2011年04月24日

山桜

良いお天気になり、緑がどんどん
広がるお山。気持ちが良い日曜日。
野原を探索、めぐ↓

005.JPG
小さな滝もまとまった雨のおかげで
こんこんと流れる。必死でマテの
てんちゃん↓

004.JPG

日曜日でトラックはお休み。いちごも
放して行ったのだが山菜採りや
枯れ葉集め(たい肥にするらしい)で
車が何台も上って行く。途中で
枯れ葉集めの車が止まって作業を
始めたのでいちごはそこでつなぐ。
放してもつないでもニコニコしてる
いちごちゃん↓

019.JPG

1時間くらいのんびり歩いて戻ると
王さまが起き出していた。ゆりは
行くと言うので、わたしは銀花を
連れ出す。5キロ増のわたしを乗せて
がんばって歩けるようにしっかり
麦を食べさせて、簡易鞍を乗せてゴー♪
家の前から乗るとどうしても緩やかな
下りの方へ向きを変えたがるのだが
ふんばって上へ。なんだかふらふら
してるなー。しっかり前を向いて
歩いてくれたまへ。

025.JPG

左右ふらふら行くのを声かけと、
足と鞭かわりの枝で修正しながら
見晴らしの良いところまで来た。

027.JPG
銀花の前にピンク色の花が咲いて
いる。桜ではない、どう見ても桃。
こんな山中に野生の桃?

帰りも乗って来ようと思ったが
わたしの方が尻が痛くなりギブ。
これは桜。

032.JPG

でもそれじゃ銀花の運動にならないし
せっかく麦も食べて来たのだから
また途中から乗り、家の前まで
戻ってきた。帰りは緩やかな下りに
なるからまっすぐとことこ、良い
調子でリズミカルに歩く。家の前まで
戻ると家の裏の桜も開き始めている。
ベランダにめぐの姿も見える。

035.JPG
山桜は里の桜のようなあでやかさは
ないけど同時に葉も出るので
自然な感じがしてこっちの方が好き。

今日はほんとうは代々木公園スタートの
エネルギーシフトパレードに行くつもり
だったのだがまだ体調が完全復活では
ないので中止にした。なぁなぁでやって
きて日本はこんなに原発大国になった。
何を計りにかけるのか。何がそんなに
守るべきものなのか。福島の人たちの
故郷を奪い、何の罪もない動物たちを
地獄の苦しみに合わせそれだけでも
原発を肯定、もしくは黙認する理由が
わたしの中にはひとつもない。

Plutokun_Bot プルト君
uesugitakashiがリツイート
みんなの未来や命にかかわる深刻な事態がいまもだらだらと進行中だよ!こうどうをおこすひともおこさないひとも「覚悟」はあるのかな?

gpjTweet Greenpeace JP
あと3時間で終了!オンライン署名「枝野さん、安全な電気がほしいです」みんなの声を政府に届けて、原発から自然エネルギーへのシフトを!http://bit.ly/eoZdNy #genpatsu #earthday

posted by ミチル at 22:26| 山梨 ☀| Comment(6) | 乗ロバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DASH村の状況を見て、あぁ、故郷に帰れないというのは、今まで築いてきたものを捨てなければいけないってことだと痛感しました。
牛を飼ってらっしゃる方も、3日に一度エサを与えに行っているけど、牛が震えているって。
「人間も牛も同じ命だ。」とおっしゃっておられました。
電力会社の圧力は弱くなるだろうから、これからだよ!
日本人の力って!
Posted by さゆり at 2011年04月24日 23:05
さゆりん♪わたしも見てました。これほどまでに
原発は恐ろしいものだということを、わたしたちは
チェルノブイリからもスリーマイルからも
警告を受けていたのに平和ボケしてたね。
今日はいろいろ動きがあったのだけど
中でも皆さんががんばって家畜たちのことで
福島が動くことになった。小さなことでも
集まれば大きな力になると実感しました。
電力の方は福島に世界一のソーラーベルトを
提唱している孫さん、哲学者の中沢新一さんが
作られる緑の党、独占企業じゃなくなれば
NTTの時みたいに市場には自由な電気があふれるのは
そう遠い日ではないね。
Posted by ミチル at 2011年04月24日 23:18
今日のエネルギーシフトデモ、4500人あつまったようで、はじめてNHKで報道しています。高円寺はもっとすごかったのにね。

孫さんの福島のソーラーベルトや緑の党、希望がみえるね。

ミチルさん、動物のためにいろいろ活動がんばっているけど、子供たちにも拡散お願い【転載】【締め切り:4月25日】【ご協力ください】緊急声明と要請:子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求 http://t.co/eSgT2g6

ついでに、六ヶ所村再処理工場かなりひどいよ。チェルノブイリ後の朝生の映像がのこってます。

チェルノブイリ事故後2年経過した
1988年放送 朝まで生テレビ!「原発」第2弾! No.01〜
http://www.youtube.com/watch?v=yEwmEFmSi9I&feature=related

田原、ボストンコンサルティングの堀、政治学者の枡添のいいかげんさがよおおくわかります。田原はいつも推進派に助け舟をだしているような気がします。その上、この番組を何十年前にしていながら、最近の311後の朝生でまったくこの時の議論にふれていなかったし。


朝まで生テレビ!「原発」第2弾! No.11 1988-10-28
六ヶ所村再処理工場の建設立地について必見
http://www.youtube.com/watch?v=82tgnoLofao
日本原燃 住谷はウソツキ上手で出世したんでしょう。基地の軍事訓練での事故の可能性、地下水汚染の可能性、地震の可能性などの危険な条件になぜ建設してしまったのでしょう。


Posted by ワラビー at 2011年04月24日 23:57
ワラビーさん♪マスゴミNHKも少しは改心したのかね?(笑)
電力の自由化になれば原発のこれ以上の横暴は
許されなくなる。
ほんとうにここで日本は変わらなかったらこの先子供たちに残せるものはどんどん少なくなる。

まるで国は子供を殺そうとしてりつとしか思えない。
一体誰が陰で糸を引いているのだろう。その署名はもうしました、もう一度します。

朝まで討論、わたしはちょうどその頃東京で
良く見ていた。あのころは今よりもっと一生懸命
原発に反対してたなー。遠い目、、、

おもしろいツイッター↓
himurotakasi 氷室隆
【脱原発の工程表E】豊富で環境を破壊しない再生可能エネルギーに依存する方が人類は発展するのは自明の理であるが、市場原理主義者たちは原発になると突如、反市場原理主義に転向する。核依存症なのだろう。核(兵器)を持っていないと不安で仕方ないのだろう。洗脳されたカルト信者と呼ぶしかない。
Posted by ミチル at 2011年04月25日 00:07
さっすがミチルさん情報早い!それに1988年の頃から原発反対なんて。私なんてその頃、朝生もみてなかったしチェルノブイリのこともしらなかったし洗脳されていたんだと思う。でもTVみてなかったから洗脳レベルは低いかも。

氷室さんが言うように、政府、マスゴミこぞって洗脳するカルト信者だよ!今日は原子力保安院の外国人記者会見にとうとう誰も聞きにくる人がいなかったらしい。そりゃそうだよね〜

今日のおしらせサイト^-^
94?才の肥田舜太郎医師と福島の女性話は説得力大
http://www.youtube.com/watch?v=tCV3beH_IWI

脱原発系イベントカレンダー http://t.co/IXIeOLD

小出裕章先生ブログ
このサイト(ブログ)は、2011年3月の福島第一原発での事故を受けて、京都大学原子炉実験所助教である小出裕章先生のこの事故に関する情報発信を一覧できるようにまとめる意味で作られています 
http://hiroakikoide.wordpress.com/

5年前のも公開討論会のもようがみれます。小出先生VS原発推進 東大大橋先生どちらが説得力があるでしょう?

地震と共存する文化を
20110426 原子力情報室 石橋克彦氏
http://www.ustream.tv/recorded/14284465

PS オルトさんは太郎さんです。
Posted by ワラビー at 2011年04月26日 23:22
ワラビーさん♪いえいえ情報早くないです、
この頃長文は読めないし(笑)それより
びっくらした!!!!!!わたしはとても
オルトさんを尊敬している。太郎さんだった
の!!!!!!あんなふうにさくさくと
、しかもきちんと出展もあって説得力のある
文章がかけるように、わたしもなりたいけど
脳の容量がちと足りません(^_^;)

菅内閣はどさくさにまぎれてネット規制強化法を
通したね。すでに消されてるサイトもたくさん
あるのだって。それでも!!!テレビとラジオと新聞の時代じゃないのだから押さえても
押さえても真実を語る人はたくさんいる。
わたしが今日見て驚愕したサイトはここ↓
http://xmgsw65666.blog34.fc2.com/blog-entry-514.html

小出先生のブログがあるんだね!
うちは通信速度遅すぎて動画はなかなか
見れないのだけどブログならすぐ見れるね、
さっそく拝見にあがります♪ありがとう!

80年代後半にだって、わたし○○才
だもの〜(^_^;)
Posted by ミチル at 2011年04月26日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: