2009年02月06日

今日も小春日和

 良いお天気になった。朝ごはんの支度をしてると
台所には・・・
090206_0903~0001.jpg
度量のせまいボス犬めぐが、てんちゃんが食べ物に近寄らないよう
わたしの足もとにいる。てんちゃん、こんな美人なのに
とっても食いしん坊なのよー。
090206_1134~0001.jpg
 だけど動物は、口がきれいとか、お行儀が良いとかより、
食い意地が張ってるくらいの方が圧倒的に育てやすいことは
猫を何十匹も育てた経験から思う。いざというとき、
食いしん坊の方が絶対、もつ。
 それでもてんちゃんは、春さんにも同じように叱られたことが
あったのか、「ダメ!!あっち行ってて!」の一言ですごすごと
後ろ下がりをして、台所から出て行く。これはめぐがいるから
通れなくて困っている。こまめにちっこに出してやるように
したらペットシーツでもたまにしかしなくなった。

 銀花はまだすこうし、びっこをひいてるけど、気をつけて
見ないとわからないくらい。良かった良かった。久しぶりに
馬着を脱がせた。これはゆりとごあいさつしてるわけでは
ないんです、銀花に煮干しをやったら口からこぼれて、それを
ゆりが必死で探している図。銀花も探してたけどあっさり
ゆりに取られた。やっぱり、ロバはうすのろだったのか
それとも相手が悪かったのか?(笑)
090206_1002~0001.jpg
来週くらいからまたお散歩に行こうと思っていたら
いよいよ来週から道の補修工事が始まるそうである。
それでも歩ける場所はあるだろうけど、なんか、がっくり。

 午後からはお絵かきだった。今日は月初めで絵を返したり
カリキュラムを渡したりしなくちゃならないのに
何も準備してなくて、ドタバタと始めた。でもお絵かきの間は
子供たちのバカ笑いに巻き込まれ、おばちゃんおばちゃん!!
の呼び声に没頭できる。まだわたしは何もする気力がなくて
動物たちをかまっている時間だけが至福。これじゃいかんと
思いつつ、機織りさえする気になれない。コケッコーズたちも
こんな形でまたわたしを喜ばせてくれた。子供たちの描いた
鶏、どれも元気いっぱい、目の前の生き物に子供たちの
感動が現れていると思う。
090206_1504~0001.jpg
posted by ミチル at 23:03| ☀| Comment(10) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間の顔にしても、動物の顔にしても、自分の書きやすい向きって自然にありますよね。
私はどういうわけか左を向いているものが殆ど何です。
右向きが多かったのでふと思いました。
鶏の絵、素敵ですね。どれも生き生きと描かれていて最高!色合いも素敵です!
Posted by sutemaru at 2009年02月07日 00:44
sutemaru先生♪人間の手の癖ってどうしても
あるみたいですね。ふつうに右利きなら線を引けば
右上がりになるようですし、どうしても描きやすい
方角はやっぱり左向きかもしれません。これは
鶏たちを実際ゲージに入れて、目の前で描かせ
たのですが、鶏たちが出口の方向へ向いていて
それというのも、子供たちがしょっちゅう、触りたがり
おまけにミルワームもあげたりしてたので
鶏たちがゲージの出口、すなわち右を向いてたのが
種明かしでーす!薄いベージュの色画用紙に
クレパスで描かせて外側は好きな形にしました。
子供たちは鶏を怖がって触れなかった子も、だんだん
慣れてきて、この頃は抱っこしたいと、みんなで
とりっこです!
Posted by ミチル at 2009年02月07日 00:57
私も鳥がそう向いているのではと思いましたが、それでも私は描きやすい方向できっと描くだろうなと思います〜(*^_^*)色合いはその子の人間性が出ますものね。良い子が沢山ですね。
Posted by sutemaru at 2009年02月07日 09:43
本当かどうか分らないけど、最初に描いた人が左向きだったからと
聞いたことがあります。
そして動物や魚の辞書に画を提供した方々も左向き。
小さい頃、最初にすり込まれた画で左が描きやすい向きらしいです。
文字が横書き絵本だと物語が右へ進むので、絵が難しいって
縦書きにする人もいるのよ。
もっとも最近はそういう基本も無視だったりします。
コケッコーズ、しっかりモデル業こなしてるのね♪♪
次はてんちゃんがモデルデビューかな。
Posted by 黒糖 at 2009年02月07日 17:46
sutemaru先生♪わたしもきっとそうだな〜。子供は
そこはやっぱり正直なんでしょうね!うちのお絵かきは
好きに自由に空想の時、しっかり見て描く時って
分けてて子供たちもある程度わかってくれてるから
正直に描いたのでしょうね!こんな絵を見るとこちらが
元気をもらえる気持になります。暖かくなったら
外に出て銀花を描かせようと思っています!
Posted by ミチル at 2009年02月07日 23:04
黒糖ちゃん♪そういう説もあるんだねー。目に
映ったものの印象って、思いのほか残ってて
その後にいろいろ影響が出るってことだね。
そう言われてみると絵本とか普通の本にしても
読みやすいから何も感じないけどちょっと
どこかいじったり違っていたら読みにくいのかも
しれない。前に左開き、横文字の本があって
妙に読みにくかったのを覚えてます。人間の
自然の動作に即したものは見やすかったり
使いやすかったりするんだろうね。最近は
ぎっちょの人も多いからその辺はごちゃごちゃに
なってきてるのかな。夕方になると鶏たち工房に
入れるでしょ、子供たちが待ってて、抱っこの順番で
言い争ったりしてると、おばちゃん、嬉しくなっちゃう!てんちゃんはあちらの家で預かっていた時工房に
いたから実はもうモデルデビューしてるのだ!
あったあった!ここここ!↓
http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/19052240.html
てんちゃん、きれいなお嬢さん犬なんだよ〜!
あ、見た目ね、見た目!(笑)
Posted by ミチル at 2009年02月07日 23:15
モデルデビュー、以前にさかのぼって見た記憶があるわん(^^;
2006/6月前後を改めて見たら、銀花ちゃん若い〜〜
てんちゃんも♪
そして銀花ちゃんが庭で走ってるのを見て、
お散歩したいだろうな〜って。
Posted by 黒糖 at 2009年02月07日 23:50
黒糖ちゃん♪そ!あの子がてんちゃんなんだよー!!
何しろ優しい子だから絶対だれにも逆らったり
もちろんのこと、小さな子供にかじったり
100パーセントない子だからあの時犬の大嫌いな
子も頭なでられたんだよ〜♪もう今年で3年も
経つんだなー。みんな若かったよね!
銀花はやっぱりこっちは狭い。それに傾斜地だから
絶対もういちどがんばってどこか引っ越すぞ!!!
Posted by ミチル at 2009年02月07日 23:54
ミチルさんの所に来る子供達は三本足の鶏なんて描かないですむわね。三本足のカラスは神様みたいな存在で居るけど、それと鶏では一寸違うものね。良く鶏描かせると足の数も判っていない子が殆どですって、今の時代では仕方ないでしょうけど、馬でも鳥でも犬でも猫でもちゃんと見れるから生徒さん達は自然の教育が身に付いて本当に良いわね。
先生が良いのね!
Posted by sutemaru at 2009年02月08日 00:37
sutemaru先生♪もう20年くらい前ですが初代の鶏ぴよをその頃幼稚園の教室に連れて行って描かせていたんですけど確かに4本足を描いちゃう子がたまにいました!この子たちはみんな描かなかったけど子供の感性も面白いと思います。わたしはいつか先生が教育って大事っておっしゃってたのがずっと心にあります。実の子は失敗でも(笑)うちにこれだけの動物がいて一番の有効利用は子供たちに目の前で飾らない命そのものを見せることだと思います。それとね、ほら、基本がこれだから、先生が良いとか悪い以前にわたしが楽しいからやってるだけなんです!(笑)
Posted by ミチル at 2009年02月08日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: