2006年02月03日

ハニーハミ

image/akiyamakoubou-2006-02-03T12:02:01-1.jpg山を覆っていた曇が消え去って青空が広がる。早朝は冷え込み車のフロントがガチガチだった。馬着を脱がせてハミをつける。良い子でおりこうにつけさせるので今日はご褒美にハミに蜂蜜を塗ってやった。春さんに教えてもらった。いつもと違う美味しいハミにきょとんとしてる。しばし直立不動で口を動かしていた(笑)久しぶりに引き綱をつけて歩かせる。立ち止まらず上手にカーブを歩けた時、声に出して「上手だねぇ!」と誉めてやるとわかるようだ。銀花とのお勉強中に使う言葉は並足などの掛け声の他、チガウ ジョウズ イイコ イタイッ だけだ(笑)ずっと欲しかった本を買った。プリニウスの博物誌全3巻だ。1世紀頃の書物でもちろん辞典としての真偽は求められないが当時の人々の考え方や感受性がかいまみえて面白い。早速ロバの項を見る。珍味として子ロバを食べたそうだがやがて廃れたらしい。ロバよりラバが高価ともある。ケッティは…書かれていない。銀花は女の子だから馬がお父さんならケッティだ。生ませてみたい気もする!(笑)
posted by ミチル at 12:02| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銀花ロバさんのアップは愛嬌がありますね。
いやぁ、顔のアップになんだか笑ってしまいました。
でもとてもかわいいと思いました。
きっと誰でもそう思うと思う。
Posted by lemonodasos at 2006年02月03日 21:33
うふふ♪ありがとうございます!(親馬鹿)寒いので冬毛が伸びておでこの毛が真ん中で分かれます。これはハニーハミをあむあむしてるところです。
Posted by ミチル at 2006年02月03日 23:39
日本初の「百科辞典」とされている「和漢三才図会」を読んだ事ありますか?昔、お祖母ちゃんに教えられた嘘の科学の様な事が書かれています。
鼠=蝙蝠だとか?「現代の常識からすると差別と受け取れかねない表現も含まれていますが・・・」といった内容もあります。
Posted by 鵺娘 at 2006年02月04日 11:51
貝原益軒でしたっけ?読んだことないけどあれもかなり面白そうですね!
Posted by ミチル at 2006年02月04日 15:54
「養生訓」ですね?「律令」(奈良時代?)の法律書がお薦めです。深盟探湯(くがたち)は知っていますね?他にも耳の中に箸を入れてお互いに押し合い鼓膜が破れた方が有罪等というギャグとしか思えない刑罰も!
Posted by 鵺娘 at 2006年02月06日 18:56
ううむ、さすがヌエちゃん文学娘!私日本の古典全然しらないんです。興味あるのが紀元前後のギリシャとその周辺と非常に偏ってるんですぅ〜
Posted by ミチル at 2006年02月06日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック