2006年02月14日

ごろんごろん

image/akiyamakoubou-2006-02-14T20:48:47-1.JPG火曜日なのでお絵描きだった。こんな山奥に移ったが休みも少なく19人も来てくれる。有難い事だ。こちらの子供達は都会の子に比べると素直で人口も情報も限られた中にいるせいか斬新な絵を描く子も多い。子供の絵で1番大切にしたい事は自分の絵が描けているかどうかだけだ。暖かになったら銀花を描かせよう。それに子供達から毎回嘆願される、乗ロバをさせてあげたい。2月とは思えない暖かさでぬかるみは大分乾いた。午後から銀花と遊んだ。軽く歩かせてほーと並足がもっとスムーズにできるように練習した。いずれも命令を出して数秒たたないと実行しないのだ。銀花は背中にまで籾殻がついている。ぬかるみの運動場でできないから小屋の中でゴロンゴロンしたんだな。3坪ほどだがおしっことボロの場所、寝る場所は自分できっちり半分に分けている。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 20:48| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銀花ちゃん、元気そうだね!動物って、すごいね〜!自分の居場所にきっちりとしたコダワリ
があるんだね〜!それと、お絵描きの子ども達もエライね〜!都会の子どもの体力では通いきれないかもね。足腰の強靭な子どもだから、きっと素直なのかもね。「ダ〜ル〜イ〜」とか、言わないでしょ!?斬新な絵を描く子ども達がいるって、なんかウレシイゾ!!
Posted by ミカママ at 2006年02月15日 14:26
ミカママちゃん、はろ〜(^^)/馬やロバって特に女の子はおしっこの場所はっきりしてるんだって。だけど小屋を作ったニンゲン側からすると何もこんな真ん中じゃなくてぇとか思っちゃう(笑)お絵描きの子供達はまさか歩いて来ないよー!車で2往復、学校から送り迎えだよ〜。こっちは家と家が離れてるでしょう、通学もスクールバスだし、遊びに行くのも親が車で送り迎え。坂道ばっかでチャリ乗ってる子もめったに見掛けないんだよ。だから体力的には都会も田舎も変わらないかもね(-_-;)
Posted by ミチル at 2006年02月15日 18:30
家鴨は流鳥だからトイレは覚えませんよ!しかし人間も掃除は一旦、始めると凝り出しますが、しなければしないでもすむ事に気が付きました。
それにしても流鳥親父は・・・(家を借りて、部屋をひとつ汚しては他の部屋に移り、すべての部屋が使えなくなるとお引越し!実在の人物です。
Posted by 鵺娘 at 2006年02月15日 18:53
ヌエちゃま、コンバンコ!アヒルもやり方次第できっと覚えると思いますよ、この頃スカパーのアニマルプラネットで色んな動物の陽性強化見てかなり動物は色んな事が出来るみたいです!その点半端に知能が発達したニンゲンが1番だめかも(笑)うちだって!家めちゃくちゃになるから今まで取り壊すだけの廃屋専門でした。今回だけは…誤算だぁぁぁ!
Posted by ミチル at 2006年02月15日 19:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック