2010年06月14日

梅雨入り

 今日から関東甲信越も梅雨に入った
そうだ。おりしも朝から激しい雨。
天気予報を見て午後も雨、明日も
80%の確立で東京は雨だそうだから
実家の両親にメールして実家行きは
取りやめた。そうなるとなんとなく
のんびりしてしまうけど、少し
小降りになったのを見計らって
久々、合羽軍団出動♪

100614_0914~0001.jpg
雨もイヤ、合羽もイヤだから
てんちゃん以外テンションが低い。

銀花はさすがにムリだからね。
前にウニちゃんが合羽を作って
くれたけど

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/119829540.html
敷地全体が斜面なので、駐車場に
上がる銀花ロードは特に急坂で
雨の日やぬかるみのひどい時は
滑りそうで銀花を連れ出せない。
でも、行水をするようになって
それほど水がオソロシイものでは
なくなったらしく、背中や頭が
ぬれているのは大屋根から出て
うろうろした証拠だね↓

100614_0800~0001.jpg
タオルで拭いてやろうとすると
怒って逃げる。うちに来たばかりの
ころ、よくぬれタオルで拭いて
いたのだけど、ブラシかけは
好きでもタオルでごしごしするのは
嫌いな銀花。そのうち慣れさせて
やろう、と思っている。

実家に行かないことになったし
工房へ行こうと思っていたら王さまが
唐突と、「さ、行くぞ」と言う。
何年つきあっても良く分からない、
王さまのアタマの構造は??(笑)
どこへ行くのかと思ったら銀花の
牧草を買いに上九へ。まだあるけど
行かれる時に行かないとこればかりは
ホームセンターでは買えないから。
富士五湖道路がタダになったような
話を聞いたので大月から乗ったら
タダじゃなかった〜!くそー!!

でもお昼になると農協の人がいなく
なっちゃうので時間的には高速に
乗って良かった。ぎりぎりセーフで
いつものようにチモシーのハーフを
2つとでっかいオーツを1つ、
デリカに積んでもらう。体育館より
大きな倉庫、銀花が来たころ、
天井まで牧草でいっぱいだったのが
この頃すかすか。日本の酪農は
本当に大変な時なのだと思う。

100614_1159~0003.jpg

口蹄疫の予防に上九でも必死。
一番大きな交差点にはもちろん、
小さな脇道のような辻々にも
たっぷりの消石灰がまかれていた。
農協のあちこちには予防のための
チラシがあちこちにおいてあった。

100614_1206~0001.jpg

2時近く帰宅。3時ごろから工房へ。
今日はナスを出してなかったので
サークルから出してやると

100614_1515~0001.jpg
この頃高いところに上がることを覚え
なおかつ気に入っているらしい。
ずうっとここにとまって背後から
機織りを見学してた(笑)

CDをかけるとけたたましい声で
背後からこけっここぉぉぉぉぉぉ!!
ほぼ、絶叫だ。まぁいいけど〜。
と思っていたら工房へ来客。リニアの
なじみの責任者の方たちだった。
数日間トラックの往来が激しくなると
知らせに来てくれた。リニア関係の
トラックに関してはうちのことを
話してくれてあるので皆さんちゃんと
減速してくれるからいいんだけど、
林道工事の地元の業者の方が
ぶっ飛ばすから怖い。
 それから先日の鹿は交通事故でなく
始末に来たテッポーの人の話しで
お尻から銃弾が打ち抜かれていたと
言う。増えすぎた?害獣??
・・・じゃ、人間は?
posted by ミチル at 22:27| ☔| Comment(17) | お食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらも雨の予報でしたが、結局降りませんでした。
子どもたちに傘を持っていくように言って持たせたのに、忘れて帰ってきちゃった・・・・。(^_^;)

以前朝の5時前だったかな、口蹄疫第一号を出した豚舎の持ち主の方が撮影した内部映像をテレビで見ましたが、本当に何とも言えず・・・・。
30年以上養豚をして以来、こんなことは初めてだと。
なんとか収束してくれると良いですね。

ナス!ミチルさんの監視役だね〜。(笑)
ミチルさんがさぼらないように!(*^-')b
Posted by さゆり at 2010年06月14日 22:47
梅雨に入っちゃったか〜いやだな〜・・・
そうだっ!なるべく家から出ないようにしよう!!
先日の鹿は撃たれたの??ミチルさんも口蹄疫もしくは害獣駆除名目のハンターには気をつけてね・・・だって・・・・・・

明日は朝からsutemaruお母さんに無理やりくっついて駿に行ってきま〜す♪
Posted by uniken at 2010年06月14日 22:55
さゆりん♪こちらは結局終日雨、今もまだ
降ってます。それに寒いよ〜。うちは
家族そろってすぐ傘を忘れる。だから
300えんの透明傘以外購入不許可(^_^;)
口蹄疫落ち着いたと思ったらまた出ちゃった
らしいね、先日前の道で会ったリニアの
人が宮崎で酪農をやってるおうちなんだって。じゃあ大変ですねって言ったらうちは
離れてるから大丈夫って言ってたけど
心配してます、一日も早く終息しないと
本当にブランド牛は消えちゃうね。。。

ナス、、、わたしが織ってる後ろから
まるでせかすように「こけこっこぉぉぉ
ぉぉぉぉ!!!」(爆笑)
Posted by ミチル at 2010年06月14日 23:53
ウニちゃん♪カメルーンから一点
奪ったところで前半終了♪王さまが
サッカー大好きだから一緒になって
盛り上がってしまった(笑)

梅雨=MUな我が家だからもう、戦々恐々と
しております、そうだっ!なるべく
家にいないようにすればいいんだ!!(爆笑)
猟期はとっくに終わってるのに結局
仲間内で「害獣」の申請しあっている
らしい。こんな山の中どっこも畑なんて
ありませんから!!この調子で一年中
てっぽーぶちされたら都心のマンションに
引っ越したくなるよ。。。

明日もお出かけですか?(笑)皆さんに
よろしくお伝えくださいね〜(^◇^)
Posted by ミチル at 2010年06月14日 23:57
ミチルちゃん、おはようさん♪

こちら、雨はまだだけど、もうすぐドカ〜ン??と降りそうな空です。

お揃いのカッパでワン軍団の散歩ですね。
哲のカッパは、ナイロン風呂敷です。
散歩に行こうとしないので、傘を傾けると終わり…。
6月から一部の高速道路が無料化が中止になったのかしら?
野生動物の被害が大変な事は分かるけど、野生動物を増え過ぎたと始末する人間のエゴを感じます。
口蹄疫病が早く治まってほしいですね。
Posted by さぁ〜ちゃん at 2010年06月15日 09:14
さぁ〜ちゃん♪オハヨーございます(^O^)/こちらも真夏みたいな良いお天気になりましたよ〜、夕べはすごく寒かったけど今日は汗だくです。犬たちは合羽イヤだけど着ればお散歩行かれるから仕方なく、ですね(^o^;)なるほどビニール風呂敷!そっちの方が良いかも♪てっちゃん暑いからちゃんと自分で体調管理してるのかもしれませんね。人も動物も年取れば暑さに弱くなるからおんも出たくないのかも。わたしだって出たくない(笑)野生動物が畑荒らしたって騒ぐけど誰が人間の土地と決めたのでしょう?もともとは動物たちのテリトリーにどんどん人間が入って行って害獣呼ばわりはあんまりです。動物たちが口をきけたら何と言うでしょう?おごり、うぬぼれ、調子乗りすぎが結局自分の首を絞めるのにね。
Posted by ミチル at 2010年06月15日 11:11
今回はこの投稿は止めようと思ったのだけど、一昨日このブログを読んでいた時でしたがNHKでエゾシカの被害の放送をしていました。京の春日神社のシカの被害とか日光のお土産店の猿の被害とか放送して居るの見たこと無いですか?

私自体13年前まで銃砲所持者で猟友会では役員を務めてきました。
ハンタ−が嫌われるのはマナ−を守らないからです。本来厳格な法で定められた決まりがあるので、破ったり失敗したら犯罪者になることを軽く考えて居るのです。

今回のシカは有害鳥獣駆除で他の場所で銃弾を受けこの場所まで水を求めて降ってきて息絶えたのでしょう。

シカの被害は適正生息数の数倍に達していますから放置すれば、山林は荒れて土砂崩れが各地に発生する状況です。

私のデジブックで、群馬県南牧村の限界集落というのをアップしました。
集落の廻りは形ばかりのネットで延々と囲われています。シカの糞が凄いです。

夫の両親は無論、夫にも先立たれ、子供たちは都会で、一人ぼっちで暮らすお婆さんが耕すわずかな野菜畑、其れさえシカの被害に晒されるのを、どのように感じますか?
集落には人が居ません、空家ばかりですからシカの方が多いでしょうね。

足尾の方に行けば、道路に猿が沢山居ます。
30匹位が道路の両側でこちらを見て居る場所を自転車で通れますか?歩いて近くへ寄れますか?二階のベランダへ乾した洗濯物取り込もうとサッシを開けたら
デカイ猿が数匹こちらを見て居る。ベランダで出られますか?

ヘリコプタ−で雪の草原を走るシカの群れ、
牧場の牛よりも遥かに密度が高い、
数十頭が一斉に雪を蹴立てて走る、こういう景色や・・
私は田舎へ行きますから実際、被害に有って困っている人達と遭って話を聞いてますからね、イノシシなんか50坪くらいのイモ畑を
一群れでやってきて、一晩でそっくりひっくり返す。

農業収入は低い、若い人は都会へ出たら戻れないのです。
その低い収入も労働時間は反比例して手がかかるのです。
異常繁殖してしてしまい加害者にならざるを得ない野生鳥獣を如何にして適正生息数にするか、どのような考えを持ったら良いのか一緒に考えてみませんか?

若しも知らないなら恥かしい事ですから承知してて下さい。
奥日光小田代ケ原は国立公園の湿原です、湿原がそっくりH4m程のネットの塀で囲われています。
荒らされた湿原は元へ戻るのに数百年掛かるそうです。
霧降高原も山が延々とネットの塀で囲われています。日光キスゲが全滅の危機に瀕したからです。
中禅寺湖畔の千手ケ浜のクリンソウ自生地では、食害で全滅してしまい、ネットで同じように囲って苗を植えて群生した頃の状況に戻したのです。
シカの被害や生息数の事、正しい知識を持ち
「子宮で物を考える」のはやめましょう。怒らないでくらはい。

南牧村の背中が曲がった笑顔の優しいお婆さん、皆さんのシカに対する意見を聞いたら
眉を顰めて、きっとかなしそうに「貴方達は関わりないですからね」っていうと思います。
http://www.digibook.net/d/b3d48f57a01db0942717705364a2af49/?viewerMode=fullWindow
Posted by あき at 2010年06月15日 15:25
再信、
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/shika/seisokusu%20kanri2.htm

私は、意味無くシカを殺せ、なんて主張していませんからね。
ちなみにシカの肉は価値がないです、毛皮も駄目です。
Posted by あき at 2010年06月15日 15:39
あきさんへ
鹿や他の動物での被害があることは私もニュースなどで耳にします。
本当に駆除しなければ生活を脅かされる所もあるのでしょうから、それは仕方がないことだとは理解ができます。しかし、畑が荒らされているわけでもない、苦情が出ているわけでもない所での有害鳥獣駆除という名の無駄(娯楽)と思える処分に引っかかっているわけで、他の地域の駆除をも否定しているわけではありません。あきさんの言う「ハンタ−が嫌われるのはマナ−を守らないからです。本来厳格な法で定められた決まりがあるので、破ったり失敗したら犯罪者になることを軽く考えて居るのです。」を立派な資格を持ったハンターの方々はどうお考えなのか知りたい所です。
Posted by uniken at 2010年06月15日 21:26
あきさん♪お返事遅くなりました、お返事が
長くなると思い昼間携帯からは控えました。
まずおっしゃるようにハンターのマナーの
悪さ、これは決定的なことですね。わたしが
知ってるだけでもこの小さな村落で数え切れない
ほどの法律違反があるのではないかと思います。犬たちに関してもしかりですが
それを訴えれば犬がどのようになるか
明らかですからわたしは言いません。

それからこんなことは言うのもばかばか
しいことだけどこれだけ文明が発達した
人間社会で野生動物たちは圧倒的に弱者
です、わたしの子宮はいつも「一番の弱者」
の側に立つよう強く命じます(笑)

野生動物のために被害に合われている方は
大勢いるでしょう。しかし野生動物を
責める前に、人間によって
被害を蒙っている人や動物はどれほど
いるでしょうか。日本で言えば
中国地方のツキノワグマの絶滅が
新しいことでしょうか。これだけ山をいじり
植林と河川工事の繰り返し、食べるものもなく
里へ下りたら即害獣、そもそもこれは自然を
こんなにしてしまった、わたしたち人間の
人災ではないでしょうか。山のことは
以前暮らしていた神奈川で地元の友達が
野生動物を里に下ろさないために
山の植林に関してハチ巻き状に自然林を
残す提案をしたそうですが却下された
そうです、なにもかも利権につながって
いるのですね。
野生動物と共生を目指す、シートン動物記の
翻訳で有名な動物学者の今泉吉晴先生は
岩手で野生動物と共存する畑を目指して
いらして色々な方法を試行錯誤して
いらっしゃいます。以前その記事が
手に入ったのでわたしはコピーして
村友たちに渡しました。撃ち殺す前に
まだまだできることはあるのでは
ないでしょうか。これからの時代は
「人間にとってじゃまなもの→排除」
の思想ではやっていけないようにわたしの
子宮は警鐘を発して止みません。

お時間があります時、こちらのサイトを
ご覧になってほしいです。
http://gentlethunder.sblo.jp/

でもかつてハンターの側だった
あきさんとこういうお話ができることは
とても嬉しいことです。ありがとう
ございました。
Posted by ミチル at 2010年06月15日 21:54
ウニちゃん♪ニュースは人間のものだからね。
人間に都合のよいニュースしか流れて
来ないと思ってないとね。野生動物の
数の把握自体、戦前の記録だったりする
からね。それから畑が荒らされているけど
その畑は食べる人もいなく、作ったは
いいけど食べる分はほんのぽっちり、
残りの大半が腐り果てて行く畑がこちらは多い。
王さまとそんなの野生動物に食べさせて
やればいいのにね、とよく話してます(笑)
穴熊猟に関しては嬉しそうに目を輝かせて
ずどーんずどーんと打つと気持ちが
いいんだ〜と話すおっさんに立ち話を
され、吐き気を催したことがあります。
ほかに方法がないならまだしもそちらには
力を入れず害獣即駆除はわたしの中では
ナチスそのものです。
Posted by ミチル at 2010年06月15日 22:04
私の投稿みたいな主張を始める人は、此処には誰も居ないからどうなる事かと内心思っては居ました。
まず、ウニちゃんへお答、
子供達が東京にいる時は家内と良く出かけましたが渋谷の道玄坂等は、現在では信じられない物凄い量の煙草の吸殻がまるで撒いたように歩道に落ちて居ました。
既にモラルという表現なら、喫煙して公道上に吸殻を捨てるという行為が良くないのは誰にも解っていたのです。
でも相変わらず汚かった。その後都の条例で罰金刑が決まったりしたのは10年以上後でした。
個人が躍起になったり通行人に注意をしたって駄目だったと思うし、喫煙者の誰もがポイ捨てをやるかといえばそんなこと無かったのです。
ミチルちゃんへ
http://www.onishi-hideo.com/gikai/toki/toki200711_1.pdf#search='シカの被害'

シカは一時減ったのです、其れが如何してこの様になったか、其処が肝心なんです。
熊の生息数は増えていません、でも熊は人里へ降りてきてしまいました。
大日本猟友会では捕獲自粛を要請して居ます、絶対数が増えないのに過去に姿を見せなかった尾瀬沼にまで出没して居ます。

解りやすく言えば、10匹きり暮せないテリトリーに30匹の動物が居るので、20匹削除しても又元に戻る。放っておけばいずれ10匹に戻るだろうが、其れまでの過程で失われたものは、動物も人間も均衡のとれた二次被害の無い時代には戻れないという事でしょう。
冬眠から目覚めたばかりのクマを撃ち殺すのが楽しい人では、そういう思想では解決なんかできないのです。
だからと言って、只可哀そうでも事は解決しませんね。
其れから日本オオカミは絶滅しました、巷で知られるオオカミの悪役評は過ちで、人間の生活に悪影響はなかったそうです。
オオカミの絶滅も生態系のバランスを崩した大きな一因だそうです。外国では生態の良く似たオオカミを輸入して放ち生態系のアンバランスを解決した国もあるそうです。
今回は是で終わりにしましょう。お休みなさい。
Posted by あき at 2010年06月16日 00:12
あきさん♪いろいろ教えていただき
ありがとうございました(*^。^*)
人間も動物も自然の一部ということを
忘れてはいけませんね。
Posted by ミチル at 2010年06月16日 00:24
最後の結びで一言、読み返したら私の文章が一番意味不明でした。
ウニちゃんへの返答。
有害鳥獣駆除は、
一度申請を止めたら住民から陳情が無い限り許可が降りません。
駆除には(安い)予算が見込まれ猟友会へ経費が支払われます。
だから、
☆被害なんかあろうが無かろうが、猟期以外で其れも遥かに猟荷の確率の高い駆除だから
行われるのです。

駆除の陳情がある地域では猟友会員が歳を撮って無理でも他行政地区の人は手を出せない法で、猟期以外何ともなりません。

>人間も動物も自然の一部ということを忘れてはいけませんね。

はい、原因を作ったのは人間ですから、この言葉を結論にしましょう。では又。
Posted by あき、 at 2010年06月16日 09:47
あきさん♪わたしの身勝手な考えにも耳を傾けてくださってありがとうございました(^O^)/わたしは人間が動物より偉いとは全然思えない人間です。かと言って何もできないけど気持ちだけはおごらず謙虚でいたいと思います。
Posted by ミチル at 2010年06月16日 10:07
あきさんへ
私なんかに詳しいご返答ありがとうございました。
有害鳥獣駆除の妙な連鎖をどこかで食い止めてほしいですね。
人間にとっても動物にとっても自然にとっても無理、無駄のない世の中を切に願います。
Posted by uniken at 2010年06月16日 11:34
ウニちゃん♪その申請も結局ハンターがしてることがあるからね、さらに町議が猟友会の重鎮だったり。長いものが幾重にもとぐろを巻いてる世の中だからなおのことわたしは動物たちに味方してやりたいのです。
Posted by ミチル at 2010年06月16日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: