2010年04月22日

国立新美術館

 昨日とは打って変わっての冷たい
雨降り。ストーブをつけたら張り
付いている犬たちだけど、お散歩に
行けば嬉しくて仕方ない。雪が
降ったりおかしな春だけど
ただいま、緑がバクハツ中。

100422_0902~0002.jpg

大急ぎで掃除を終えて、都内へ。
高校時代の恩師の展覧会が六本木の
新しくできた美術館で開催中。
東京育ちでも六本木なんて数回しか
行ったこともない王さまとわたし。
調布で車をおいて電車とバスで行く
予定だったけどわたしが運転に
なったら「やっぱり車で行こう」
しかし、東京に入って間もなく、
「コワくてとても乗ってられない」
運転を代わってくれたけど!(笑)
 父の車は4〜5年前のなので
当然ナビも古い。行きつかず、
安い駐車場があったので入れて
一駅地下鉄に乗ったら乃木坂の駅から
直接美術館につながっていた。

テレビのニュースで見たことあるぞ。
この前都議選に出た亡くなった
建築家の人が作ったんだったな。

saitosense 008.JPGsaitosense 009.JPG
素晴らしい建築なのかどうか
わからないけど、不景気でにっちも
さっちも行かない国がこんな建物を
作ることができるのか、疑って
みたくなる。

公募展はふたつ入っていて、先生は
春陽会。
http://www.shunyo-kai.or.jp/
わたしは公募展って出したことは
ないけれど若いころ自由美術に

http://www.jb.vis.ne.jp/official/
出していた王さまにいろいろと
昔話など聞きながら先生の作品を
探す。しかしすごい数と作品の
大きさだ。入口に展示場所が
張ってあったのに迷うほど。
先生の作品の前で

saitosense 004.JPG

先生にはお目にかかれなかったけど
見に行かれて良かった。なんだか
わたしもまた絵を描きたくなった。
先生のサイトはこちら。

http://members3.jcom.home.ne.jp/yusaizyuku/
去年自分の展覧会の時、みんなで
先生のアトリエに押しかけた。
その時壁面にかかっていた油絵が
今回の出品作だったのだ。

 今のわたしがあるのは、すべて
高校の時、油絵やデッサンで
鍛えてもらったからだ。改めて
感謝の気持ちでいっぱいになった。
物を作る基本は絵だと思うから。
いろいろなことが自由にならない
高校生の時、3年間みっちり
絵を教えていただいたことは
本当に財産だと思う。時間を作って
いつか先生のアトリエに通いたいな。

野の子が5時だったのであわてて
帰って来たけどあのあたりが
今いちばんナウい場所らしい(笑)
そういえばフジテレビの見たことある
建物もあったな、と言ったら
野の子がうらやましがっていた。

おまけの写真↓
猫たちがあまりに熱心になぜか
レンジ周りにカケショーネをするので
ねこよけの屏風を作ってもらった。
しかしこれが重くて大変〜。でも
お料理中はこうして、犬たちの
キッチン立ち入り禁止壁にも
なるんです(泣笑)

100422_1723~0001.jpg
posted by ミチル at 22:20| ☔| Comment(11) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
物を作る基本は絵だと思うから・・・そうです そうなんですよね〜
だから私はいまいちひらめかないんだと思う。
伝えたい形をえにできない・・・描けない・・描けないんだよぉぉぉぉぉ〜〜〜
ツリーのことで伝えたいことがあるのにぃぃぃ〜〜

あの〜屏風がここにあるとトイレに行かれないんですけど〜
Posted by uniken at 2010年04月22日 22:50
基本は絵・・・ですか・・・。
私も絵は苦手だなぁ。(-_-;)

衝立てがあると、一番困っているのはゆりだね〜。(笑)
おいちいものから遠ざけないで〜!byゆり
Posted by さゆり at 2010年04月22日 22:59
ミチルちゃん、また今日みたいな寒い雨の日に上京…たいへんお疲れ様でした(^^;)
春陽展で見た先生の絵、アトリエで見た時と変わっていて、また新鮮な気持ちで見させていただきました♪
それと、キッチン侵入禁止の壁は、バリケードみたいだね!?…ワンコ機動隊が突入しそうU^エ^U/
Posted by ミカママ at 2010年04月22日 23:21
ウニちゃん♪それはね、まずは自分が
絵が描けないってコンプレックスを
捨てることから始まると思う。
いろんな意味で絵心って言うけど
絵が描けるとか描けないとか
そういう話じゃなく、「思い浮かべること」が
できるようになることだと思うの。
だから苦手だから遠ざける、のではなく
積極的に思い浮かべることができるだけで
自分が作りたい物の幅が広がると思う。
描けないって決めちゃわないで自分が
思ったことを描くなんて数学よりずっと
簡単だと思うよ。だって正解は自分の中に
しかないのだから♪♪
Posted by ミチル at 2010年04月22日 23:44
さゆりん♪子供に絵を教えてていつも
思う。絵を描くってものごとを
組み立ててみることができるように
なるんだよね。絵に限らないけど
何か作ろうと思う時先を見る、工夫を
考えるのはわたしの場合絵が基本に
あるような気がします。でも本当は
↓ウニちゃんに書いたように、
ぱっと頭の中に浮かぶと考え込まずに
できるってことなのかもしれない、
少なくともわたしにとっては(笑)

このついたては普段はれんじをぐるっと
囲んでおいていて、それが重いのなんのって!!
だから、ますます料理から遠ざかるので
ございます!(爆笑)
Posted by ミチル at 2010年04月22日 23:51
ミカママちゃん♪この間みんなと一緒に
行かれなかったので今日行ってきました!
先生には会えかなったけど良い刺激を
受けて帰ってきました!わたしもまた
小さなスケッチブックを持ち歩こうかなと
真剣に考えております♪♪出口のとこに
あった先生の絵欲しかったけど高くて
買えなかったので絵ハガキを買って
きたよ〜(^v^)

このついたてに時々猫たちが3匹くらい
まとめてぶら下がってそうすると
ばった〜ん!!って倒れて犬たちは
待ってました♪と侵入してくるので
あります(笑)
Posted by ミチル at 2010年04月22日 23:55
絵は得意でしたが、強制的に机に向かう状況(ノート落書きタイム)がなくなって以来、描けなくなりました。
描き始めたらまたできる!と信じていても描き始められません、頭の中も混乱したまま…(悲)

屏風、やっぱりバッタ〜ンするんですね〜。
・・・ふふふ・・・はじめ猫、つぎ犬、の共謀大作戦は笑えますぅ・・・お疲れ様です(笑)
Posted by もんがら at 2010年04月23日 08:26
もんがらさん♪おはよーございます(^O^)/絵というと構えてしまいがちだけど思ったこと浮かんだことを伝える記録するのに文章考えるよりずっと簡単だと思うのですよ〜。絵は正確がないし自分にとって良ければ良いと♪ぜひまたいたずらかきしてくださ〜い♪♪

うちの猫と犬は連携プレーを得意としてまして犬にいたずらされないよう高い場所におく→猫が落とす、が一番スタンダードで圧巻はいただいた花束を花瓶にさして高所に設置しといたら猫→落とす 花瓶→破壊 花→犬たちが食い尽くす ですかね〜(爆笑)あっ昨日はね、机の上にたくあんおいといたら猫が落として犬たちがタッパーかじりあけて全部たべちゃった(泣笑)
Posted by ミチル at 2010年04月23日 08:45
乃木坂上京、新鮮だったでしょ? 私も日野の田舎人だから、この間は久々にあ〜あ、都会!って思いました。

ところで、高校時代からピアノの先生に、絵と音楽は密接な関係があるから、絵を沢山見なさいって言われてたよ、で、見にも行っていた。(ピアノの先生のお父さんは画家だったしね。)でもね、昔から何時も絵が描ける美術科の子達が凄くうらやましかったんだ。ピアノを弾くのは、楽譜を通して、作曲家の言いたい事プラス自分の表現だけど、絵が描ける人は、ゼロから自分で描いていくわけだから、そこが凄い。だから、みんなは今でも何か物作りしているしね。この間、みんなと久々に展覧会に行って、あらためて、絵が描けたらいいな〜って思いました。どうしてみんな描けるの? ^^;
Posted by kato at 2010年04月23日 09:45
おっと忘れた。 ミチル、後ろ注意! ワンコ軍団が、バリケードを壊そうと、必死かもよ。(笑)
Posted by kato at 2010年04月23日 09:47
katoさん♪おはよー(^O^)/今日も寒いね〜。いや〜六本木はそれでも数回は行ったことがあるけど乃木坂は生まれて初めて行ったよ。かえって地方出身の人の方が都内は詳しいね〜(^o^;)あまりの人の多さに少なくとも車で行く場所じゃあないねー。最初たどり着けないと思ったが何とか先生の作品見れて来られて良かった♪♪絵もきっちり正確に描く人もいるし音楽だってフリーのジャズの名手もいるし(セシルティラーって聞いたことある?)いや、クラシックだってグールドみたいな人もいるし本来は自由なんだろうね。わたしは楽譜見て初見ですらっと弾けちゃう人の方が驚愕だよー!!またいつかリサイタルやんないの?犬も猫も今日は寒いから幸いなことにストーブぺたりんこで〜す(^_^;)
Posted by ミチル at 2010年04月23日 10:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: