2005年02月19日

無口につけるボア

HIMG0001.jpg
夕べから降り始めた雪はお昼ごろ起き出したら止んで細かな雨になっていましたが
積雪は10センチくらいありました。犬たちを外に出して動物たちのご飯のしたく。
部屋の掃除をしてそれから私は銀花の柵の中の雪かきをしました。銀花は小屋でご飯を
食べていましたが時々そばに来てちょっかいを出します。うしろに来て私の背中を
つついたり、お尻をぐいっと押したり。くたびれてしゃがんでいたらとことこ
よってきてべろんと顔をなめました。かじるそぶりもなく、穏やかでやさしい銀花です。

今日はこんなお天気だからお散歩は行かれそうもありません。雨がやんだら
裏庭だけでも歩かせてやろう。去年の7月、銀花が来る前に世田谷にある
馬具店にろば用品の買出しに行きました。無口や引き綱、お手入れ用品など
買って、須藤ファームさんにろばは鼻のところの皮膚が馬と違って弱いと
教えていただいていたので無口につけるボアも一緒に買いました。
その後、無口をつけて連れ歩くこともなかったのでどこかへやって見つからなく
なっていたのですが先日やっと、出てきました。銀花は最初につけた時、目の前に
白いもこもこがあって、こんなきょとんとした顔をしていました。
posted by ミチル at 14:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだか可愛いですね〜。
でもヒトだと鼻の上に何か付いていると、とっても気になりますが、銀花ちゃんは気にならないのでしょうか?
Posted by さゆり at 2005年02月20日 07:16
お久しぶり〜!(^^)! そうですね〜、やっぱり最初ちょっとフシギそうな顔してましたよ、今はすっかりなれて引き綱を引いてボアがずれてしまっても平気でとぼけてます〜(笑)
Posted by ミチル at 2005年02月20日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック