2011年12月03日

ナスも逝ってしまった

体調を崩していたナス、昨夜は
ナスの入っている大きな犬用の
バリケンの入り口の方を壁に向け
猫や犬がいたずらできないように
一晩居間のストーブの横においた。
今朝、ちょっと寝坊して8時、
おそるおそる向きをかえ扉をあけて
みたら、ナスは顔をあげて昨日より
元気そうに見えた。

012.jpg
でも水を差しだしても飲まず、ミル
ワームも目の前をちらつかせても
食べない。狭いところにいるから
かなと、今日は昨日と違って暖かいし
考えあぐねた結果、工房に戻して
様子を見ることにした。

022.jpg
工房に連れて行って箱から出すと
餌には興味を示さないが水を
たくさん飲んだ。一日うずくまって
いた昨日に比べて少し元気が
出たように見えた。それでも
立っているのもふらふらしてすぐ
うずくまってしまう。ペットヒーターを
箱の下に敷いてまだ段ボールの
中に入れてやったが、家では
保温するくらいしかなすすべが
ないので、ネットで鳥を診てくれる
獣医さんを探して、以前インコを
飼ってる人からも聞いたことがある
鳥専門獣医の場所がわかったので
電話してから午後の診察時間に間に合う
ように、ナスを連れて行った。

二番目だったのに先に予約があった
ようで待つこと2時間近く、でも
その間保温は?と聞かれ熱湯を
入れたガラス瓶をバリケンに入れて
いただけだったので診察の前に
預かってくださった。それからまた
しばらく待ち、名前を呼ばれ診察室に
入る。ナスは首をうなだれて目も
閉じてしまっている。先生に色々と
質問される。食欲はいつからないか、
便はどうだったか、呼吸の様子、
鼻づまりはなかったか、、、わたしが
言えたのは3日前、動きが緩慢で少し
おかしいな、と思ったがご飯は普通に
食べていた、少なくともミルワームは
30匹は完食していた。昨日は一日
うずくまってしまって食べない。
今のナスの状態で検査などはできない
ので(衰弱してるから)とりあえず
脱水がひどいから入院して点滴するか
注射にして家で世話をするかと
言われ入院させてもらうようにお願いし
入院の手続きを書いて診察室から
出てしばらくしたらまた呼ばれた。

少し吐いて呼吸の音がおかしいので
点滴は見合わせ、値段が高いが酸素を
やっても良いかどうか、と聞かれた。
おいくらでしょうかと尋ねたら1日
7000円とのこと。でも今を乗り越える
ことができたら元気になるかもしれない
のだからお願いしますと言っている
うちに、ナスの様子がどんどん
おかしくなってぐったりしていた首を
持ち上げたと思ったら目を大きく開き
先生の手の中でけいれんが始まって
しまった。酸素のホースを顔もとに
持ってきてもらってもばたばたして
しまう、大きく開いた目に輝きが
消えて動きが止まった。先生、看護婦
さん3人に見守られてナスはあっけなく
天国へ行ってしまった。。。。。。。

けこたんの時と全く同じ。ただ
けこたんは変だなと思ってたった
数時間で逝ってしまった。
http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/145439876.html
原因はわからないけどもしかしたら
本当は二羽とも高齢だったのかも
しれないと言われた。また急激な温度の
低下と換羽で抵抗力が低くなっている
ことでもともと持っていた病気が出た
ことも考えられるそう。今はやりの
マイコなんとかという肺炎は鳥にとても
多いらしい。でもナスの場合咳も鼻水も
なかったから消化器系の可能性の方が
あるかもしれないとも言われた。
鶏のこのような状態は獣医さんでも
特定は難しいのだろう。。。。。

ナスは3年前のちょうど12月、町田の
多頭飼い飼い主死亡の悲惨な場所から
連れてきた13羽の鶏のうちの1羽で

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/111289441.html
結局最後まで生き残った子だった。
町田のもとの亡くなった飼い主さんに
申し訳ないような気持ちになった。
もう少し長生きさせてやりたかった。
うちではナスはとても大切な鶏だった。
わたしは嫌われていたけどナスが死んで
しまってさびしい。でもナスは仲良し
だったけこたんが天国にいるから
きっと、今ごろ幸せだと思う。

030.jpg
長くナスを見守って下さったみなさん、
どうもありがとうございました。
毎度のことですがわたしはペット
ロスにはなりませんのでどうぞ
ご安心ください。
posted by ミチル at 23:36| 山梨 ☔| Comment(12) | うちのにわとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニワトリは難しいね 
ふくちゃんも具合が悪そうだと思ってわりとすぐだったもの
ナス 歳だったんだねきっと
老後を幸せに過ごすことができて良かったね
けこたんに会えたかな?
Posted by uniken at 2011年12月04日 00:06
ウニちゃん♪というか、鳥全体難しい。
鳥ってがまん強くてわたしたちの目に
具合が悪そうだなって思った時には
かなり悪くなっているんだって。以前
ステマル先生に言われた同じ言葉を
今日の獣医さんにも言われました。

けこたんしかり、ふくちゃんしかり、
同じような症状で同じように死んで
しまったことを考えると年だった、
ってことも考えて良いのかなと思います。

けこたんはナスが大好きだったしナスは
けこたんを守ろうとしていたから、今
ほんとうに天国で再開して幸せだと
思います。

わたしはさびしいよ〜、鶏がいなくなっちゃった。
明日もまたミミズを探して
しまうんだろうな。。。
Posted by ミチル at 2011年12月04日 00:30
ダメでしたか。
悲しいですねぇ。
どんな動物の死に直面しても、いつも自分は、ごめんねという言葉が先に出てしまう。

酸素室へという流れは、どんな動物でも同じなんですね。ソラの時もそうでした。
そこが自分にとっては色々と切っ掛けになっていますが.......。

安らかに。
Posted by SHOJI at 2011年12月04日 01:09
shojiさん♪ご心配いただいてありがとうございました。
鶏は早いことを経験していたので3日前に
ちょっと様子が変だなと思った時、
これだ「変」だとしたらまずいなとは
思ったのですがそれだけで獣医さんへ連れて
行くことはできませんでした。あの時連れて
行けばとか、寒くなった時部屋に入れておけばとか
いろいろ、いろいろ脳裏をよぎるのですが
わたしはずうずうしいのと、それを考えると
今の生活が崩壊してしまうので後悔と涙は
自分が死ぬ時まで封印しています。いろんなものを背負ってわたしは地獄へ行きたいと
思います。
Posted by ミチル at 2011年12月04日 01:16
ミチルさんが地獄だなんて、とんでもない。
どれだけ沢山の命を救おうとご尽力されていることか、皆さん周知の事実。
「生」と「死」は一体なのだから、「生」と巡り合うことは「死」も一緒に抱いているのですよね。
ただミチルさんには別れの悲しみが降り積もっているだけです。

ナス、幸せだったと思います。
晩年、けこたんとらぶらぶだったし!
ミチルさんとのバトルも楽しかったんじゃないでしょうか。
鶏って結構楽しい生き物ですよね。
またどこかで巡り合ったら、共に生きられると良いですね!
オイラも着物を見るたびに思い出します。(*^_^*)
Posted by さゆり at 2011年12月04日 06:52
ミチルちゃん、ナスちゃん、頑張ったね…
そして、ミチルちゃんも、手厚く看病してあげました。
ナスちゃんは、もし、高齢だったとしたら、
天寿を全うしたと思います。
アトムが、虹の橋を渡った所で待っているからね。
寒かったら、ファーファみたいに、
アトムに、ぴったりくっついて寝るといいよ。
ナスちゃん、本当にありがとう。
ミチルちゃん、ナスちゃんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
Posted by ミカママ at 2011年12月04日 07:40
ウニちゃんからナスちゃんの具合悪いと聞いてて
残念です。
鳥は難しいですよね

ナスちゃんのきれいなコートの色味が素敵で
好きでした!

ナスちゃんは幸せだったと思います
Posted by ビアンカママ at 2011年12月04日 11:29
ミチルさん、淋しいね、ぐすん。
こないだ子どもたちがナスの絵を描いて
思い出いっぱい残ったね。
私は生ナスに会うことができて後悔ないよ。
せめて正面顔をいっぱい見たかったけど。
実は蹴っぱくられてみたかったけど。
ナスはがんばって寒い冬を過ごすより、
満足度いっぱいの今、けこたんに会いに
行くことを選んだのね。

トサカや脛の状態で健康とか年齢が判ったら
とってもいいのにと思います。
年齢の判らない子を世話するのは、難しい。

ナスはミルワームやミミズクラブの幸せ、
銀花との微妙な距離感での刺激ライフ、
ミチルさんちで幸せいっぱい満喫。
ブログを通して大勢に愛された。
飼い主の死から衰弱死へとたどるコースで
こんなボーナス貰えたナスはぜったい幸せ。
ミチルさん、お疲れさまでした。


Posted by もんがら at 2011年12月04日 15:02
さゆりん♪もっとできることがあっても
できなかったり、やってやりたかったけど
見過ごしてしまったりとか、もう数え切れないほど
あるんです、ただいまそれを思うとわたしは
生活が成り立たなくなってしまうから
何も考えないで送るんです。だから
ああしてほしかった、もっとこうしてほしかったって、
きっとみんな一杯思いがあるとおもう。
みんなの願いをかなえてやれなかったわたしは
みんながそれで満足するなら地獄へでも行きます、
自分が死ぬ時みんなにたくさんあやまりたいとおもいます。

見棄てておけない命を気がついたらこんなに
増えてしまって全員を看取らなくちゃならないんだよね、とこの間ウニちゃんとも話していました。
無事看取ってやれたら良いけど銀花なんか
長生きだからわたしの方が先に行っちゃいそうだよ!

ナスはさゆりんの着物にまで刺繍してもらって
鶏として光栄だったと思います、ほんと
長く見守ってもらって改めてありがとう!
Posted by ミチル at 2011年12月04日 22:31
ミカママちゃん♪今日は電話をありがとう!
ナスもこれが寿命だったのか、何か不具合が
発生したのか、獣医さんでもわからないということが
よくわかりました。去年死んだけこたんも
ウニちゃんちのふくちゃんも同じような亡くなり
方だったからもしかしたら本当に年をとっていたのかもしれません。
今まで一度も思い出したこともなかったんだけど
昨日ふと、鶏たちを残して亡くなったという
元の飼い主のことが思う浮かびました。
何だかレスキューして来てもたったの3年で
死なせてしまって
申し訳なかった気持ちになりました。
そしてこのことはわたし自身決しておごってはいけない、と改めて自戒の気持ちになりました。いろんな意味でナス、ありがとうと
言いたいです。今ごろもう天国について
アトムとも会っているでしょう。アトムは
優しい子だからけこたんとふたりでもしかしたら
アトムに寄りかかって眠っているかもしれないね!
そういう映像がいともかんたんに浮かぶので
本当にそうかもしれません!(^O^)/
Posted by ミチル at 2011年12月04日 22:37
ビアママさん♪ありがとうございます、なんだか
あっけなく行ってしまいました、けこたんの
時もそう、
ちょっといつもと様子が違うと思ったら
時間を追ってどんどん悪くなってあれよあれよという間に死んでしまいました。
ナスも獣医さんで酸素吸入をしましょうと
相談しているうちにけいれんが始まって
死んでしまいました。
それにつけても、ビアママはびぃびぃちゃんを
本当に大切にしてると改めて思いました。
ナスもそのくらい大事にしてやれば長生きできたかもしれないね。
Posted by ミチル at 2011年12月04日 22:43
モンちゃん♪さびしいです(;_:)
もう、ミミズとって〜って催促されることもなくなっちゃったけど
今日もコンポの中にミミズがいっぱいいたから
思わず柵を振り返ってしまいました。
でも、今ごろは何の心配もない、大の仲良しだった
けこたんのいる天国でのんびりおいしいものを
食べているでしょう。今日お寺に連れて行きました。

モンちゃんにも会ってもらえたしね。偶然
先週子供たちにも絵を描いてもらったし。
写真写しておいて良かった。

先に亡くなったけこたんも同じような感じで
ちょっと動きがいつもより緩慢かなと思っていたら
翌朝ぐったりしてしまい獣医さんへ飛んだけど
着くと同時に意識混濁し帰りの車中で少しけいれんして死んでしまいました。
ウニちゃんちのふくちゃんもうちに来た翌日亡くなってしまったのだけどうちに来た時少し
動き方がスローだなとわたしには見えました。
なすは3日前にちょっと大人しいかなと思ったけど翌日大丈夫だったので風邪かなにか
ひいたのかなと思いました。
でも今回鳥専門の結構有名な獣医さんに連れて行ったのだけど先生もはっきりした原因はわからずじまい。わたしができることがもっと
あるのなら教えて欲しかったけど気をつけようにも
気をつけることもできない、それほどに原因はわかりませんでした。

鶏との暮らしも楽しかった。いなくなってしまってさびしいけどうちは基本的に行き場のない子しか飼わないからわざわざ鶏を飼うこともないからまた出会いがあれば飼いたいです。
Posted by ミチル at 2011年12月04日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: