2011年09月23日

3連休後半スタート

ウキウキするようなタイトルに
しちゃったけど、どうせノノコの
塾通いの3日間だ。今日もきっかり
7時に起きた。二度寝しようかな
どうしようかなと思ったけど、
王さまは水曜日休んだ教室が
今日代替えで、東京だし。
犬たちの散歩写真は今日はみんな
ぶれぶれで使えそうなのが一枚も
ないのだけどいつものように
お散歩行って、いつものおじちゃん
とも3日ぶりに会って、めぐは
吠えながらも思わずオスワリ
しちゃって笑えた!

銀花は植林地へ行ったのだけど
草刈りしてあったので食べれる
草があんまりなかった。銀花
おいで〜と呼んだら首をあげて
わたしを見た。

080.jpg
今朝、またあのアナグマ君が戻って
いたら!?なんてちょっと期待も
して銀花小屋をのぞいたけど
いなかった。お山のおうちに
戻ったのかな♪

ダイの小屋の掃除をしようと
するとあっと言う間にラボが
飛び込む。ダイは今、換羽が
はじまって、ラボはダイの大きな
羽が一枚欲しいのだ。

046.jpg
おっかなびっくり、へっぴり腰で
ダイを見ている。結局何もできず
このまま退散、出る時ちょっと
オチリをつつかれてふんぎゃぁ!

今度は犬たちと遊んでるし。ゆりに
しつこくして嫌がられていたら
めぐが横からちょっかいを出した。

118.jpg

こんな小さな猫、犬が本気なら
一撃だよなー。ラボ、犬たちが
遊んでくれてるってわかってる?
子供にありがちな、「ひとり
熱くなってムキになる」(笑)

141.jpg

ノノコを塾に送って工房へ。
雨が降り出したしもしかまだ
近くにアナグマ君がいたら心配
なのでナスは今日もお部屋ね。
さぁ、一緒にディランでも
聞こうじゃないか♪

158.jpg
ナスの前の黒い円柱はスピーカー
なのでドコドコ低音が、大音響で
出ている。

3色でふちどりのある二重織りの
pebble織りはもうアタマがこんがら
がって、諦めた。で結局2色に
戻してごく基本的なものがやっと。

173.jpg
しかしすごいのはどの本を見ても
Andesの人たちはめちゃくちゃ
複雑な模様を何にも見ないで
空で織っている。ラオスの人たちも
そう。一体アタマの中どうなって
るんだろう?????複雑な織りの
模様を織り出す特殊な能力が
DNAの中に入っているのだろうか。
難しいことをカンタンにしてくれる
道具、はわたしたちの方がずっと
持っている。しかしアタマの中味は
原始機を使っている人たちに全く
太刀打ちできない。
posted by ミチル at 21:38| 山梨 ☀| Comment(4) | うちのロバ、犬、猫、カラス、にわとり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サトコちゃんは漫画も描くのね。なかなか面白いです。ロバの絵、とってもいいですね。さとこちゃんの描く絵は本当にやさしさがあふれてる。
写真の織り、模様、配色ともにいい感じ。どうしてアンデスの人たちが、むづかしい本を見て織ったわけでないのに、色といい模様といい、あんなにステキなものが織れるのか、私も感心します。
Posted by けいこ at 2011年09月23日 23:00
けいこちゃん♪そう!その上さらにこんど
秋になったらパン焼き窯を作ろうという
けんちゃんの奥さんですから!(笑)
実物はもっと良いんだよ、いつか原画を
見るチャンスがあったら良いね(*^。^*)
時々さとこちゃんの方のぞいてください!
また違う絵がアップされていると思います!

アンデスに限らず、タイの人たちも、
地面に直接立てるような原始的な機、
ブータンもそうでしょ、でもわたしが知る
限り(見たことある写真で知る限り)
わきにノート置いて見ながら織ってる
写真は一度も見たことがありません。
実際に織ってるところを一日中はりついて
見ていたいです。けいこちゃん、わたしの
かわりにアンデス行ってきてよ〜(^_^;)

Posted by ミチル at 2011年09月23日 23:07
人間の道具と言えば、「いかに楽をするか」がコンセプトだもんね〜!
リモコンしかり、洗濯機しかり、携帯しかり。(笑)
なので頭も体も退化の道をたどる運命なのです。
映画「ウォーリー」のように。

二色でも十分すごいです!ミチルさん!
とっても綺麗〜♪こんなのが織れるミチルさんが羨ましいです♪

ナス、とっても良い所に止まり木が!
王様作ですか?ストーブがついたら離れられない♪
Posted by さゆり at 2011年09月24日 07:12
さゆりん♪ほんとうにそうだね。でも色々と
考えてみるに、アンデスの人たちもタイの
山奥の民族の人たちも、たったの棒きれ何本かで
すごい織りを織り出して、そこにはたっぷりの
ゆったり流れる時間があるからだと思いました。
楽をするためのたくさんの便利な道具を余り持つわたしたちの周りには絶対に流れていない
時間だと思いました。
たしかに楽になる分アタマもからだも退化するよね、ほんとうにそうだった。。。

もしかさゆりんがアンデスの織りに興味を持ったら
織りの原則を知ってるからおそらく
難しいことはひとつもないのだと思います。
多分手にして見たら織り方が全部わかるんじゃないかなと思います。
わたしはやっとこです、まだまだ修行が足りんね^_^;

ナスは尻尾が長いせいか高いところに上がりたがるんだよ、
ケコタンはそうでもなかったのに。
いつも椅子の背に乗って人が座る方に
プリしちゃうから新聞紙敷いとくんだよ(笑)
これはストーブの枠、子供たちが触らないように王さまが作ったけど
ほんと、ちょうど良いナスの止まり木♪
ストーブついても平気で乗ってるよ、
煙突にくっつきそうになっても平気だから
鶏って案外寒がりなんだね〜

Posted by ミチル at 2011年09月24日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: