2006年09月06日

寒い雨

060906_1525~0001.jpg手のひらからヘビの胴体の感触が消えたので(笑)散歩に行くつもりで張り切っていたら雨が降って来た。どうも私は張り切っていると出鼻を挫かれるという傾向がある(笑)銀花も退屈。私も退屈。もっくんはゲームに作陶に忙しい。工房の窓から銀花の顔が見える。目が合うと鳴くのでこっそり覗く!私も大人しく織物を仕上げた。昔々の蝶の羽みたいな軽くて薄い真っ赤な紅絹。たくさん集めたものを裂織にと預かった。同じ赤でもみんな違う。手にすると昔の人の仕事には叶わないな、と思う。私の織機も3台仲良く揃った。荷物置き場にならないでどれも好きな時動かせる。今年こそ銀花に馬着を織ってやろう。お揃いでショールを織って2人でお散歩に行きたい。村友からまた野菜をどっさりいただいた。中には銀花にといただいた育ち過ぎのキュウリも。夏の間食べ飽きて見向きもしなかったのに美味しそうに頬張っていた。
posted by ミチル at 17:11| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミチルちゃん、コーちゃんお久しぶり〜!いまさらですが、テレビ断って正解だと思いますよ〜。あれ見たことあるけど、う〜〜〜ん、ですから。
遅ればせながらののこちゃん10歳のお誕生日おめでとう!すっかりお姉さんぽくなりましたねえ。
もっくん、超おひさしぶり!!元気そうで何より。きのう美学校のM山さんと話したら「彼は、どうしてるんだろ〜な〜〜?」と言ってました。
Posted by satoko at 2006年09月06日 22:33
satokoさん久しぶり〜♪TV、そなの?まぁ教え子の話だと色々演出アリなんだって。わたしゃ毎日毎日飽きもせずおもらしする奴らの後片付けに奮闘中だよ、これ以上面倒なことはしたくないよ(笑)早いものでそうなんです、こでぶから大でぶに進化…いや違った10歳になりました。時々思い出したようにお2人のこと話してますよ、また会いに来てやって下さいな♪もっくんはずっとA先生の助手?本人曰わく書生だそうですがお手伝いに行っててアメリカにも行って来たそうです。私とコーッはあの?!もっくんがアメリカに行く貯金をしてたと言う事実に愕然としてしまいました(爆)よろしくとのことです。10月展覧会だって。
Posted by ミチル at 2006年09月07日 00:09
裂織なの〜?
ものすごくいい色だわ、素敵よ
最近わが教室では裂織ブームで
いろんな人が取り組んでるの
でも、直感的にセンスの良し悪しって
わかるような気がした

ぜひ銀花とオソロで!! 
Posted by shun-ran at 2006年09月07日 00:13
シュンランさん、おこんばんは。夜更かしだね明日のキノコとり、もとい、ランニングは大丈夫?(笑)そうどす、これ裂織よ♪昔の着物の裏地?紅の絹でモミと読む(笑)紅に様々あってはじめ似た色まとめて玉にしてたんだけどどしても織れない。で私らしく遊ばせてもらっちゃいました。問題は注文主がお気に召すかどうかだな。センスって悲しいけど絶対ある!書道だってあるんじゃない?私はそれ以前にこれしかできないってとこでいつもやってる(笑)ものすご〜くいっそけんめ、やってても何だか気の毒になるような絵を描く人が結構いたりして、んでそいう人がご自分の作品を高そうな額に入れて下さったりすると我が家は非常に困ったりもします(爆)だけど気持ちが嬉しいからちゃんと飾ってるよ!
Posted by ミチル at 2006年09月07日 01:25
おぉー!良い色!
微妙な色の違いが生かされていて、とってもあったかい良い作品だと思います。
ミチルさんの性格が出てる〜。
Posted by さゆり at 2006年09月07日 06:46
さゆりーん、ありがとう♪モノが良いから苦労しなかったよ。軽く引いただけで裂ける古いのもあってそんなのはアカネで染めたのかな。どうもきちっとした仕事ができない…のは私の常ですわ(笑)
Posted by ミチル at 2006年09月07日 12:31
すごく素敵な色合いだね。
ミチルさんの色彩感覚って前にHPで見たショールなんかでも思ったけど独特で好き。

赤でもいろんな赤があるのが面白いよね。
Posted by あずき at 2006年09月07日 17:53
アズキーヌありがとう!素材が良いのよ(笑)恐らく何十年だかたってる古い紅絹、どんな人の着物だったんだろうと色んな空想しながら楽しく織りました!私の色が好きってそれ、アズキーヌかなり変わりもんよ〜(爆)
Posted by ミチル at 2006年09月07日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック