2009年10月01日

ちゃっぴのお散歩

 昨日いちにち降り続いた雨も何とか止んでやっと
老犬補助ハーネスを装着したちゃっぴをお散歩に連れ出せた。
ほかの犬たちと一緒の方が嬉しいだろうから最初、てんちゃん
ゆりいちごをひとりが持ち、ちゃっぴを一緒に連れて行こうと
思ったけど、車が通るしそれはムリ、面倒でも犬たちを先に
行ってから、改めてちゃっぴとひとりだけ誰かを連れて行くという
ことにして、旧知の中のゆりをご同伴↓
091001_0858~0002.jpg
からだが左にかしいでるのは2年前の内耳の疾患からだけど
http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/53024838.html
老犬に良くある内耳?の炎症で神経質なちゃっぴを獣医さんに
連れて行くのをずいぶん迷い、少しずつ食べるようになってくれたので
結局連れて行かず、相談だけしてもらったりしていたのだけれど
からだが傾いでしまうのはほとんどわからないくらいになっていた
のだが、このところまた傾いでいて、同じ方向にぐるぐる
回ってばかりいる。

それでもこのハーネスのおかげで今日は久しぶりに階段も
とっとこ降りて(普段は勢いがついてつんのめってしまうので
駐車場の方のスロープを使う)やっぱり調子が良い。
いつもは人間の後ろをとぼとぼやっと歩いているのに。。↓
091001_0851~0001.jpg
ずんずん♪♪

ゆりちゃん、待ってよ〜!↓
091001_0854~0001.jpg

補助ハーネスはわたしはこのように落ちてしまう腰につけて
少し上に持ち上げるようにして歩かせた。明らかに後ろ足の
重力が軽くなり、いつもとは速度が違う。
091001_0859~0001.jpg

それでも帰りで道がゆるやかだけど上りになるとしんどそう。
なので、王さまは↓
091001_0904~0001.jpg
ハーネスの前後にリードを渡して全体を持ち上げてるようにする。
こうするとからだ全体が軽くなるから、ちょっととまどっていたけど
いつもなら何度も止まってしまう道をほとんど止まらずに
歩ける。

 しかしちゃっぴ、昨夜はまた夜泣きがひどくてわたしが
王さまに夜中にどなられた。「ミチルッ!!おむつはずせよっ!」
(↑なぜかと言うと、起きるのはいつもドアに近い王さまだから・笑)
このセリフを寝入りばなに聞くとかなり変、だってわたしがおむつ
してるの?・・・ま、まだもう少し猶予があります(爆笑)
しかしちゃっぴ、はずしてやっても夜泣きは止まらず。
ご飯をもらっても止まらず。結局昨夜も1時間以上泣き続け、
上におじさまが来てるのでベランダには出れないようにして
居間部分に出しておいた。 さらに今日は昼間から夜泣き、
って言い方がおかしいけど夜中と同じようにひ〜ひ〜泣く。
ちゃっぴの性格上、ハーネスにしてもおむつにしても嫌がったら
絶対つけさせない。つける時にもう大さわぎになるから。
それがあっさりつけて、おむつもしていてもちっこはするし、
むしろ珍しくおむつをしてる時尻尾など振っていたりする。
今もあんまり泣くから外に連れ出したらおむつのままちっこしたし。。
一体何が気に入らないのか・・・

 今日犬小屋をベランダに入れてみたけど、、、気がついて
喜んでるのはこいつら↓
091001_1229~0001.jpg
さらに、ちゃっぴをお部屋に入れようと思ったらこいつが
ちゃっかり寝てたし!↓
091001_2222~0001.jpg

今夜はお願いだから夜泣きしないでください、ちゃっぴさま
お願いしますぅぅぅぅ!
posted by ミチル at 22:36| ☁| Comment(10) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ミチルッ!!おむつはずせよっ!」のセリフに要介護の王様がオムツが気持ち悪くてわがまま言っている・・と想像してかなり笑ってしまいました・・・王様!こんな2番妻をお許しください(爆笑)
Posted by uniken at 2009年10月01日 22:45
ウニちゃん♪・・・・・そう遠くない将来、
あり得ない風景、いともあっさりと「その時の図」が
浮かんでしまひました、ああ、二番妻だけでは
足りないかもしれなひ・・・(爆笑)
Posted by ミチル at 2009年10月01日 23:11
む〜・・・・夜泣き、しんどいですね。
鳴いている方も何かあるのだろうけど、起こされる方も辛いね〜。
うち、娘が夜泣きしてたから、毎日もーろーとしてました。(^_^;)
スキあらば、行き倒れて寝てくださいね。(笑)
私も寝不足で頭痛・・・・・です。
Posted by さゆり at 2009年10月01日 23:52
さゆりん♪ちゃっぴはもともと文句の多い犬だから
仕方ないとは思うけどさたろも、昔介護した実家の
為五郎も寝た切りになってもこれほど口数は
多くありませんでした(笑)神経質な犬だからね、
ちょっとしたことが気に入らないのでござるよ(*_*;
今日は先ほど少し外歩かせたしさっきまで居間を
うろうろしてたから疲れて寝てくれると良いけど〜。
そちらも頭痛?さゆりんの場合はまじ、心配、
連日の寝不足で。わたしの場合、大丈夫いつでも
3食昼寝、寝坊つき!(笑)
Posted by ミチル at 2009年10月02日 00:07
ミチルさん、おはようございます

ブログに、ハーネスの事、本当にありがとうございました。
メールをさせて頂いております。

こちらで、ちゃっぴちゃんの様子を拝見すると、哲と重なって…。
哲は、散歩中に腰が抜けた様にへたばる回数が増えて、チョッとした段差でもへたばります。

食欲はあり、大小は、鳴きもせず、こちらをじ〜と、見ているだけですが、その内、鳴いたり、徘徊が出るのでしょうね。
こんな事を書いては、大変に失礼かと存じますが、哲の介護に、とても参考になります。

本当にほんとうにありがとうございました。
Posted by さぁ〜ちゃん at 2009年10月02日 10:08
さぁ〜ちゃんさん♪おはようございます!今朝の哲君ご機嫌はいかがですか。同じ老犬を持つ者ですもの、お互いに情報交換したりアイデアを出し合ったりできればわたしのブログも捨てたものではありませんね!全然何も失礼なんてないです!さらにわたしは非常にとっても気楽な人間です(笑)哲君はからだが大きいから介護も気をつけないと腰痛になりそうですね。このハーネスは持ち手を前後に渡せるので犬の体を高低差の場所で移動させてやるのにも非常に楽だと思います。犬のタイプや性格があると思うけどわたしが看取った犬は全部で5頭いてうち2頭は徘徊もなくだんだん衰えて静かに逝き1頭は泣くのも理由があったのでそれさえ直してやれば泣かなくなりました(立ち上がりたいのに立ち上がれない、寝たままちっこするのがいやなど)もう1頭は徘徊はあったけど全く泣きませんでした。ちゃっぴはもともと神経質なのでこんなに夜泣きするのだと思っています。……そうこうしてるうちに自分の番が回って来そう…(笑)後ほどメール差し上げますね!
Posted by ミチル at 2009年10月02日 10:26
まいど、玉葱川添です。
ちゃっぴちゃん元気にお散歩出来て良かったです。作った甲斐がありました。
うちのぱるは現在カートで散歩を楽しんでおりますが、以前手吊りお散歩させていた時分は、腰吊りベルトで後ろ二ヵ所を、前には普通のリードを装着し、都合3点支持で、右手にベルトとリードをまとめて握って歩かせていました。
と言いますのも、後ろ二ヵ所を吊る方が骨盤・背骨に無理がかからないんです。慣れると手首のひねりだけで、犬の進路をコントロール出来ますよ。

ただねぇ…犬の体重を支える訳ですから、介助者の腰やら腕にある程度の負荷がかかってきますから…3点支持リードや肩吊りベルト、人間の腰ベルト等々作ってみたりと、いろいろあの手この手の試行錯誤を経て、現在の補助カートに行き着いた次第です。
ただ老化の方が製作ペースを確実に上回ってますから、常に後手後手に廻ってますけどね。。。

夜泣き・徘徊にはこちらも悩まされていますが、犬用のDHAサプリメント(サントリーや明治製菓が作っています)が有効ですよ。
ただ1時間おきに鳴いていたのが、3時間おきに伸びる程度ですが…
Posted by 玉葱工房の川添です at 2009年10月02日 14:57
追伸です。

ちゃっぴちゃんの背中のベルト、伸び部分の余裕はあまりありませんが、縮小方向はいくらでも調節出来ますよ。

背中の▽の付け根、腰元の5本ベルト交差点近くにアジャスターがありますから、ベルトを二重にたぐり寄せると…ほらね♪
Posted by またまた玉葱 at 2009年10月02日 15:09
訂正です。

×腰元の5本ベルト

○腰元の7本ベルト
      です。

毎日試行錯誤してまして、性能的には満足出来るレベルに到達していますが、コストと手間、そして納得のいくビジュアル(個人的な主観ですけどね)などの絡みで、仕様がころころ変わってますから…本人も混乱してます(笑)が、とにかくいろんな犬に装着して、サイズ・バリエーションのレンジを広げたいです。

と言うことで、「モニター犬」募集しております。

高齢犬や障害犬の介護・介助をされている方、特に中型〜超大型犬のお守りをされている方は、是非ともご連絡くださいませ。
Posted by またもや玉葱 at 2009年10月02日 15:35
玉葱工房川添さま♪このたびは本当にありがとう
ございました!!今日も雨降りでお散歩行かれず、
昨日行っただけなんですけど、少なくともしんどくて
立ち止まることがなかったです。腰部分につけていましたが前後に渡すとさらに犬は楽になるみたいですね。
持ち上げるようにするからこちらの腕の力はいりますが
ちゃっぴは幸い大型犬ではないから全然平っちゃらです♪
ただ、どなたかのコメント欄にも書いたのですが
これほどまでによれよれになる前につけてやれば
良かったと反省しています。こんなに年をとってから
いつもと違うことをするのって犬はストレスを感じると思うのですね、とくにうちのちゃっぴのような子は。
なので、次の犬たちからは少し足腰が弱ってきたかなと
思ったらつけて別に補助をしなければ良いのですから
本人がからだにつけることに慣らせておこうと思いました。

カートのお世話になるまでちゃっぴも生きながらえて
ほしいです。うちでは、以前看取った19歳の
柴犬は夫が背負いかごを背負って背中に入れて
ほかの犬たちと一緒に山へ行ったりしてたんですよ!
当時はまだまだ老犬の介護グッズなど夢のようなころ
でしたが犬は自分の足で歩けなくてもやっぱり外の
景色が見たいし、外の空気が吸いたいのですよね。
なので、ちょこんと背負いかごに入ってつかまってる
姿もなんだか堂々としていました。ちゃっぴは軽いから
いざとなったらおんぶしようかな。そのようなサプリが
あるのですか!?知りませんでした。今から調べて
見ます。昨夜も夜泣きして1時間付き合いました。
部屋の中を長い時間うろうろしてからチーズを食べて
やっと寝てくれました。子供が赤ん坊のころを思い出してしまいました(笑)背中のベルトも三角のところで
調節できるのですね。やってみます!本当にありがとう
ございました(^◇^)
Posted by ミチル at 2009年10月02日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: