2009年10月30日

ウニちゃん銀花に乗る その2

8時起床ね、と約束して昨夜は1時過ぎに寝たのだが・・
起きたら9時。で、早起きのウニちゃんは、台所のてんちゃんや
ゆりのちっこやんちの後始末をしてきれいにしていてくれた。
今日は大型のミキサー車などのトラックが多いが、みんなで
お散歩に行く。ウニちゃんが来てからずっとお天気が良いから
嬉しい。どうしようか迷ったけれど、トラックが来たら
すぐ降りてもらえばいいやと、今日も銀花は簡易鞍を
つけて行く。考えたら鞍をつける時も以前は柵に短くつないでも
前がきなどしてジタバタしていたのだが、つながなくても
何とかおとなしくつけさせるようになった銀花、6歳。
 今日は家のすぐ前から乗ってもらった。

091030_1007~0003.jpg091030_1006~0001.jpg
わたしが普段連れて歩く時と同じ速度で、ウニちゃんを乗せて
歩く銀花。嬉しくて飛びあがりそう!(わたしが・笑)
しかし、、、いつものように「気まぐれ」じゃなければ良いのだけれど。

091030_1007~0002.jpg
あっ、トラックの音がする!でも、銀花は落ち着いてるし、
いつものように道の脇に寄って待っている。何事もなく
トラックをやり過ごした。いちおうわたしはいつものように
足全体を使って銀花をガードしている↑


 普通に見るように、馬が人を背中に乗せるということは
本当は大変なことなんだなと思う。どれほどの訓練や
練習を重ねることか。馬の方がおそらく、ロバよりも
「人間寄り」のアタマの良さはあるのだろうけれど、
どれほど大変なことか、改めて思う。。。


ウニちゃんにこのまま乗って、野原のところまで行って
もらった。銀花の調子が良いのでもっと先までと思ったが
またトラックが来て、カーブのところだったので安全第一。
それから今日は簡易鞍をはずして、わたしが背中に背負った。
 以前春さんに鞍をつけた状態で(馬装というそうだ)道草を
食わせたりするのは良くないことと教わったからだ。
なので、、、わたしの姿は「亀」そのもの(爆笑)

 午後からお絵かきはいつも通りあったので、子供たちを
迎えに行く時間にウニちゃんも一緒に帰路についた。
ああ、楽しかった!それにわたしがやらなくちゃやらなくちゃと
思ってるだけで全然手をつけていなかった、マフラーの端糸の
処理をみ〜んなやってもらったので、本当に助かった。
ウニちゃん、お疲れさま!また遊ぼうね〜♪

おまけの写真
おまたおっぴろげで抱っこしてるから、お股を隠してマイケルだ〜と
言っていたらスリラーを踊らされることになったいちご↓

091030_1218~0004.jpg091030_1219~0002.jpg
真剣にレッスンをするふたり(爆笑)
posted by ミチル at 21:19| ☔| Comment(16) | 乗ロバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウニちゃん?を乗せた銀花をリードするミチル 立派なロバ使いに見えますよ。
それにしても ウニちゃんて良いお友達が居て良かったねぇ!
Posted by junko at 2009年10月30日 23:22
junko♪きかん坊の銀花に、「乗って」なんてお願い
できる人もそうそうはいないんです(笑)
さらに、「端糸処理して」なんてお願いはさらに
できないんです(爆笑)さらに困ったことにこのように
みなさまに助けていただきなら生きているのは
高校生のころから変わっていないんです(大爆笑)
Posted by ミチル at 2009年10月30日 23:28
何がすごいって成長した銀花ちゃんもすごいけど、ウニさんもすごいよ〜。
気の置けない友がいるって、こんな幸せなことはないですね!(*^-')b

Posted by さゆり at 2009年10月30日 23:34
さゆりん♪思い出したんだけど、確か雅叙園の時、
ウニちゃんに冗談で乗って〜ってお願いしたような
気がする!・・・そう言えばウニちゃん、1月の
事故の後遺症でまだ首が痛いんだったー!!!
・・・今度はさゆりんにお願いしよ・・・(笑)
Posted by ミチル at 2009年10月30日 23:47
雅叙園でウニちゃんが乗りたいって話していたので、次回はきっと乗るだろうなと思っていましたよん(^_-)-☆
銀花ちゃんぐっと成長したのね。良かったね(^o^)/
Posted by sutemaru at 2009年10月31日 00:17
そうそうスリラーは息子の小学校の謝恩会で母たち有志で踊ったのよん(^^ゞ
曲を聞く度にあの時の厳しい(?)レッスンを思い出して楽しくなるの。スリラーとゴーストバスターズを組み合わせてね(^_^;)
Posted by sutemaru at 2009年10月31日 00:20
sutemaru先生♪やっぱりそうだった〜!
たぶんその時先生聞いてらして、おめでとうって
この前コメントくださったのかなと思い出したんです!
銀花はまるっきり野生児だったでしょう?一年間
お母さんとお父さんと3にんで、人の手がかからずに
放牧生活していたのだから。それでうちに来てから
まずはお散歩に連れて行く、柵の中で左回り、右回りに
追い回す、そしてだいぶたってから(春さんに本格的
な訓練をするのは2歳過ぎてからと教わったから)
乗ロバの練習、そこまではでも案外できて、ただ、
「背中に誰かを乗せて引きロバ」がすごく嫌いで、
なかなかできませんでした。また、いつもわたしが
ひとりのことが多いので誰かに乗ってもらうチャンスも
ありませんでした。でも思い切って「アクティブ・
ウニちゃん」ならと冗談で言ってウニちゃんもちゃんと
靴も持ってきて履き替えて、乗ってくれたんです!!
このところ銀花はお散歩でぱにくったり、どんどん
引っ張ることもなくなっていたので、大丈夫という
気持はあったのですが実際乗ってもらって本当に
良い子に歩けてすごくすごく、嬉しかったです!!
本当は毎日続けたいけどそれもムリだから、また
ぼちぼちお勉強を続けて行きたいと思います!
・・・先生、今度来たら乗ってくれる?(爆笑)

スリラーってそんなに前だったんですね〜。
うちは亡くなってから急に興味が出てDVD
見たりしてるんだけど、、、マイケルより、
sutemaru先生のスリラー、ゴーストバスターズ
バージョン、見たかったかも〜!!!(爆笑)
Posted by ミチル at 2009年10月31日 00:31
馬って鞍を置くだけでも最初は大変なのですから、ここまで静かになったと言う事は従順になったと言う事ね。大人になって乗せてあげるよってそういう気持ちになった頃かもね。馴致が如何に上手く入ったか、もうプロですよ(^_-)-☆
乗せてあげると皆喜ぶんだって、ある意味優越感を持ってくれたのかもね。
卑屈に人間に乗られてると思うより、良いよ、乗せてあげるよって言う感じに思えるわよ(^_-)-☆

マイケルって50歳とか言ってなかったかな。実物も東京に来た時コンサートで見たけど、スラックスと言うよりズボンがダボダボしていたと言う変な印象が残っているの(^^ゞ元がスマートだから何着ても似合うのでしょうけど、ちょっと以外な感じがしたわね。
スリラーでは化けに化けて、出なかったお母さんたちも見ていて誰が誰だか判らなかったのよ。そうでもしなければ絶対人前になんか出ないですもの。大勢の中の一人でしたから判らない判らない(^^ゞ指導して下さったお母さんは元プロのダンサー(SKDとかなんかそういう感じ)ですからしごかれたしごかれた、でもそれまで見たこともなかった踊りをビデオで皆で何回も見たのよ。懐かしい昔話です〜色々な話をMIXしたからオズの魔法使いのスタイルから入ったのですが、その主人公を踊った方と今消防団、民生を一緒にしているの。長い付き合いになりましたものね。何でも興味を持つタイプかも(^^ゞ
Posted by sutemaru at 2009年10月31日 02:14
ミチルさん楽しい時をいつもありがとう
銀花にはいつか乗らなきゃと思っていましたから(え?笑)
皆さんが私のことを勘違いしているようなので、ここで一言
私は1番妻の座を狙っているだけですから〜(大爆笑)
Posted by uniken at 2009年10月31日 09:53
sutemaru先生♪そう思いたいけど、何しろ気まぐれ銀花
ちゃんだから〜(笑)「馴致」という言葉を良く
見かけるのですが馬にお勉強をさせると言う意味の
言葉なのですか。なんて読むのですか。うちの場合、
どうしても銀花に甘くて恥ずかしい限りですが、
時間がかかっても、銀花は一生うちの子なのだから、
銀花の立場も考えて人間側の都合ばかりを押し付けずに
やって行くことをを、春さんとゆーじさんに教えて
もらった気がしています。馬(うちの場合ロバ・笑)が
楽しくなければ乗っていてもつまらないと良く
二人は言っていました。犬だってそうですものね。
いくらおりこうでなんでもできても目がいたずらっぽく
きらきらしてなければそんなの奴隷ですものね。
そして奴隷と暮らしても楽しくなんかないですもの。
わたしはこれしかできないから、青あざやかみ傷を
作りながらもこれからも動物たちをちゃんと看取れるように、長く生きて行きたいと思います。

えーっ!?先生コンサート行ったの!?いいな〜!!
確か東京に来た時まだ野の子がいなかったから行こうと
思えば行かれたんですよー。その頃はマイケルには
全然興味がなかったのだけれど、亡くなってみて
(たまたまわたしと同い年)なんだかすごく
ショックで世界的に大切なひとを失った気がして
急にマイケルファンになりました。sutemaru先生は
わたしが存じ上げてる以外にいろいろありそうで
面白いなー!!ダンスには目覚めちゃわなくて
良かったですね?(笑)でも、もしかまた踊りたく
なったら知らせてくださいね、ウニちゃん誘って
見に行っちゃうから〜!!(爆笑)
Posted by ミチル at 2009年10月31日 12:08
ウニちゃん♪今回もいろいろと助けていただいて
ありがとー(^O^)/銀花は引きロバの課題が
あって一年くらい前から誰かに乗っていただき
たかったので、本当に嬉しかったよ!!
・・・ってか、ウニちゃんにしか頼めない?(爆笑)
まぐれかどうか、ヒジョーにトッテモ心配なので
次回もまた乗ってくださいね!もう、1番妻どころか
「1番飼い主」「1番母親」「1番調理係」なんでも
お譲りいたします〜!!(笑)

Posted by ミチル at 2009年10月31日 12:12
uni坊が銀花ちゃんにのったのを見たからか
なんと夢でuni坊とミチルさんの所に遊びに行った夢をみた
もちろん夢でも銀花ちゃんは乗せてくれなかったけど(笑)
とても楽しい夢でした
(*^_^*)
またみたいな〜
せめてモフモフさせてよ〜銀花ちゃん〜
… ちなみに訂正だ
uni坊よ 一番でも二番でも「妻」でないってば
uni坊は ミチルさんの 二番夫よ(*^_^*)
も〜 すぐ間違えるんだから〜ん
Posted by カラス大好き♪ at 2009年10月31日 21:15
馴致(じゅんち)は馬と人間の競技、障害馬術でも馬場馬術でも、如何に人間の合図を馬がちゃんと受け取り、ちゃんとそのように動くかと言う事なのね。
簡単に言うと馬が如何に馴らされて人間の言う事を素直に行うか、なのですけど、それが中々上手く行かないところが面白い、馬は車と違って意志があるから自分の嫌を出したり、それを人間が抑えたり、その駆け引きが勝負なのですけど、そこにお互いの信頼関係や技術や愛情の現われが出てくるのでしょうね。
Posted by sutemaru at 2009年10月31日 21:20
また書き忘れた、年のせいね(^^ゞ
マイケルジャクソンのコンサートは友人のお付き合い。自分だけではまず行かなかったでしょうね。
その方はミックジャガーの大ファンで、それにも数回付き合わされて、その流れで見に行ったの。
今思うと感謝しないとね、もう見に行けないですものね。
Posted by sutemaru at 2009年10月31日 21:24
カラス大好きさん♪ぶはははははははは!!!
>uni坊は ミチルさんの 二番夫よ(*^_^*)
大正解!!(爆笑)

北海道にもロバいるよ♪っていうか
そちらは馬の産地でしょ!ずっと前に
北海道旅行した子がロバの写真撮ってきて
くれたんだけど、もう、サル??めちゃくちゃ
毛深かったよ〜!銀花はわたしを乗せるんだから
カラス大すきさんのひとりやふたり、
へいっちゃらざます(^○^)また夢で
会いに来て、今度は乗ってみてね〜!
Posted by ミチル at 2009年10月31日 22:20
sutemaru先生♪やっぱりうかがってみて良かった〜!
ずっと「くんち」と読むと思ってました(笑)
わたしと銀花の場合、そんな立派なことは全然
できていませんが、銀花が成長してくれたことは
確かだと思います。成長しないのはわたしの方だったり
して〜!今だって絶対なめてるし(わたしを)
言うこときかないし(わたしの)、言いなりだし(わたしが)!銀花が来て、大きな動物と初めて接してみて
やりとりは本当に面白いですね、カラスも同じくらい
面白いと思いますが、犬や猫にはない、駆け引きの
面白さが確かにあると思います。でも、ほら、犬にも
猫にも人間にもしつけってできないから〜(爆笑)

えっ!?先生ミックジャガーも行ったの???
すっご〜い!!!今となってはわたしも
いけば良かったと思うアーティストがたくさん
います、もしかしてボブ・ディランも行った?
Posted by ミチル at 2009年10月31日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: