2010年11月23日

ハリポタ

甲府まで野の子の友達を連れて
ハリポタを見に行ってきた。
ハリーは子役ではほんとうに
はまり役だったけど成長して
なんか、「小さいオジサン」?
でも面白かった。今回のは2部作で
いいところで終わってしまった。
もう一度本を引っ張り出して読もう
かしらん。

7時ごろ帰宅。すぐナスを
しまって、銀花にご飯。今日は
暖かで夜になっても全然寒くない。
銀花は馬着いらないね。空には
雲から顔を出したお月さま。

101123_1927~01.jpg

部屋の中もご飯をもらってちっこに
出てああ、やっと落ち着いた。

101123_2012~01.jpg101123_2013~01.jpg

ダイも良い子だったかな。換羽で
顔までハゲハゲ↓

101123_2013~02.jpg

我が家に遊びに来たウニちゃんちの
フクちゃんが急逝してしまったそうだ。
一体何が原因で急死に至ったのか
ケコタンの時もそうだったけど容体の
変化に気がついた時には鶏はすでに
手遅れなのだろうか。土日とこちらに
しては暖かだったし、風邪を引いたとも
考えにくい。原因が分からないこと
にはウニちゃんだってやりきれない
だろう。しかし本来なら家畜として
飼われていた鶏である。それを個の
鶏、としてウニちゃん一家に愛され
心を開くことを許されたフクちゃんは
短い間だったがどれほど幸せな
鶏だったかと思う。

unityan 001.JPGunityan 006.JPG
フクちゃんのめい福を祈りたい。
ケコタンには再会できただろうか。





posted by ミチル at 21:18| 山梨 ☁| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウニさんのブログに行って、急逝をしりました。
本当になんでだろ・・・・。
ニワトリさんはものすごく身近な生き物なのに、こんなに難しい生き物とは最近まで知りませんでした。
オイラも小学生の頃、チャボを飼っていたけど、その子も急逝しました。
ウニさんご家族に愛されて、本当に幸せだったと思います。
ウニさんのご心痛、お察しいたします。
Posted by さゆり at 2010年11月23日 22:27
さゆりん♪鳥はどこか具合が悪くても
強がって我慢してしまうことが多いそうです、
なので人が気がついた時は手遅れ、、、おおむね
動物はそんなことが多いけどケコタンが
逝ってなぜフクちゃんまでがと思わざるを
えません。それでも短い一生を最後はウニちゃん
一家に家族として受け入れてもらって
フクちゃんは幸せだったと思います。
優しいフクちゃん、ただひたすら急逝が
残念で、かわいそうでたまりません。
Posted by ミチル at 2010年11月23日 23:04
ミチルさん御一家が救いに行った時点で、年齢も様々だったと思うのですね。
他の子の命を受け継いで来てくれた子達ですものね。
どちらのお家に行っても、それは比べられない位幸せだったと思いますよ。
Posted by sutemaru at 2010年11月24日 01:53
sutemaru先生♪おはようございます。だからなおのこと長生きしたらいっぱい楽しいことがあるのにほんとうに残念です。こんなにも急に死んでしまうのは何か特別な原因はないのでしょうか。以前飼った雄鶏は何事もなく14年生きました。みんな命を全うして送ってやりたいです。
Posted by ミチル at 2010年11月24日 09:49
もしかしたら15歳だったかもしれません、そう思ってあげましょう。
どの子もお二人に感謝の気持ちしかなかったと思いますよ。
Posted by sutemaru at 2010年11月24日 10:18
sutemaru先生♪そうですね、飼い主がいなくなってしまってニワトリたちの本当の年齢は誰もわかりませんもの。晩年は幸せだったのだから良かったですよね。家の子にしてくれたウニちゃんに感謝してます。
Posted by ミチル at 2010年11月24日 10:28
ミチルちゃん、フクちゃんのご冥福をお祈りします。
最後に、ナスくんと再会できて、楽しい思い出と一緒に
天国に行けたことが、せめてもの救いです。
きっと今ごろは、ケコタンと一緒にいて、
ウニちゃんや、ナスくんを見守っていると思います。
Posted by ミカママ at 2010年11月24日 13:02
ミカママちゃん♪そう考えれば良いんだね。わからないことは考えても仕方ないものね。あまりに突然だったけど亡くなる前日にわざわざウニちゃんが連れてきてくれてナスに会えて満足して旅立ったと思います。天国にはケコタンがいるから寂しくないよね。
Posted by ミチル at 2010年11月24日 13:21
鶏も慣れると走って寄って来るし、人慣れするね。最後にナス君と再会できたのは、よくいう虫の知らせということでは。もうウニちゃんとフクちゃんの魂はもうすぐ逝くこと分かっていたと思う。頭脳では分からなことが、魂は感じることができ、それが、後から考えると、あの時の行動や起こったことは、偶然ではないと思える。そんな考え方は変。
急死で悲しいけど、ウニちゃんに可愛がられて、幸せなフクちゃんでしたね。
Posted by けいこ at 2010年11月24日 20:15
けいこちゃん♪ニワトリもなつくしほんとうに
かわいい生き物だと思います、かわいい、と
いくら思っても「経済動物」だから
ペットとしての地位はまだまだ低いけど
なんでも飼えばかわいいよね。きっと蛇だって
かわいいと思う。

ふくちゃんがこんなに急に行ってしまうなんて
想像もしてなかったので悲しいのとびっくりと
二重です、ウニちゃんはもっとでしょう。
でもほんとうにけいこちゃんが言うように
虫の知らせで仲良しだったナスに会いに来て
なじみの柵で一日過ごして夜は工房で寝て、
思い残すことはなかったのかもしれません。
ケコタンの時もそう、今はあの惨状から
連れて来て短い間でも普通の生活をさせてやる
ことができて看取ってやれたので良かったのかなと
思えるようになりました。ありがとう。
Posted by ミチル at 2010年11月24日 22:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: