2006年07月26日

蛇との遭遇パート2

060723_1505~0001.jpg何日ぶりかの太陽は病み上がりだ。ギラギラの真夏の太陽に会いたい。散歩に行った。銀花は引かずおりこうで料亭のもう少し下まで1時間半歩いた。下に降りると山百合がぼちぼち咲いている。里は一面満開、山百合なのに山にはない。料亭の前を通ると銀花は人の気配に動かない。いつも野菜を下さるおじちゃんを待っている(笑)見かねておじちゃんが人参を持って出てきた。嬉しい銀花。おじちゃんに頭をなでてもらう。この頃銀花は家族以外にも顔をなでさせる。帰りは上りで銀花は斜め後方を行儀良く歩く。あっ!蛇がひなたぼっこしてる。でかいけど青大将だ。車が来たら危ないよ、棒でつついたらにょろりと藪に入った。杉林の手前でまた蛇。今度はまたしてもでっかいカエルを飲もうとしてる。ところが後ろ足一本口に入っていたのを吐き出した。私はとっさに棒を拾ってカエルを蛇から離した。蛇は…明らかにさっきのと違う。所々赤が入り頭も平べったく三角に見えるし凶悪そうな目つきだ。1、5m直径も5cmくらいあった。巨大化ヤマカカシ?凶悪な顔はこっちを向いたまま、藪に消えた。銀花を左手に持ち右手でゴルフみたいにカエルをずっと離れた場所まで転がして道脇に落とした。銀花は時々鳴くカエルに興味津々。膨れているので鼻先で触らせないようにした。あ〜怖かった。
posted by ミチル at 15:10| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニンジンくださる方がいるんですかぁ、、。ありがたいなぁ、何がありがたいかというとその気持ちです。誰か知らない人に何かをもらって、だんだん知っている人になるのですが、、銀花ちゃんを認知してくれる人は、銀花ちゃんにとって大切なのだとロバ心で思っているかも。

ギリシャは夏は威厳のある季節で、神々の逗留を感じます。しかし冬に雨が降って、冬は裏日本のような陽気です。
Posted by lemonodasos at 2006年07月26日 23:00
私も銀花を通して知り合いが出来たりするのがとても嬉しいんですよ!だから見知らぬギャラリーが来るとつい出ていってお話したりします(*^_^*)料亭のおじちゃんは本来動物は苦手らしいのですが毎日ウォーキングしてうちの先までいらして必ず銀花にお土産を持って来てくれます!ギリシャの夏、エーゲ海の夏は日本人全員が憧れているんじゃないでしょうか。いいなぁぁぁ
Posted by ミチル at 2006年07月27日 00:49
ヘビにも性格があるみたい?
凶悪そうな顔・・・・。何だかアニメに出てきそうだけど、実際遭ったら怖いだろうなぁ・・・!
ミチルさんも銀花ちゃんも気をつけてね!
Posted by さゆり at 2006年07月27日 07:22
さゆりーん!ほんとにすごい目つきだったのよ〜!ありゃやっぱ毒蛇だね。マムシなんか自信があるから逃げないんだって。なのに怖いもの見たさでつい見ちゃうんだな、嫌なわたし(笑)
Posted by ミチル at 2006年07月27日 11:21
↓グラインダーの写真ありがとうございます♪
これでチュィーンっと削るんですね(* ̄ρ ̄)”

それにしても蛇さん出没二匹は凄い!
今回はカエルを救出できたのですね(笑)
ミチルさんに襲い掛かってこなくて良かったε-(*´ω`*) ホッ。何故にカエルを吐き出したのかな・・・素朴な疑問((* ´艸`))ムププ
Posted by きのと at 2006年07月27日 13:14
きのとさんこんちー(^-^)/一昨日犬たちの爪切りしたんだけども〜う、大騒ぎで大汗かいちゃいましたよ〜。銀花の方がずっと楽だわ(笑)私も何で蛇がカエルを放したのか疑問です、カエルがものすごく膨らんでたから?まさか皮膚から出てた毒液に危険を感じたのかなぁ?きれいごとと言われようがやっぱ殺戮シーンは嫌なものです、いつもはクモもかわいがるんだけど虫がかかったら助けちゃったりします、ああ、生態系を壊す女(笑)
Posted by ミチル at 2006年07月27日 14:38
一日伸ばしにしてきた頂き物のお礼、暑中見舞いにメールの返事、換気扇の掃除・・・・たまったたまった!
すっかりなまけものよ。
そのくせブログの更新は怠らないネット依存な奴だ(ーー;)
Posted by あずき at 2006年07月27日 18:04
あははは!私は携帯依存症だわ!私はその先だよ、やらなきゃやらなきゃ…そのうち気が向いたら…で永遠にワスレサル(笑)えらいね、アズキーヌは。
Posted by ミチル at 2006年07月27日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック