2005年02月25日

雪の散歩道

050225 002.jpg
こちらはまた昨夜から雪になりました。朝起きた時はやんでたけど一面銀世界・・
だいぶ暖かになって春間近と思ったのにな・・・

犬達の散歩も早めにすませて銀花の馬場の雪かきもして10時ごろから
お散歩に出ました。私が引いてお下奉行はコーチャン。
銀花は木の上からどさっと落ちてくる雪がイヤなのか少しびびり気味で
今日はおとなしく歩きました。さらに村道に出たところで何かの工事を
やっていて脇に駐車してある車がなぜか片目だけついていました。
銀花は車にはだいぶなれたけど片目だけ黄色くらんらんと輝いている
別の生き物に見えたのでしょうか、立ち止まって歩こうとしません。
工事のおじさんたちが声をかけてくれるのも気になるようで耳を
ぴんと立てたまましばし時間経過・・・先を歩いていたコーチャンが戻ってきて
車のすぐ脇を通って安心させてまた歩きだしました。

道を横断して旧道に入ろうとしてたら裏手の家のおばさんが声をかけて
くれました。そこの家にも猫やモルモットがいて動物好きのおばさんです。
ちょうどモルモットにご飯をあげていて私と銀花も寄り道。銀花は目の前の
小さな生き物にどんな興味を示すだろうなと思っていたら興味を示したのは
おばさんが手に持っていたにんじんの方でした(笑)。にんじんを
もらってもぐもぐしながら旧道に入りました。そちらでもおじさんが
道の雪かきをしていてまた声をかけてもらいました。この村の年配の人たちは
私たちが銀花を連れて歩いているとほとんどの人が声をかけて来ます。
面白いのは若い人の方がぜんぜん振り向きもせず行ってしまうことです。

いろんな人に声をかけてもらってかわいいねと言ってもらうと
私もほくほくした気持ちになります。まわりの人がみんな銀花に心を留めて
下さるのはとっても嬉しいしありがたいことだなぁと思います。
posted by ミチル at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たくさん雪が降ったんだね。

動物見て声かけてくれるのが年配の人ばっかりっていうのも面白いね。

ほんの一言でお互いの気持ちが暖かくなるんだけど若いうちって気が付かないのかな。
Posted by あずき at 2005年02月26日 18:01
って言うかこの村の年配の人たちが子供の頃どこの家にも馬がいたんだって。それってつい30年くらい前のことらしいよ、若い人は見事に見向きもしないね、どこか年配者って余裕があるんだろうなと思った。
Posted by ミチル at 2005年02月28日 11:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック