2006年06月27日

外乗

image/akiyamakoubou-2006-06-27T19:35:16-1.JPG真夏のような太陽。銀花が大好きな(と勝手に私が思ってる)季節、梅雨の真っ直中にぷち到来。午後から爽やかな風に誘われて脳みそが空っぽになる。そして唐突と外乗した!かすかに脳裏にあったのは昨夜銀花の木製の古い和鞍を取りに来た春さんが常々銀花には力(能力じゃなくて体の力のことね(泣))があるよと言っていた事。以前ちょっとだけ引きロバしてもらって家から30mでメリーゴーランドと化した事は今思い出した(笑)柵内を何周かし出入り口で止め私は銀花に乗ったまま扉を開けた。暴走はしないと確信的なものがあった。銀花はいつもの下りのアスファルトの方へ行こうとしたが阻止し登りになってる奥の道へ行った。砂利道だ。銀花は元気に歩く。時々立ち止まり周囲を見回す。風が心地よい木漏れ日の道をタッタカ歩く銀花。なんか、幸せ。途中からUターンして帰って来たら40分たっていた。また行こうね銀花。写真は道から我が家を見下ろす。人気blogランキングへ


posted by ミチル at 19:35| 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 乗ロバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜いいね
動物の後姿がかわいいと思ったら
もう、離れられないっていうけど
本当にそう思う
ふと、見下ろしただけの我が家かもしれないけど
セリフががんがん思い浮かんでしまう

銀花目線でものをみるのもいいかも!
Posted by shun-ran at 2006年06月28日 00:39
動物かわいいですよね。私は今日もアクロポリスの下に行って猫や犬とおしゃべりしてきました。なんか猫や犬によりますが、向うから寄って来てかわいいですよ。だんだん分かるのかもしれません。人間より動物の方が慎重ですね。
Posted by lemonodasos at 2006年06月28日 04:02
おめでと〜!お外でびゅ〜!
何だか気持ちよさが伝わってきて、あぁ、良いな〜と思いました。
銀花ちゃんとミチルさんの気持ちがピタッと寄り添ったんだろうね!
Posted by さゆり at 2006年06月28日 06:03
・・・乗ったまんま、扉を開けられる時点で、 合格 です。
そして、乗り手が何をしても落ち着いていられる程度の、体力的自身があるってことです。

来年、お祭りに出る?
相馬野ロバ追い祭り♪

あぁ・・・ でも銀花、≪雨女≫・・・じゃなくって、≪雨ロバ≫だからな。
ってか、もしかしたら、雨乞いのできるロバ?
「雨よぉ〜降れぇぇ〜〜!ぼえぇぇ〜〜!!」
とか、やってない?
Posted by 春駒屋 at 2006年06月28日 11:58
ミチルさんの楽しかった気持ちが伝わってくるね。
銀花ちゃんも楽しかった?
Posted by あずき at 2006年06月28日 15:08
shun-ranさん、コメントありがとう(^O^)動物も小さな子供もなんていうのかうしろ頭がかわいいですよね!ほんとは銀花に乗ってるとこのアングルしか撮れないんだけど(笑)銀花はきっとうちを見て(犬達が部屋の中で騒いでた)はぁ〜とんでもない家のロバになっちゃった!とか思ってるんでしょうね(笑)
Posted by ミチル at 2006年06月28日 15:09
lemonodasosさんこんにちわぼぇーっ(←銀花の挨拶)動物はかわいいですよね。きっと蛇だって飼ったらかわいい、何でか知らんがかわいい。だけど時々かわいそうな動物見ると動物好きじゃなければ良かったと思うこともあります。すべての命がまっとうしますように。これはこの世では叶わない願いなので死ぬことも悪くないなんて思います。
Posted by ミチル at 2006年06月28日 15:14
さゆりーん!おいしいパン食べて銀花で外出れてもう気分はハッピーです!これで犬達も一緒に歩けたら言うことなし!がんばります!
Posted by ミチル at 2006年06月28日 15:16
春さんに合格だなんて言われると涙が…(笑)乗ってる私がおっかなびっくり、車が来たり釣人と遭遇しないことを祈る気持ちで出ました、そんなこともすんなりかわせるロバになって欲しいです。そういえば昨日と今日、銀花一度も雨乞いの雄叫びあげてない!(爆)
Posted by ミチル at 2006年06月28日 15:32
あずきぽーん、銀花はここまで段階を踏んで柵に入れるようになったのから引きロバ、外に散歩、人を乗せる、外乗できたことはものすごくうれしいです!!
Posted by ミチル at 2006年06月28日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック