わたしたちに看病する時間と、覚悟をする
時間をくれたのだと思っています。
腎臓病とわかる少し前に乳母車をいただいて
今となっては亡くなる前に、ずっと一緒に
行かれなかった他の犬たちと一緒に散歩に
連れて行ってやることができたのは
ほんとうに良かったです、いつもの道に
ゆりの思い出がたくさんできました。
ゆりも楽しい思い出を持って旅立たせてやることができたと思います。本当にありがとうございました。
Posted by ミチル at 2012年01月04日 23:29
chinちゃん♪ありがとうございました。
どうしてもニンゲンは長生き、動物は
ニンゲンの半分以下の寿命だから
これがたとえ寿命だったとしても
悲しさは同じ。それでもね、自分が
先に行ってしまって看取ってやれなかったら
それほど不幸なことはない。だから
看取ってやれることも幸せ、と思うようにしています。
それにゆりのように人に捨てられた動物なら
同じ人の手で看取ってやって初めて罪が
薄れるのだからここはやっぱりめそめそしないで
元気にサポートしてやりたいところです。
でもほんとうはあれもこれもやってやればよかった
後悔は数え切れず、、、そこは持ち前のずうずうしさで自分が死ぬ時まとめて謝ろうと思います^_^;
そんなわたしですが、、これからも見守ってね!
Posted by ミチル at 2012年01月04日 23:36
>でも本当なら
>うちのような多頭飼いでなく、一匹だけを

猫やロバなどなどにぎやかな環境で優しい御一家に飼育されてユリちゃんも有意義で
楽しい12年間だったと思いますよ。
そういえば事故死した私の猫も生きていれば同じ12年ですね。

>まっすぐ天国へ昇れたのでしょうか。

大丈夫です!お寺に関係なくあなたをはじめ周囲の愛情や追悼の心がユリちゃんを天国に押し上げてくれるはずです。私も祈ってますよ。天国は楽しいところだけどすぐ飽きるだろうからまた生まれてくると信じましょう。いつかどこかでまた会えますよ♪
Posted by 広島人 at 2012年01月05日 07:59
広島人さん♪ありがとうございます、
きっと一頭しか飼っていなくてあれこれ
やってやれたとしてもやっぱり飼い主は
後悔がたくさん残るのでしょうね。
うちは今まで犬たちは丈夫でほとんど
獣医さんにかかることもなく20年近くまで
生きていたのですが、今回ゆりのことを
無駄にしないよう、残った犬たち3匹を
年に一度は簡単な検査をしてやることに
しました。さっそく(お年玉がなくならない
うちに・笑)今日獣医さんで検査をしてもらって来ました。全員ほぼ異常がなく、安心しました。
ゆりももしこうして検査してやっていたら
こんなに悪くなる前に何かできることが
あったのだと思います。

広島人さんの猫ちゃん、今ごろ生まれ変わって
どこかでかわいがってもらっているでしょうか。
でもわたしはまだ天国にいて、時々降りてきて
広島人さんの足元ですりすりしているような気もします。
死んだ動物達の気配を急に感じたり、急に何の脈絡もないのに思い出したりする時って
きっと天国から降りてきてくれているような気がします。うちの動物たちはもしも生まれ変わるのなら
こんな搾取された動物でなく、お金持ちで幸せな生活の人間になって、次はわたしが捨てられたみじめで汚い犬か猫になって生まれ変わってニンゲンになったうちの子たちの誰かに
拾ってもらえると良いなぁといつも思っています!(^_^;)
Posted by ミチル at 2012年01月05日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: