この記事へのコメント
この記事はとても大きな意義が有りますね、そして被災者の人達にも今後の生活や行動に多大な影響を与えてくれるでしょう。
其れは、これからの依り良い冷静沈着な行動の指針になると思いました。

今の政府は頼り無いけど、兎に角被災者救済と被害拡大防止が第一、
日本中手を取り合って助け合おう。
一息付いたら現政府首脳を許さない、って感じている人達が圧倒的なようです。
Posted by yohachi at 2011年03月23日 02:37
ミチルちゃん、こんにちは!
記事、読みました。
素晴らしい先生ですね。
マスメディアは、むやみやたらに不安をあおっている様に思えます。
政府は「健康に被害を与える量ではない」と言っているけど、食べない方が良いと、品目を与えています。
矛盾しているよね。
自分達で何が良いのか悪いのか、ここでしっかりと見届ける必要がありますね。

お父さまの事、直ぐに掛け付けられない距離に住んでいると気がかりですよね。
私も経験がありますので…。
でも、お父さまの痛風の痛みが治まって良かったですね。
メチャメチャ痛いそうなので…。
痛みは本人しか分からないし…。
Posted by さぁ〜ちゃん at 2011年03月23日 14:00
王様とkenta90には、ピザ窯より先に水力発電機を作ってもらいたい。。。
Posted by satoko at 2011年03月23日 17:25
いっつも、posted by ミチルになってるけど。

posted by こういちも読みたい。

番外編で、ブログを書いてください。

posted by kouchi 幸市 コウイチ

Posted by かづなり at 2011年03月23日 17:35
yohachiさん♪お返事遅れてごめんなさい。
読んでいただけて良かったです、
絶対多数じゃないほうが間違っている、とは
いえないことです。今は政府もおろおろして
ばかり、マスコミは結局一般受けすることばかりの
垂れ流し、もっともわすれてはいけないことは
東電の罪です。今レスキュー隊や
自衛隊がいかに英雄かという映像ばかり
ですがわたしはひねくれものなので
その裏側の隠しておきたい部分が気になります。
そもそもレスキュー隊も自衛隊もお仕事を
しているのだと思うのでこれがもしか
まったく訓練を受けてないようなアマチュア集団が
同じことをしたのならいたく感動するでしょうけど。
東電の責任はどうなるのでしょう。
なぜ東電の人が自分たちで処理せず
命がけのお仕事の人たちを使うのか
そこのあたりからしっかりと目を離さずに
いたいですね。
Posted by ミチル at 2011年03月23日 19:03
さぁ〜ちゃん♪ありがとうございます!
もうそろそろテレビの報道も食傷気味、
何が本当で今一番大切なことは何なのか、
何かしらの操作があるのか、など本当に
自分で見極めるしかありません。そのためにも
現地で踏みとどまっている先生の記事は
非常に貴重です。わたしたち被害にあってない
側のほうがみっともなく買占めに走ったり
してテイボー先生のように肝をすえなくては
なりませんね。

父のこともご心配いただきありがとうございます。
本当に医者嫌いでまったく病院にいかなかったので
ちょっと良い薬になりました。もっともこれからは
断酒すれば通風もでなくなるのかな。
離れていると気がかりなことばかりです。
良い機会だから両親に一緒に住もうよと
話したのですが両親はいざとなったら
老人ホームに入るそうです(;_;)
Posted by ミチル at 2011年03月23日 19:22
satokoちゃん♪けんちゃんのくしゃみは
とまりましたか(^_^.)また雪になって
しかも今停電だし寒いので布団に包まって
充電しといたノート使ってます。
ほんとだよね、あの家なら水力発電
作れそうだ〜!都留に作ってる人が
いるんだって。今度調べて遊びにいって
みようか!
Posted by ミチル at 2011年03月23日 19:25
かづなりくん♪こういちくんが超シャイな
ことは知ってるでしょう!?それに
文字書けるの名前くらいだってことも(爆笑)
Posted by ミチル at 2011年03月23日 19:33
偉い先生ですね 長男夫婦も偉いですね・

炉心が爆発でもしない限り南相馬市辺りでは

そんなに危険ではないと思いますし

ほうれん草もたまには食べるでしょうね・

政府もアトで問題を突き上げられるのが怖くて先手先手に警報を出しているのでしょうし

僕としても同じ残留の道を選ぶでしょうね・

しかし自分はともかく息子娘まで説得する自信は有りません・

小学生の孫は学校が休校になってしまうので問題ですが・・
 
Posted by いさお at 2011年03月23日 20:51
いさおさん♪こんばんは。こんな時こそ冷静に
行動しなくちゃと思ってはいてもなかなか
できないことです。それに嵐のように
放射能汚染の怖い怖いという報道ばかり、
でも本当のことは小さな声でしか伝わって
来ていなことが真実ということが多々ありますものね。

息子さんご一家ももちろんご自身の意思で
おられるそうです。万が一の時の退路も
考えてあるそうです。でも避難所へ行って
今お住まいのところより安全かという保証は
どこにもないですものね。わたしも土砂崩れに
あい、毎日役場の防災課の人たちが様子を見に来て
避難してくださいと繰り返されました。
とてもありがたかったけど動物たちをおいて
どこにも行かれないし毎日断り続けました。
これが避難勧告から避難命令になると言うことを
聞かなくちゃいけないらしいです。毎日
来て勧告してくれたのはありがたいけど
そんなことよりこちらはひどい泥だらけの
工房のかき出し作業、そちらを手伝って
ほしかったですね。
Posted by ミチル at 2011年03月23日 21:31
先生のおっしゃること、皆さんのコメント、いろいろと考えさせられます。このような状況で、果たして自分は冷静に考えることができ、多数の意見に流されず、行動できるだろうかと。先生もご家族も、強い方たちですね。生活物資、食料が届くといいのですが。
ミチルさんのご両親、いざとなったら、老人ホームと言われるのも分かる年代になってきました。子供としては、老いた親が心配だし、親は子供に面倒をかけたくない。でも、面倒かけて、頼っていくほうが、子供や孫にはいいのかな。
Posted by けいこ at 2011年03月23日 22:09
けいこちゃん♪こんばんは。こうでありたい、と
思ってもなかなかできないことだと思う。
みんなが右向いたら右、左向いたら左、
でもテイボー先生は普段からきっちりご自分の
道を歩いておられてわたしにはそれが
とても魅力です。真実がぶれることなくこの
異常事態が一日も早く終息しますように。。

父も今は弱っているので良いチャンスと思い
提案したんだけど両親は顔を合わせてここまで
自由に暮らして来たのだからこの後はもう
老人ホームに入ればいいんだからと。
でもこちらは今も心配だし明日も心配、
もし入るならもう入ってほしいけど
やっぱりからだの自由がきいて好きなことが
できるうちは入らないんだからなんだか
毎日が気が気じゃない。かといって
わたしは東京に帰れない。ああ、ろくおくえん。。。。。(泣笑)
Posted by ミチル at 2011年03月23日 22:17
先ほど相馬に親戚のいらっしゃるチビちゃんのお父さんにお会いしました。
家は津波の被害は無かったけど、壊れてはいるけど住んでいるそうで、80歳を越えて一人暮らしだとか。
こちらに呼ぶ手段も無いと話されておりました。

話は変わりますが、こちらの皆様に盛岡の友人に沢山の援助をして頂き、有難うございます。
ご本人からとても喜んでメールが来ました。
皆様のお気持ち本当に嬉しく感謝しております。まだまだ大変でしょうが、無理の無いようにしてくださいませ。本当に有難うございます。
ミチルさんのお友達に沢山助けられております、ミチルさん有難うございますm(__)m

明日くらいから自宅まで荷物が届くようになるそうだと書いてありました。
盛岡まで届けば後はずっと楽になると思います。
また様子が判りましたらこちらに連絡いたしますね、本当に有難うございますm(__)m
Posted by sutemaru at 2011年03月24日 20:05
sutemaru先生♪チビちゃんのお父さん、気が気じゃ
ありませんね。未だに郵便物も何もかも
入ってこないから放射能の数値は下がっても
町はゴーストタウンだそうです。お年も
お年ですし、おひとりでご家族は心配ですね。
さきほどのテイボー先生の記事によると
避難所へ行っていた人もぼちぼち戻り始め
お医者さんも戻ってこられたそうです。
南相馬の今をテイボー先生が発信されていますので
もしパソコンがあるようでしたらぜひ
教えてさしあげてください。ご近所かも
しれませんものね。

先生、わたしたち自身が助けていただいたことを
思い出しています。あの時みなさんに
していただいたようにわたしもしたいと
思います。お友達はすぐに動いてくださって
います、かわいそうなさまよう犬や猫が
みんな暖かいおうちに保護されますように。

わたしもいただいて早苗さんからメールで明日から
おうちに届くようになるらしいとありました。
念のため明日明後日過ぎたら皆さんに
連絡しようと思います。あ。どっちみち
早苗さんの住所は書いていますから
大丈夫ですね(^_-)-☆
Posted by ミチル at 2011年03月24日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: