2009年04月01日

銀花の削蹄

 今日は銀花の削蹄。ウェストウィンドランチの坂下さんに
http://www.westwindranch.co.jp/ranchtoppage.html
来ていただいた。わたしは春さんに教えてもらってから
ずっと奥さまのyu-koさんのブログのファンで、毎日拝見させて
いただくようになり、目からうろこが落ちたり涙がこぼれたり。。
お二人とも雲の上のような方たちなので、お行儀よくお迎え、、、
できるわけがない!
・・・なので、当然削蹄中の画像など、ありません!(爆笑)

銀花の痛がっていた右前足は伸びた周辺が割れて来ていたのだが
これは蟻洞と判明。蟻洞(ギドウ)とは?
http://drhig.blogzine.jp/equine/2008/04/post_206c.html
(こちらも毎日拝見にあがる、馬医者先生のブログ)
銀花の右前足。蹄の外側と内側に隙間があいてしまっていた
かなり上の方まで削って整えていただいた。
090331_1315~0001.jpg

さらに、今の銀花の運動場に苦労して2回も敷いたチップが
発酵するため蟻洞の原因にもなると伺い、ショーック!!地面に
落ちた干し草も土と混じれば発酵する。ふかふかになって良いと
思っていたのに。走らせるにはチップは良いそうだが、いつもいる
居場所に敷き詰めることは良くないことだと教えていただいた。
ここに移って1年とちょっと。環境の変化が銀花の蹄に出て来た
そうで、銀花に一番被害が現れてしまったことにわたしも王さまも
大ショック。。。

 蟻洞は清潔にしていつも乾かしてやっておくことが
一番の治療法だそうである。それでもいつもほとんど湿っている
銀花の運動場。ここに理想は砂を入れてしまうことだが
傾斜している。かたまる赤土が良いと教えていただき、こちらは
今すぐにはできないので、今日は午後からとりあえず、いつも
おしっこがたまってしまう銀花小屋を改造してみる。

傾斜してるので壁際のゴムマットをはがして地面を少し掘って
壁に穴をあけておしっこを外に出すことにした。いつもと
逆の立場?小屋で作業中のわたしたちをのぞく銀花。
090331_1355~0001.jpg
あっ、土を食べてる!(笑)
090331_1355~0002.jpg

外側から壁に小さな穴をあけているところ。
090331_1403~0001.jpg

バケツで水を流してみる。
090331_1425~0001.jpg

よしよし、外に流れた。
090331_1426~0002.jpg

 今までは一番低い壁際におしっこがたまるのでもみ殻を厚めに
敷いていた。それでも限界があり、小屋の床のゴムは湿った状態。
小屋の中にいるより、外にいる方が多いから、本当は外を
早く改善してやりたいけれど、今できることはここまで。
小屋の中は真ん中にでっかい柱があるから、横になって寝たい銀花は
ちょっとかわいそうだけど、このおしっこの通路には今日から
もみ殻を敷かず、寝場所としては狭くなってしまうが、手前の
毛布のカーテンの方に厚めに敷いた。

 様子を見ながらまたお散歩に行って、様子を見ながら乗ロバも
大丈夫とのこと。でもいつも銀花は削蹄のあとしばらく
歩き方がぎこちない。歩くことで蹄の血液の循環を良くして
蟻洞の原因でもあるバクテリアを減少することも
あるそうなので、またお散歩、行こうね銀花。
090331_1258~0001.jpg

坂下さんたちには春さんが亡くなって間がないころ
馬たちを見に来ていただいたこともあり、その後の状況など
お話することができた。馬たちの幸せを、阻むつもりはなくても
阻んでいるややこしい、面倒くさい、人間の感情。
それでも何とかしなくてはならない。わたしは以前から
里親さんが決まり出せる日がわかった時点で梅太郎だけでも
坂下さんのところに一度お預かりしていただき、トレーニングを
入れていだたこうと考えていた。少し扱いやすい子にしてから
もらっていただく。そのことも相談させていただいた。
上からのしかかって、人を骨折させる馬を優秀な障害者乗馬に
することができる方たちである。ところがそれならば、飼っていただく
方も一緒にトレーニングしなければ意味はない、と。
それはそうだ。わたしもめぐのトレーニングでは、犬の訓練は、
人間の訓練に他ならないという隠された真実を知ったのだった(爆笑)
 でも、ほとんどあちこち旅人のようにまわっていらっしゃる
坂下さんが見に行ってくださることは可能とおっしゃってくださり
ひと安心。春さんの馬たちに心を砕いてくださる方がここにも
いらっしゃる。なんとも嬉しいことである。
posted by ミチル at 00:00| ☔| Comment(4) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また一つ、光明がさしたようで良かったです。
お馬さんたち、心強い方たちがいらして幸せだね。
安心して落ち着けるようになることを願っています。

銀花ちゃん、慣れればお散歩に行けるし良かったね!ヽ(^o^)丿
Posted by さゆり at 2009年04月01日 09:50
さゆりん♪ありがとうございます!馬たちに里親さんが決まって出せるようになるにはまだ先は長いけど今わたしにできる準備だけはしておかないとね。銀花も坂下さんたちがいつもいろんなことを教えてくださるので安心です!
Posted by ミチル at 2009年04月01日 12:21
銀花ちゃんの足が痛かった原因はそれだったのかな?
だったら対処法がわかって徐々に改善していかれるから良かったね あのスペースのあの傾斜に固まる赤土を敷きつめるのは大変だけど、王様が何とかしてくれるでしょー!(人まかせ・笑)
Posted by uniken at 2009年04月01日 18:59
ウニちゃん♪今回はギドウという、ありがたくない原因がわかりました。完治には長くかかるそうだけどマメに裏堀してできるだけ清潔にしてやります。斜面ってのもほんとに困りものだよ、どうしたもんかねー。大量に土入れるにしても駐車場までトラック入れるのか?
Posted by ミチル at 2009年04月01日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: