2009年03月02日

工事見学会

 暖かい日差し。昨夜干し忘れた洗濯物をお昼近くに
あわてて干したら、3時過ぎには乾いていた。ああ、
ふとんも干せば良かった。天気になってこのところの
悪天候で延期になっていたらしい道の補修工事が家の前にきた。
ぎりぎりセーフで犬たちは何とか連れ出した。
こうして見ると、ちょっと、おりこうな犬たちに見えない?
090302_0942~0001.jpg
このあとのチャッピーの散歩に銀花も連れて行こうと
思ったら前の道は人間の歩く場所だけ残してアスファルトを
引き始めてしまった。銀花は諦めた。今日みたいに工事車両が
たくさん動いて人も大勢いたら、銀花の生意気な鼻っ柱を折るのに
ちょうど良かったのに、残念。でも無口を持ったところで
行かれなくなってしまったから、良く話して納得してもらう。
090302_0956~0003m.jpg
そういえば、この舌を出して自分でかみかみするしぐさは
梅太郎もよくやっている。(http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/113170700.html
銀花までやり出した。銀花は見てると右ばっかりに舌を出す。
いったい何なんだろうな??

 しばらく外がにぎやかだから一緒にいると、工事車両が
行ったり来たりするのをじっと見ている。あまりに熱心に
見ているので、大きなローラーを運転してるおじさんが気がついて
笑っている。
090302_1101~0001.jpg

 部屋に戻ると、こちらも熱心に見学。特に王さまが(笑)
090302_1054~0003.jpg
ダイも例にもれず。。。
090302_1052~0001.jpg

 と、油断してると、、、あーっ!!!
090302_1023~0001.jpg
・・・てんちゃん、机の上をお散歩するのはやめましょう。

おまけの写真
16枚の文電がやっとこれだけ織れた。一段織るのに16段織るので
横糸の質も考えないと、このように打ち込んだ横糸がゆがんでくる。
これ、裏がすごいことになってるんです、一段ごとに16本横糸が
通ってるからまるで横糸の束。めっちゃ重っ!苦労してやっと
これだけ織って、嬉しくて王さまに見せたら「こんなの刺繍すれば
良いじゃん」だって!むっかーっ!!・・・ず、ずぼし(爆笑)
090302_1529~0002.jpg
posted by ミチル at 22:34| ☁| Comment(15) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜!すごい!すごいね!ミチルさん!
さすが文電の星☆!
可愛い〜!こんな文電見たことないよ〜!
王さまなんて気にしちゃダメ!分かる人には分かるんだから〜!
先生が出品しても良いよとおっしゃってました。
これは10月の展覧会用だよね!?
先生にミチルさんがスゴイの織っています!ってお伝えしちゃお〜。( ̄∀ ̄*)イヒッ
Posted by さゆり at 2009年03月03日 00:50
さゆりん♪チガイマス、実は。。。この写真だけ
ちょっと画像を奇麗に加工したのであった(爆笑)
やっぱり16枚になると計画性も必要かな、一番
苦手なんだがなー。何しろ裏がすごい〜!それに
軽くしようと縦も横もシルク使ったから特に縦は
毛羽立っちゃってとても手にとってご覧くださいとは
言えません!(笑)展覧会は200まんえん!!の
お着物を着たウニちゃんとおそらくこれまた素敵な
着なれたお着物姿のsutemaru先生と、家畜臭い
いつものミチルで拝見に上がる予定でございます!
あっ、一応着替えて行くからね(爆爆)文電は
ひたすら楽しくてどんどん絵が浮かぶんだ〜!これは
たまたま織った青い鳥、この上はこの赤い実から芽が
出るところを織り途中、それが育って木になるには
どのくらいの時間がかかるのかなー?(爆笑)さゆりんのおかげだよ〜!!ありがとう♪さらにちょっと浮気してオーバーショット始めたんだけど全然違うものに
なっちゃった!また助けてね〜ん!!
Posted by ミチル at 2009年03月03日 01:08
んじゃ私は5000円の着物で。会場最安値を狙います。(笑)
まだ行く日は決まってないけど、会えるといいな♪
Posted by さゆり at 2009年03月03日 09:43
きれいにかわいいのができたね!刺繍(笑)
これだけ厚みがあったら裏生地はってバッグとかにできるんじゃない?
あ〜暇だよ〜遊びに行きたいよ〜ミシン持参で・・
Posted by uniken at 2009年03月03日 10:11
王様後姿もステキです♪
なんだか海の上のバンガローにいる方みたい
Posted by uniken at 2009年03月03日 10:28
さゆりん♪それもまたさゆりんの着こなし?帯や半襟などの組み合わせが私的にはすごく楽しみ♪♪ウニちゃんのママンはもとご令嬢でスペシャルな着物関係のお仕事なさってたんだって!また色々つながると楽しいね!!
Posted by ミチル at 2009年03月03日 11:00
ウニちゃん♪100均のローガンヌかけて「刺繍」頑張りました(笑)王様にこれどうすんの?と聞かれ答えに詰まった!まだまだ先を織るんだも〜ん♪肩から下げると地面につく バック?(爆笑)人生《ヒマ》も大いに大切だよ♪♪「ごみの上のガンバロー」な王様、そんなに素敵?(爆爆)
Posted by ミチル at 2009年03月03日 11:07
一部の方にしか見えないかもしれませんがhttp://www.vets.ne.jp/~sutemaru/member/saphir_1/saphir/tomotomo.html/tomotomo.html
此処にも舌を出す子達が載っています。
年齢的に年取ると歯の疾患などや歯が無くなった後などにそうする子もいますが、銀花ちゃんはまだ若いから、退屈しのぎに覚える子もいます。様々な原因が考えられますけど、ほかに何か変わった事始めていませんか?
ちょっとストレスもあるかもしれませんね。お散歩の回数が減っていたりするから。
Posted by sutemaru at 2009年03月03日 16:32
sutemaru先生♪何度見ても笑っちゃいます〜!!
とくに2人そろって舌出して、なにやってんのぉぉ!?
あっ、もしかしてあっかんべー!?(笑)
梅は乗馬公園にいたころからやってました。大好きな
カレイのそばにいる時にみかけました。梅のは
すごいです、舌をちょっとたてに折りたたんで
はむはむしてます。銀花は気がついたらやってたんだけどやっぱり退屈で変な癖がついちゃったのでしょうか。
他には下にしいてるゴムマットを引っ張り出してたり
うっかりベランダから落とした洗濯物ぐちゃぐちゃに
してたり!また雪ですよー、せっかく昨日で
運動場が乾いて来たのに〜。
Posted by ミチル at 2009年03月03日 21:12
ゴムマット引っ張り出したりするのはすごい。
馬はそう言う事あまり見ないけど、試合などで他の馬が飼い桶を咥えては放してすごくリズムカルに動かす子いましたよ。煩いので見たらあの大きい飼い桶を上手く咥えて投げるの。
それぞれ馬の性格があって面白いけど、それが何かのサインかもしれないので一応見ていたほうが良いですね。
馬の良く判る方がお家にいらしたら、歯を見て頂くと安心ね。春さんが今までいらしたので安心していたので、近くに時々相談に乗って頂く方を作っておくと良いですよ。
Posted by sutemaru at 2009年03月04日 16:13
sutemaru先生♪今日は天気悪くて小屋から一歩も出てきません、それで届かないと思ってたとこにあったポリバケツ引っ張り出してました(笑)春さんの音はイタズラっ子で何かしらイタズラを探します、以前でっかいワイン樽の飼い葉桶に前足両方とも入れてブランコみたいに揺すってて春さんに何やってんの?と聞いたら頭のよい子は自分で遊びをすると教わったことがあります。やっぱり長い時間放置するのは決して良いことではないんですね。春さんがいなくなって保護者をなくした気持ちです…また今月削蹄があるので坂下さんに見ていただけたらと思います。
Posted by ミチル at 2009年03月04日 16:41
うぁあああああああ・・・すんごい大作、編んでるんだね。文電の意味わかってないけど。
Posted by ワラビー at 2009年03月08日 20:28
ワラビーさん♪いや、全然大作じゃありません!!
幅30センチ足らずです〜(爆笑)文電っていうのは
勝手につけた当て字で本当はブンデンローゼンゴン、
またはブンデンローゼンゴングという、スウェーデンの
織り方です。制約はあるけどがらではなく、好きな絵が
が織れるからすごく気に入っています!!
Posted by ミチル at 2009年03月08日 21:10
ブンデンローゼンゴング?!覚えられそうもない;;そんな織り方があるんだね。絵が織れるなんていいにゃん≡^^≡出来上がりの写真、楽しみにしているね。(もうできたのかなぁ?)スウェーデンとか北欧系の家具や雑貨って色が明るいから好きです。おばけの童話とか・・・
Posted by ワラビー at 2009年03月09日 21:43
ワラビーさん♪そう、覚えられない、打ちにくい、
なので、略して「文電」ちょっと、文学者専用列車
みたいでしょ!?(爆笑)北欧の方はやっぱり
奥が深いね。ヨーロッパの文化に触れると、わたしたちはいつも海外というとアメリカの情報ばかりで
ヨーロッパのことはほとんど知らないことにいやでも
気がつくね。
Posted by ミチル at 2009年03月09日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: