2010年06月29日

「さ、行くぞ」

 寝苦しい夜が明けて、今朝も
ムシムシ。昨日よりは少しましだけど。
野の子は大荷物に傘をさして
6時55分に出発。犬たちの散歩に
出たら母から電話、東京は晴れ間が
見えてきたそう。雨の中傘差して
うろうろするのはイヤだから
良かったね♪

小雨の山の道は霧が立ち込めて
見通しが悪いけど、犬たちを連れ出す。

100629_0843~0001.jpg
今日もトラックがいっぱい、すれ違った
リニアの人が犬たちと待機してると
すみませんと頭を下げて行く。
どうしようか迷ったけど銀花も
連れ出し今日も野原で草を食べて
早々に帰って来た。

100629_0923~0002.jpg

泥だらけの犬たちがそのまま上がる
部屋を掃除しひと息ついた王さまが
またしても唐突と、「さ、行くぞ」
だって、今日仕事じゃないの?
と聞くと、5週目だから休みにした、
と言う。で、どこ行くんですか。

ちょっと、スペインの王宮へ♪

100629_1325~0002.jpg100629_1336~0001.jpg
うっそ〜!実はここ↓
100629_1853~0001.jpg
千葉にある、川村記念美術館
http://kawamura-museum.dic.co.jp/

どこかで知り、王さまの中では
温めたいたらしいがわたしは
都留のホームセンターくらいかと
思ったからびっくりしたけど、
こういう機会でもないとなかなか
遠出できないからじゃあ、行こう♪
王さまもわたしもコーネルは最も好きな
作家だ。ジョセフ・コーネル

http://en.wikipedia.org/wiki/Joseph_Cornell
とくに王さまはコーネルが
日本で評価され始めたころからの
ファンでその昔、雅陶堂で作品を
実際に、動かして見せてもらった
こともあるそうだ。家には入手困難の
画集も何冊かあったのだが
土砂崩れで喪失してしまった。
非常に個人的な作品が多いせいか
詩人や劇作家などの評価は高いのに
美術家にはあまり知られてないように
思う。しかし、展示には作品の
横に詩人による詩が書かれており、
なんだか説明的でいやらしく感じた。
ない方がずっと良い。


川村美術館は大手のインク会社?の
美術館。良い作品がたくさんあって
びっくりした。中でもわたしは
マークロスコの作品群には息が止まり
心臓がばくばくした。しかし、ここまで
ぎりぎりに心をゆすられる作品も、
作者が自殺したとの王さまの
説明に心底がっくり。。。
 60〜70年代の現代美術は
王さまはめちゃくちゃ詳しいので
ヘッドホンより面白い解説付きで
のんびり回る。館内の撮影は
できないが、入口にあった
フランクステラの立体作品↓

100629_1326~0001.jpg

いや〜、良かったなー。久しぶりに
美術館に行ってみるのも良いものだ。
大きな企業が利益の還元にこういう
美術館をあっちこっちに作って
くれたらいいのに。何より
心の栄養、気持ちが豊かになれる。
もう少し近かったらしょっちゅう
行きたい場所だった。最初の写真の
ように庭もまるで公園。なつこい
ダチョウの他に白鳥もたくさんいた。

明るいうちに帰宅。4枚も敷いて
行ったペットシーツからてんちゃんの
ちっこはわざわざはみ出て、
残りのペットシーツは下手人の手に
(口に・笑)より、びりんびりんに
破かれ床に散乱!でもお前たちが
健康で元気だから遠出もできるよ、
お留守番ありがとうね!

100629_2031~0001.jpg100629_1839~0002.jpg



posted by ミチル at 23:05| 山梨 ☁| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でたでた王さまの気まぐれドライブ!
今回は映画ではなく美術館!!
さすが芸術家夫婦!久しぶりに夫婦水入らずでデートのようだったんじゃない?惚れ直しちゃった?たまにはいいよね♪
同じ印刷会社でも「社長の3月期の報酬が7億8700万円」って所もあるようだから、こういうところを作ってくれるのはありがたいね
お疲れ様でした!そんな王さま今頃サッカー観戦かな?
Posted by uniken at 2010年06月29日 23:32
ウニちゃん♪こういうフェイントのかけかたを
王さまはサッカーから学んでいるような
気もする(笑)
わたしたちもぼちぼち老後のことなど
考えてこうしてふたりで長い道中バトル
nothingで出かけられるようにならないとね^_^;
ちなみに帰りはわたしはぐーすかぐーで
無事でした♪さすがにほれなおすは
ありえませんが、同じ趣味で良かったなーとは
思いました♪♪それにしても良い
作品がいっぱいあって驚いた。(うちは
古典、具象より現代美術、抽象好き)歴代
社長の写真があったけどきっと良い
アドバイザーがいたのだろうね。山梨県立
美術館も種まく人に甘んじてないで
現代作家を見せてくれ〜!!
サッカーがんばってるね!ドキドキしながら
見てます。
Posted by ミチル at 2010年06月29日 23:54
本当に外国みたい♪素敵な美術館〜。
夫婦でデートだ〜♪
でも王様も美術館好きで良いなーと思います。
こっちの旦那さんは美術館行くと、頭が痛くなるんだって。(笑)
Posted by さゆり at 2010年06月30日 06:36
さゆりん♪オハヨー(^O^)/最近小さな気のきいた個人の美術館が増えたね♪でも当たり外れがある。この美術館は大当たり、さらに驚いたことに所蔵なんだって。美術館に行くと頭が痛くなってもキッチンでおいしいお料理作ってくれるだんなさんの方がわたしは好きだ♪♪♪(笑)
Posted by ミチル at 2010年06月30日 10:06
あれ!?ののちゃんいないのに早起きだ(大爆笑)
Posted by uniken at 2010年06月30日 10:18
さゆりん♪ぶはっ!!我が家の爆睡システムを良くご存知で!!大笑い!今日は王さまが10時には出るから寝坊したら全ての労働をひとりでしなくちゃならないからね〜(^o^;)
Posted by ミチル at 2010年06月30日 10:24
おぉ〜川村記念美術館〜。
昨年、悦丸が『静寂と色彩:月光のアンフラマンス』っていう企画展で招待作家として出品していたんですよ。
http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/200910_inframince.html
んで、私も行ってきました。ここからは小旅行のように遠かったけど、辿り着いてみると、とても気持ちのいい空間でリラックスしました。
文化的に何かしらを還元している企業って、好感が持てますよね。もっともっと増えて欲しいものです。
Posted by chin at 2010年06月30日 11:09
chinちゃん♪おお!?そうだったの〜!!ぜひ見たかったなー♪後ほどパソコンから見てみるね〜(^O^)良い美術館だけどちょっと遠いね、高速降りてえー!?うちもこんな畑の中にあるのって思いながらやっとたどり着きました。でも平日にも関わらずたくさん人がいた。庭園みたいなお庭だけでも一泊したい感じでした。あの美術館だけで川村インキの製品買おうと思っちゃっいましたよ〜♪♪
Posted by ミチル at 2010年06月30日 11:53
今、山の家に着きました〜こっちは涼しい!
川村記念美術館は大日本インキだったと思います。ムカシ葛飾区に住んでた時に何度か行ったけど、広いし、コレクションも独特だった。印刷業界も結構苦しいけど、良い美術館なんでがんばって欲しいです。コーネル(コー寝ると変換された・・・さすが)の作品展、先月か、もっと前に日曜美術館で見て、興味あったんですが佐倉は遠いよな〜と。。。
Posted by satoko at 2010年06月30日 20:53
satokoちゃん♪毎度おつかいすみません!
今回は忙しかったのに悪かったです。
そんなに前からあの美術館あるんだね〜。
今回の展覧会で初めて知りました。
入口のところに業界で使うような
色見本の展示の建物があったのでこういうのを
作ってるのかなと思いました、一般人には
あまりなじみがなさそうだったけど
ああいう美術品に還元してくれるのであれば
製品を使いたくなるよね♪♪コーネルの展示は常設の最後にあったのだけど常設も
良いものをたくさん持っていたよ。
欲を言えばあとサムフランシスが
見たかったねと王さまと話しました。
コーネルの展示は凝っていたけど
詩人の詩が絵の横にあったのは
ちょっと興ざめでした。洋書の
作品集買ってきたよ、それから王さまが
実は全作品集持ってるんだって!
いつでも貸し出しま〜す(*^_^*)

Posted by ミチル at 2010年06月30日 21:16
ウニさんのコメントのお返事、オイラあてになってるじょ〜(・・?
Posted by さゆり at 2010年06月30日 23:07
さゆりん♪あれっ!?今気づいた!
この際だからさゆりんもわたしの
ヨメになってもらおうかな〜♪♪

今朝パニくってた証拠ってことで(^^ゞ
Posted by ミチル at 2010年06月30日 23:41
みちるさん、おひさ♪ねずみ壁紙にかわってから初めての訪問です。こっちはかなりお疲れモードでまたおシリの調子がわるい;;。みちるさんところに癒しをもとめてやってきました^^

緑がきれいな美術館だね〜
関東には沢山いい美術館があるってきくけど、こっちではあんまり身近じゃない。そのかわり歴史的な建築物は京都や奈良に沢山あるけど。

ジョセフコーネルっていう彫刻家をはじめて知りました。ガラクタを集めたようなオブジェ、宮崎俊のアニメにでてくるみたいなオブジェ。宮崎さんはそれをヒントにしたのかな?

Posted by ワラビー at 2010年07月04日 17:44
ワラビーさん♪お久しぶり〜(*^。^*)わたしも
時々のぞいてるんだけど、通り過ぎてるだけで
スミマセン!お仕事忙しそうだね〜、もう
すっかり慣れましたか。ここに来ても
せいぜいおちりに鼻先突っ込まれるのが落ち
ですから(笑)でも早く良くなると良いね、
お医者さんは行ってるの?

この美術館初めて知ったのだけど
外観も中味もすごく良かったよ、
この頃こういう地方の個人的な美術館が
増えたね、こちらも山中湖とか河口湖の
周辺にはいっぱいあるけど高いしその
お金を払って見る価値があるかというと
わたしには??です。大阪なら良い美術館が
たくさんありそうだけど。

コーネルの作品は不思議で、子供がぎゅっと
握った手のひらから大切に出てきそうで
とても好きです、そっちでもしか展覧会が
あればぜひ、見に行って見てください!
あまり知られてないけどコーネルに影響を
受けた作家や詩人はたくさんいるみたい。
Posted by ミチル at 2010年07月04日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: