2010年02月24日

8枚綜絖

 サーバのメンテナンスが予定を大幅に延長していて今日の夕方
やっと開けるようになった。ブログも04からほぼ毎日
書いてるから、ある意味ボウビ録にもなっているので
アップできない日があると、ちょっと不安になる。と、言いつつ
昨日も今日も別段何事もなく、ただ昨日も今日もてんちゃんは
放さなかった。確かに野原のところに来ると放してもらえる
つもりになって勝手にだだだだっと野原に駆けあがって行こうと
する。そうは問屋がおろしません、びびびっと伸びきった
リードに振り向き笑顔が曇ったてんちゃんだけど、また
日曜日トラックが来ない日になったら放してあげる。
今朝のお散歩。相変わらずアヤシイ犬たちとアヤシイおっさん↓

100224_0848~0001.jpg
ゆりはほぼおなかは治ったけどガツガツ・ガッツはさらに
増進して、おやつを出すとがぶっと手にも歯を当てる。
わたしはいちいち叱ってそうっと前歯でとるまでは渡さないのに
王さまはゆり、ゆり、とおやつをチラつかせてフェイントを
かけてほかの犬の口に入れちゃったり、ゆりが身構えてるスキを
ついてゆりがのけぞって後ろにひっくり返るほど、ずぼっ!!と
ゆりの口に突っ込んだりしてニタニタしてる。結局めぐだって
わたしが先生について(大石先生のサイトはこちら↓

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/4148/dog_top.html
一生懸命いろいろ教えても、王さまと野の子がいちばん
「しつけナシ」だったりする(爆笑)

 今日もトラックが多いけどちょっとだけ銀花も連れ出した。
銀花はちゃっぴが来るのを諦めたのか、あまり立ち止まらなく
なったけど、うしろの方で音がするとふりむいてしばらく
待っている。

100224_0924~0001.jpg

 部屋に戻ると今日はぽかぽか陽気で猫たちはそれぞれの
場所で日向ぼっこ。これは我が家の守り神?Qちゃん。
下から見上げるとさらに迫力満点↓(別名だいふくもち・笑)

100224_1056~0001.jpg

 東向きで日当たりのよい子供部屋ではななとろが
お気に入りの場所で気持ち良さそう↓

100224_0951~0001.jpgズーム100224_0951~0002.jpg
(笑)

 昨日また3キロミルワームが届き、たっぷり食べて
ご機嫌なダイ↓

100224_0947~0001.jpg
目の前で口笛を吹くとこんな不思議そうな顔をする。

さぁ、今日も張り切って工房へ。もういい加減何とかしたい。
それで先日王さまに相談したところ、俺なら上から吊るすと
わたしが全く考えてもいなかったことを言う。そうか。それなら
単純だし直接人力だからうまく行くかも、という期待をこめて
昨日からまたやり直していた。先を見るアタマも目もないから
昨日は思い切って下を外し、1枚ずつの綜絖に1枚に一本の
紐を上からつけてそれをタイアップしていた。ところが
1枚に一本だとそれを4通りにあっちこっちから引っ張るので
(タイアップは一本の踏み木に4枚だったので)紐がごちゃごちゃに
なってスムーズに上がらない。そこで今日はまたさらに
改良を加え、面倒だけど紐をタイアップするだけ、1枚の綜絖に
4本つけてごちゃごちゃにならないようにまとめてみた。
そしたら昨日よりずっとすっきり綜絖が上がる!!!!!!
やったー!!かれこれ10日、この機のことにかかっていて
ほかのことは何も手につかなかった。完全にできたのか、もう
自分に疑い深くなっちゃって、何度か引っ張ってみて
大丈夫なようなのでウキウキと浮足立って小管を巻いて
織り始めてみた。まだ綜絖の高さや引っ張る紐の長さが
微妙に違ってたりできちっ!と、びしっ!と、きれいに
決まらないけど、でも織れる!!織れる〜!!!嬉しくてすぐ
さゆりんに写メを送った♪この機の改造にわたしが使った糸の
総延長は100メートルを超えていた!(爆笑)

100224_1631~0001.jpg8枚の柄→100224_1734~0001.jpg
引っ張るのに4枚同時だから結構力がかかり、手の平が真っ赤に
なったけど、そこはいずれ滑車をつけるとか、紐をタイアップした
ごとに細い管に通すなどまだまだ改良点はたくさんある。でも
こういう原始的なことをやってみると、あこがれのダマスク機
(たぶん中古車1台くらいの値段だと思う!)も、仕組みさえ
わかれば作れそうな気がしてくるから、、、、、、、
ほんと、わたしってずうずうしい性格!!(笑)
posted by ミチル at 22:22| 🌁| Comment(8) | ものづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日楽しみにしてるのに、繋がらないとヤダヤダ〜。
seesaa怒っといてください。(笑)

ご自身で改良されて織れるようになったのは素晴らしいですね!
私は紋紙の構造が知りたいです。
Posted by さゆり at 2010年02月24日 23:38
さゆりん♪おせじでも嬉しいです、でもたまに
ぐずぐず言ったり真黒なハラのうちもバリアフリー
なので、毒に当てられませんようにお気をつけ
くださいね(笑)

改良と言ってもこれはまぁほんと、単純なことで
あとは微調整だけで大したことは結局して
なかったんだよね〜(^_^;)最初からこうすれば
良かったんだけど王さまが作ってくれた振り分け装置を
あっさりとやめたらあとあともう作ってやらん!とか
言われかねないので(爆笑)

わたしも知りたい。なぜ、穴のあいた紙で
複雑な織りができるのかその穴がどういう
役割をしてるのか、引き上げるのはどうするのか。。わかったらわたしにも教えてください!
ネットでいろいろ調べまくっても案外ないね。
コンピューターとかもっと大掛かりな自動織機
ばかりヒットしてがっくりしました。
Posted by ミチル at 2010年02月24日 23:48
こちらも今日は暖かだったよ〜明日も暖かいんだそうだけど、
暖かくなればなるほど銀花のレッグ網戸を早く作らなければと思うよ〜
材料はあるんだけどね・・ぼちぼちガンバリまっす
なんだかお尻をたたかれているようだ〜
Posted by uniken at 2010年02月25日 00:07
ウニちゃん♪いいんだよ〜、銀花の羽虫なんか〜!
・・・・・・・それより全身スーツ
作ってくれ、むかでよけの鎧みたいなやつを!?(爆笑)
そちらも祝・ミシン自室持ち込み♪♪だね(^_-)-☆
unikenショップの充実も楽しみにしてます!
Posted by ミチル at 2010年02月25日 00:30
ミチルちゃん、おはようございます

18日、PCのハードが壊れて、23日に戻ってきました。
戻ってきた後が大変!ネット・メールの設定を先にして、プリンタなどの周辺機器を設定、ソフトのインストール…大変でした。
ソフトのインストはまだ、半分ですがぼちぼちしますね。

ミチルちゃん、大きな織物なのですね。
私には「綜絖」などの言葉はサッパリ分かりませんが作品を作って行く過程が難しそう!
そうそう、昨日も書き込んだのですが私のPCの不具合がまだ直っていないのか投稿出来ませんでした。
書き込めるかな…?
Posted by さぁ〜ちゃん at 2010年02月25日 10:46
さぁ〜ちゃん♪おはようございます(*^ー^)ノパソコンの不具合はほんとに困りますよね〜。こちらはサーバーメンテ終わったのにコメントお知らせメールが来なくなってしまいました。わたしは日中は携帯オンリーなのですがこれも困りものですね(^_^;)昨日はコメントいただいて復帰後すぐだったので嬉しくてわたしもお返事入れましたが入ってませんか?織り機はそんなに大きくはないのですよ、コンパクトで場所を取らず織り幅は50センチくらいかなー。そこで30センチくらいの幅を織ってます♪そうこうは縦糸を上下させるための真ん中に糸を通す穴があいた細い針金や紐ですがわたしのは特殊なフィルムでできているのでとても楽です♪♪織るのがとても楽しいですo(^-^)o
Posted by ミチル at 2010年02月25日 11:41
ミチルちゃん、ごめんね!
昨日、カキコして「投稿に失敗しました」って出たのでてっきりコメントが出来なかったと、思っていました。
このコメントね、新しいノートPCの「セブン」で書いています。
ノートPCはデスクと違って使い勝手が悪いわ!
ようやくセットアップし、なんとか使えるようにしました。ミチルちゃんは携帯を使いこなされているようね。私は駄目だぁ〜。
Posted by さぁ〜ちゃん at 2010年02月25日 17:50
さぁ〜ちゃん♪お返事遅れてごめんなさい、
いえいえ謝るのはこちらで昨日はメンテナンス
終了後も開きずらくなっていてまだ完全復旧
してなかったみたいです、わたしがブログを始めた
ころは、まだ日記形式からブログなるものが
新しく出たばかりでここは老舗だったのですが
今はどんどん良いのが出て本当は引っ越ししたいの
ですが、膨大な量の記事の移動を考えたらあきらめ
たのです、なので来ていただく方にも使いずらい
思いをさせてしまってすみません。いいな〜!
セブン!やっぱり操作性などビスタより軽いですか?わたしも普段は廉価のバイオノート
ですが、普段は良いけどハガキを作ったり
ビデオの編集はずっと前のマックを使っています。
昼間はどうしてもバタバタしてじっと座って
られない生活なので(笑)携帯ばかりです、
さぁ〜ちゃんちも携帯で昼間チェックしてます♪♪
Posted by ミチル at 2010年02月25日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: