2011年04月20日

牛たち どうかよろしくお願いします

見殺しにするのか!パート7拡散
テーマ:ブログ
餓死していく牛達!!の続報
リエータママからのメールです。
ビアンカママ
どこからお話して良いのか・・・
まず、先日の毎日jpのグッズニュースを福島県の畜産課に確認したところ、「残念ながらまだ移動は決まってない」とのことで。
そこで毎日新聞の本社にメール、電話などを入れ「ニュースソース」を確認したところ、担当記者に伝えるとのことでしたが、未だ一向に返事がなく。
記事にあったJAそうまに確認したら「毎日新聞から取材は受けたが、福島県からそのような報告はなく、県もそのようなこと( 県外に移動を決めた)は言ってないとのことで、毎日新聞の見込み記事だと思われる」
そこで・・・・
(以下・切り取ってどんどんネットで広げてください。(転送大歓迎))
今発売されているFRADAY4/29日号「死を待つ沈黙の家畜たち」P22~P24に写真入りの記事が掲載されています。
せび、ご覧になってください。
下記のブログにも現地の写真が掲載されています。
http://ameblo.jp/uchino-toramaru/

このようなニュースが本日の午後続けて流れました。
今日(4/19日)の読売のニュース
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110419-OYT
1T00662.htm?from=tw
朝日(同日)のニュース
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104190256.html
残念ながらまだ具体的な移動は始まっていない様ですが、今この間にもどんどん飢え苦しんで死んでいく家畜動物たちがいます。
一刻もはやく、政府・行政の対応が必要です。

みなさんに引き続きご協力頂きたいことは 以下にメール・FAX・電話などで要望してください。
☆農林水産省
〒100−8950
東京都千代田区霞が関1-2-1
電話:03-3502-8111(代表)
畜産振興課 
TEL.03-3501-3777(直通)
FAX.03-3593-7233
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
☆農林水産大臣 鹿野道彦氏
〒100-8981
東京都千代田区永田町2-2-1衆議院第一議員会館310号
TEL 03-3508-7205
FAX 03-3508-3205
m-kano@ma.catvy.ne.jp
☆首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
ネットや雑誌などで避難指示エリアに置き去りにされた家畜たちが、餓死していることを知り鎮痛な思いでいました。その後、牛たちの移動を検討していると朝日・読売のニュース(インターネット)
で知りましたが、既に餓死している家畜が続出しています。よって、畜産農家の方たちと相談の上1日も早く避難(移動)させるようにしてください。即時移動が出来ない場合は、生命維持のための給餌・給水・搾乳など、(畜産農家の方たちと相談の上)、政府の方で責任もって行うようにしてください」
以上の例文を参考に適宜ご自分の言葉で!
餓死はあまりにもかわいそうです、よろしくお願い致します。
posted by ミチル at 11:57| 山梨 ☁| Comment(1) | おねがい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしは下記のような文章を入れました。

原発の事故が生き地獄を作り出しました。
犠牲者は決して人間だけでは
ありません。
餓死するのを待つだけの
家畜たちの移動をしてやることが
国として、被災された
農家の方たちへの最低限の償いでは
ありませんか
早急にお手配ください。
Posted by ミチル at 2011年04月20日 12:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: