2009年06月11日

音二郎がいない

 先週木曜日、王さまがひとりで会いに行ったときは
音二郎はいつもの厩にいた。それが実は翌日、お世話して
くださっているお向かいのおばちゃまから電話がかかってきて
音二郎がいない、馬たちの行く末を心配しているおばちゃまには
里親さんがいるという話を内密に伝えてあったので
おばちゃまは、てっきりもらわれていったのかと思った、と
電話してきたのだった。

今日会いに行ったけど厩はからっぽできれいに掃除されていた。
梅太郎に会ってからおじさまに会いに行って聞いてみたら
先週金曜日、かねて春さんと親交のあった、競馬馬の放牧?を
している方が(以前、音二郎はその方の牧場に貸し婿さんに行って、
赤ちゃんも生まれただそうだ)春さんの訃報を知り、おじさまの
ところにいらして、かねてより音二郎を気に入っていらしたそうで、
連れて行ったという。一時預かりかとばかり思って話を聞いていたら、
おじさまの話しぶりだとそうでもない。
 相手の方はお金を出そうとしたのを、おじさまは受け取らなったと
言っていた。その方は春さんのこともとても気に入っていて
いらなくなった馬も何頭も春さんにただでくれたそうである。
お金持ちの人だから、どこかへやったりはしないよ、あの人なら
春さんも本望だろうと言っていたけど。いらなくなったら
いつでもまた戻してくれればよいと言ったそうだけど。。。
気持ちの整理がつかないまま、顔に出さないように話を続けるのが
つらかった。

 今、気持が落ち着いて、こんなに気落ちした原因を考えてみる。
ひとつはこれだけ、(と言ってもこちらで勝手にやってるだけ
だけど)おじさまと親しくなって、春さんの馬たちへの思いや
まして里親さんの話も(二頭とも引き取って庭で飼って
くださる)したのに、何の相談もなく、計画もなくあっさりと
出してしまったこと。そしてそれはやっぱりバクロウ的な飼い方は、
馬の幸せな生活、たとえば毎日手入れをしてもらえるとか
人がかかわってやれるとか、わたしたちがいくら話をしても
太刀打ちできない分厚い壁だったこと。おじさまが悪いのではない、
バクロウとはそのようなものなのだ。だから生前春さんは
自分の馬たちへの愛情や大切な気持ちのひとつも、おじさまには
話をしていなかったのだろう。相手がどう思おうと、自分の
気持ちを伝えないということは罪なことだ。

馬の幸せってなんだろう。わたしは素人だけどやっぱり
生き物として、動物として人間の世話がなくては生きられない
ものなのだから、お互いにコミュニケーションがある程度とれて、
一緒にすごす時間がお互いに楽しいことだと思う。今の梅太郎も
ただ放牧場でご飯をもらって生きているだけ。爪も伸び放題。
でも、ご飯はもらえて生きている。馬という生き物は
そういう生き物なのだろうか。なんだか悲しくなって来ちゃった。
この後、梅太郎を出せるようにするために、どうしたら
良いのだろう。わたしたちに何ができるのだろう。。。

梅太郎はほんとに穏やかになって、人とかかわることを
思い出したというのに。
090611_1401~0001.jpg090611_1409~0002.jpg090611_1407~0002.jpg

 ああ、うちで飼ってやれたらな。。。
090611_1405~0001.jpg090611_1407~0001.jpg

幸い近くなので、時間を見つけて音二郎に会いに行こうと思う。
でも、帰ってくることがないのなら、会いに行かない方が
音二郎にとっては幸せなのかな。。。
posted by ミチル at 22:24| ☔| Comment(13) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
詳しい事情はよく分からないけど・・・・考え方の違いは、もどかしい。
気持ちが伝わらないのも歯がゆく悲しい。
でも近くなら、その貰っていかれた方とも話ができたら、ミチルさんの気持ちも伝えられるのでは?と思います。
帰ってくることがなくても、会いに来てくれたことってお馬さんには嬉しいのでは?
素人考えだけど、一度行ってみたら気持ちが整理できるかもしれません。
Posted by さゆり at 2009年06月11日 23:35
さゆりん♪ありがとう。何より改めて、わたしたちは
馬の幸せを願うばかりで実際は何の権限も、今日のような
ことがあると、信頼さえ、価値さえ、ないように
感じました。それでも梅太郎だけでも幸せに
なってほしい、余生を安心して暮らせるようにと
強く思います。かといって、何ができるのか、、、
おばちゃまも来月おじさまと会いに行くそうです。
戻ってくるのならちょこちょこ顔を見に行って
やるけど、戻って来れないならかわいそうなのかなと
思ってしまいます、、、悲しくて情けなくて涙も
出ません。
Posted by ミチル at 2009年06月11日 23:46
ミチルちゃん、知らないうちに音二郎がいなくなっているとは…毎週、会いに行ってたのに、何も知らされなかったなんて…人の気持ちって人間同士では、伝わるようで伝わらない時もあるけど、音二郎には、きっと伝わっていたと思います!
Posted by ミカママ at 2009年06月12日 01:30
ミカママちゃん♪もうほんと、がっくり。おじさまをせめることはできないけど今まで何やってたんだろうと思うと情けないです。馬たちを幸せになれる場所に出すのがこんなに大変なことになるとはね。どっちにしてもやっぱり会いに行ってきます。
Posted by at 2009年06月12日 07:27
今までの暗くて狭い小屋に閉じこめられているよりは、少しはマシな環境であると思いたいけど・・・。「いらなくなったらいつでもまた戻してくれればよい」の意味がよくわからない。そもそも、いらない馬とかいう世界が全然わからないし。
Posted by at 2009年06月12日 14:08
ごめんなさい。名前書き忘れたうえに、ちょっと感情的に書いてしまって。ミチルちゃんが悲しくなるような答えだったら書かなくていいよ。
Posted by satoko at 2009年06月12日 14:20
うぅ〜ん・難しいねぇ。人の価値観って様々だから‥‥
私はミチルさんに近い考え方なので、おじさまの行為は違和感があります。(まして高齢のプロの?方の考え方)

何がホントの幸せなのか??考えてしまいますね。
でもミチルさんの気持は本人?には絶対伝わってると思うから

(家も色々あってPCの方にメールしました)
Posted by クロの継母 at 2009年06月12日 14:47
satokoちゃん♪わたしも最初話を聞いてる時は
いつか放してた八ヶ岳の方の放牧場へ連れて
行ったのかとばかり思っていたの。だから狭い
あんな暗いじめじめしたところから半年ぶりに
出られて良かったなと思ったの。でも、違う、、、、、
それでも環境的には放牧場だし広い場所でほかの
馬たちもいるし自由にしてられると思うので
良かったのかと。わたしが勝手に春さんと同じように
庭先で飼ってくださる方がいらして、しかも梅と一緒に
二頭だったので音二郎は幸せになれると思っていた。
馬を経済動物としてでなく、ペットみたいに飼って
もらえれば先行きの心配はないし(馬は入れ替えが
激しい動物。だからわたしはあの木曽馬の子は
かわいいけどあえて仲良くならないようにしている)
一般的には「経済動物」役に立たなくなれば
つぶすのが普通。使えなくなって養老牧場に
預ければ寿命は長いし月に最低でも6万以上の
大金がかかる。そんな話も全部、全部春さんから
聞いた。。。でも春さんがバクロウの弟子になった
時点で彼女はいろいろな考えの変化があったのかも
しれない。おじさまにすっかりお任せで納得
しているのかもしれない。頭の中がこんがらがって
わたしたちが望む馬の幸せと春さんやおじさまの
考える幸せは違うから、わたしたちが勝手にいろいろ
考えて勝手に心配していただけ?今まで何を
やってたんだろう、ばっかみたいに方向が
違っていたのか?
Posted by ミチル at 2009年06月12日 22:21
黒ママちゃん♪価値観が違うことはわかっていたので
おじさまが知らなかった乗馬公園での春さんの
馬たちを思うあまりの行動、春さんからわたしたちが
教えてもらった馬に対する考えなど、週に一度
行ってはいやになるほど話をしてきた。というか
そのために行っていた。それが今回のようなことに
なって、おじさまはお歳の割には合理的な考え方を
する方だし、一代で馬であそこまで財を
築いた方だからいまさらわたしたちの話なんて
これっぽっちも価値がなかったんだね。そのことが
わかっただけで十分ショックです。でもおじさまを
責めることは、それこそ価値観が根底から違うのだから
できないし、おじさまがいなかったら馬たちは
春さんが亡くなった時点でもっとひどいことになって
いたことは間違いないし、とりあえず今も梅は
世話してくださっているし、最初からいらぬ心配して
いらぬおせっかいを焼いていたのかもしれない。。。

今メール開いたけどメール来てないよ??

Posted by ミチル at 2009年06月12日 22:28
こちらから、ごめんね。
メール届いてない?
Posted by クロノ継母 at 2009年06月12日 22:57
黒ママちゃん♪トドイテマストドイテマス!
わたしの返事の方がアヤシイ(笑)
Posted by ミチル at 2009年06月13日 00:11
御無沙汰してます。 もぅ、馬達の事考えるのは終わりにしたほうが良いのでは!冷たいかもしれないですけど...おじ様がミチルさんに言わなかったと言う事は〜かかわって欲しく無いと思ったからではないかと思います。 持ち主で無い限り悔しいけど権限は無いから... もしかしたらミチルさんの様子を見ていたのかもしれないですよ! 馬に限らず動物は全て同じ運命を辿っているんじゃ無いかな〜私はそう思います
Posted by りえ at 2009年06月13日 02:17
りえさん♪お久しぶりです!そちらも順調そうですね!すごい大変なことに立ち向かっていらっしゃる姿にいつも励まされています。馬たちのことは最初からそうです。最も一番はじめはお母さんからお願いしますと言われたのですがこんなにややこしくなるとは思ってませんでした。それでもやっぱりわたしには春さんの思いや梅の辿った道を見てるからあきらめることができないんです。馬の世界の現実を知らないことが逆に良いのかも(笑)こんなことを言ってはいけないけどおじさまだって80です。力も財力も脳みそも乏しいわたしですけどできることをできるだけ、もう少しがんばってみようと思ってます。
Posted by ミチル at 2009年06月13日 10:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: