2011年01月09日

分厚い氷

元旦から家にいなくてずっと駅伝の
練習をさぼった野の子、今日は
久しぶりに朝ちゃんと起こして
学校へ送る。選手でもないのに
全員が招集されて毎日の
ように練習があったらしい。
先生たちも大変だな〜。
何日かぶりに8時前に起きたら
犬たちも猫たちも起きて来ない!
トラックも少ないので犬たちを
先に行く。てんちゃんが来てから
常時水をおいておかないように
しているので(ありったけの
水をおなかがぱんぱんになるまで
飲んじゃうから!・苦笑)外に
出てすぐのところに飲めるように
おいているが数日前から厚い
こおりが張っている。

015.JPG

何日か前からてんちゃんがずっと
気にしているどんぐりの木の下。
ただでさえ落ち着かないのに
ここに来るとさらにエスカレート、

010.JPG
めぐのあきれ顔(笑)

銀花は今日は下へ下りてから
植林地へ。でも青い草がほとんど
なくなってしまった。ここでは
しばし放牧。いつもは呼んでも
知らんふりなのに今日はポケットの
人参が効いている♪♪

024.JPG

昨日王さまが買って来た牧草を
下ろしたり、またしてもためて
しまった銀花ぼろをもらいうけて
くれる家に届けたり、午前中は
ほぼ肉体労働。ぼろ袋をうっかり
おいておいたら

026.JPG
口にくわえてアタマを上下左右、
ぶんまわすぶんまわす!!そういえば
こちらの銀花柵には銀花が遊ぶような
おもちゃを何も入れてない。山の
家の柵には古タイヤやバスケット
ボールを入れてやっていたけど
また何かおいてやろうか。
このあとこのぼろ袋を入れた紙袋は
壊滅的にやぶかれ、再起不能で
だびにふす(笑)

王さまは久しぶりに髪の毛を切りに
行き、夕方の部屋の皆さんのごはんも
わたしが。ミー太は人で言う「気ィ
使い」なので(笑)こうして持って
やって他に誰もじゃまをしないよう
見ててやればたくさん食べるのだ。
もんぷち一缶をぺろっと食べた。

030.JPG

二階ではちゃっくがひとりぽつん。
ご飯をあげるとみんなわらわら
上って来たけど。

033.JPG

この正月休みはすこし彫金をやろうと
思っていたのに、材料が不足していて
できなかった。今日やっと届いたので
夜はまたワックス原形を作った。
うまく鋳こめるか、細かい作業が
好きなので異常に集中して原形を
作っていると、あっさり失敗したり
するから、、、鋳こみは王さまに
やってもらおう。。。
posted by ミチル at 00:04| 山梨 ☀| Comment(6) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとに分厚い氷!さぶい〜。(>_<)

ロバさんって遊ぶのが好きなんだね〜。
あっ・・・服をかじったりするのも遊びたいから?
そっかぁ、んじゃ銀花に羽飾りを付けて、ミチルさんがタイツをはいて銀花の上でアクロバットだね!(^_-)-☆
Posted by さゆり at 2011年01月09日 11:13
さゆりん♪今朝も同じくらいの氷が張って
ました〜。でも!!体内温度が高めに設定
してあるのでなんか、寒さをあんまり
感じなくなってきた!更年期、とも言う(笑)

遊びと言うのかいたずらというのか、いたずらは
大好きだよ(^_^;)知ってる馬はしっかり閉めた
レンチのカギを鼻と唇でうまく外してselfで
散歩に行っちゃう子がいました!銀花はそこまで
賢くなないと思はれます♪服をかじったり
ちみっとするのは遊び半分怖いもの見たさ
半分なんだろうなー。ちみっとして顔を
思い切りそっくり返して逃げるから遊びたい
んだろうね。でもそんなイタイ遊びはお断りだぜ!

追伸・わたしがタイツをはくとぴーなっつ、
もしくはまとりょーしかになりますがどうしましょうか?(爆笑)

Posted by ミチル at 2011年01月09日 21:09
銀花の水は凍らないの?
氷舐めて舌が張り付いた奴はいない?
王様のサラリーマンカットを一度見てみたいもんだ(爆笑)
Posted by uniken at 2011年01月09日 22:03
ピーナッツってことは・・・!すごいくびれ?\(◎o◎)/!
ぼん・きゅ・ぼん♪
Posted by さゆり at 2011年01月09日 22:27
ウニちゃん♪銀花のところは日当たりが良いし
大屋根のおかげでこんな分厚い氷には
ならないよ!おかげさまさまでございます♪
張りついたら面白いな!そうだ!!!
リンゴとか人参とか入れて凍らせておけば
いいんだ〜!?(爆笑)

王さまのサラリーマンカットですか??
わたしも一度も見たことがございません!
それを言うなら今年は見てみたい、ニヒル氏の
ロン毛、ウニちゃんのさらさらセミロング♪♪
(ハラ笑!!)
Posted by ミチル at 2011年01月09日 22:28
さゆりん♪それはわたしがまだいたいけな
中学生の時だった。。。。当時よりかなり
太目な女の子だったわたしに母が用意したのは
こともあろうに、「妊婦用」のタイツ、しかも色は
ベージュ。。。絶対はかない、と意地になっていたのも
忘れ、当時は都下で部屋の中のぞうきんが凍る冬、
何事にもがまん、忍耐が足りないのは当時から
培われたいたわたし、母の目を盗みタイツを
はいて登校。さて、その日は朝から美術の時間で
校庭で野外写生。仲良しの友達と3人で
裏庭をうろうろしていたら男子生徒が数人
どこから拾ったのか長い竹を持って近寄って
来た。
この時点で何をするのかわたしはまったく想像が
つかなかった。

近くまで来るとニタニタしている顔が見える、
これは良からぬことをするに違いない、と察した瞬間だった。
長い竹はわたしのスカートの裾に入り竹を握りしめた
男子生徒数人によって立派に遠隔操作され・・・・・

ひとりの男子生徒が叫んだ。「○口、ピーナツ
ニンゲンだピーナツニンゲン!!」

いくら遠隔操作が巧みでもウエスト部分まで
めくれるはずもなく、この摸写ははかりしれない
太もも〜ひざのくびれ〜桜島大根の呼び名も高いふくらはぎ、の形態を指していたことは間違いない。

(ハラ笑!)
Posted by ミチル at 2011年01月09日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: