2009年01月15日

春駒屋さんちの動物たち

 みなさん、ご心配おかけしてすみません、わたしが
心配してもらってはあまりに申し訳ありません。わたしは
生きて、今日もご飯を食べて、愛する動物たちの世話をすることが
できるのですから!!!昨日お通夜に行ってきました。
ビールでなく、お線香を春さんにあげました。今日はどうしても
お見送りに行かれなくて、春さんがお空に戻るころに
野の子と二人で春さんのおうちへ行ってきました。

ここへいらっしゃる皆さんが一番気にしていらっしゃると思うので
春さんちの動物たちのことを書きます。

 お通夜の帰りに、犬たちの先生の大石先生もいらしたので
お母さまの承諾を得て、春さんのおうちへまわり、
家に残っていた犬のてんちゃんとさっちゃん、それに
普段から春さんちの動物たちのお世話を快く引き受けて
下さっているお向かいさんへ行っていないという、猫のてふちゃんを
捕獲、連れてきました。さっちゃんは春さんに言わせると
「室内野良犬」で、春さんにさえさわらせない犬でわたしたちだけで
大石先生がいらっしゃらなければとても無理だったと思います。
 ごめんね、さっちゃん、悲しいけど、おねえちゃんは
死んじゃったんだよ、もういないんだよ、ここにいても帰って
こないんだよ、と話しかけて何とかリードにつなぐことが
できました。びびって固まるさっちゃん。このあとはバリケンの
奥にリードを引っ張ってバリケンを近づけて入ってもらいました。
でも、絶対かじろうとしません。ただこの子はまったく人の手を
知らずに放置されたように育ったのを保護団体が救いだし、それを
春さんが飼っていたのです。人慣れしていないのです。
春さんは絶対無理をせず、さっちゃんが心開くのをゆっくりゆっくり、
あくまでもさっちゃんのペースで待っていました。
090114 017.JPG
そして、さっちゃんは保護団体の方で飼い主が亡くなった場合は
戻せるそうですが遠くから来てるので返すには飛行機に
乗せたりおおごとになるそうで、しばらく大石先生のもとで
様子を見て、さっちゃんみたいな子でも理解し大切に可愛がって
くださる里親さんを探すことになります。どなたか
犬に対して心の広い方がいらしたらよろしくお願いします。

そしててんちゃんは、おうちの中に入りたがらず
お向かいのお宅でお庭につないで保護してくださっていました。
いつも春さんが連れて歩いていたこんぱるちゃんは春さんの
様子を見にいらしたお母さまがすぐに連れて帰られたそうですが
ご実家の方にも犬も猫もいて、春さんは他の動物たちに
優しいこんぱるちゃん以外めったに実家にも連れて行かなかったので
お母さまもてんちゃん、ましてさっちゃんなど連れ帰るのは
無理だったようです。てんちゃんはそんなわけですぐ車に
乗りました。以前何度か春さんが馬喰のお仕事で地方へでかける
時などお預かりしていたことがあったので問題なく車に乗れました。
わたしたちの気配を感じて、ちょうど猫のてふちゃんも
戻ってきて、ご飯を食べ始めたので捕獲、お向かいさんにバリケンを
お借りして入れました。

我が家でのてんちゃんとてふちゃんの様子
工房へと思ったけど大石先生がこれ以上グループ意識ができて
しまったらそれこそ仲間に入れなくなるから、といったんうちの
犬たちを外に出し、外で対面させてから一緒に部屋に入りました。
それでも春さんに言わせると「負け犬の星の下に生まれた」
てんちゃん、コワいコワい、猫が見てもコワい。当たり前だよね。
090114 019.JPG090114 026.JPG090114 029.JPG
めぐは案外平気なんだけど、ゆりいちごがわざとつっかかったり
ちみっとかじったりちょっかいを出します。でもめぐが一応
てんちゃんを守ろうとしてくれます。今朝一緒に散歩に行くと
チャッピーは興味津津。
090114 036.JPG090114 042.JPG
春さんのおうちへ行った帰りに買い物に回って逃げたら
大変だからてんちゃんにもうちの犬たちと同じような
ばってんになる首輪を買ってきました。かわいそうなてんちゃん。
今回も明日になればおねえちゃんがお迎えに来てくれると、
きっと思ってるんだろうね。。。

てふちゃんは出入り自由猫だったので、こんな閉じ込められた
空間に入れられて、知らない猫に囲まれてそれだけでストレスだと
思います。幸いとても人なつこく、猫マンションにじっと隠れていて
わたしが二階に行くと出てきて甘えます。そばについてれば
ご飯もたくさん食べました。女の子だったのでまだ良かったかな。
090114 035.JPG090114 031.JPG
ごめんね、てふちゃん。これからここがおうちなんだよ、
早く慣れてね。

 春さんが愛した子たちだから大切にしてやりたい。
わたしはできることしかできないけど春さんが笑って見て
くれるようにしたい。

 春さんのおうちにはそのほか、山羊が5頭、庭にはポニーの
音二郎がいました。山羊たちは元の飼い主のおじさんに、
馬喰のおじさまが連絡をとって2〜3日中に全部引き取って
くださるという話と、ご近所でどなたか欲しい方もいるという
話も入っています。いずれにしても、春さんが愛情をかけて
育てていた子たちだから一日も早く、人の気配のあるところへ
連れ出してなりたいと思いました。春さんとわたしが知り合った
とある、乗馬公園。障害者乗馬を歌ってるくせに、馬たちへの
扱いはひどいもので、餌もろくにもらっていませんでした。
わたしたちはかなり本気で戦いました。そしてそこから
肉として放出された一頭を春さんが追跡し、買い戻した
梅太郎。春さん以外、触ることもできない気難しい扱いにくい
馬です。春さんがいつも言っていた「終世雇用」とくに
馬などの大型動物にはほんのひとにぎりでしょう。それを
春さんは信条としていて、わたしは本当にいろいろなことを
春さんの姿から学びました。その、梅太郎、、、ポニーの音二郎。。。
その子たちは馬喰のおじさまが、春さんがあれだけ大切に
していたのだから面倒は見るとおっしゃってくださいました。
馬たちもヤギたちも、春さんが愛した子たちをわたしが
引き取れないのが悲しい。切なくて悲しくて写真を写して
来られませんでした。馬たちもヤギたちも、行く先が見つかり
ましたのでどうぞご安心ください。庭にいる間はお向かいの
お宅と、馬喰のおじさまのお仲間のわたしもよく知ってるおじさんが
餌はやってくださっています。2〜3日中に音二郎も
ヤギたちも引き取られることかと思います。梅太郎はすでに
おじさまの厩にいて、春さんがご実家に戻られる時
おじさまが最後だからと合わせてあげたそうです。

春さんのことはこのブログの右上にある検索のところへ
「春駒屋」「春さん」「ムトーさん」で記事内で
検索していただくと、動物たちに対してどれほどの方だったか、
またわたしたちがどれほど恩恵に被った方だったか、よく
おわかりになるかと思います。わたしは元気に動物たちの
世話をしています、お返事を入れたり、毎日アップできるか
わかりませんがどうぞご安心ください。そしてありがとう
ございました。
posted by ミチル at 00:36| ☀| Comment(23) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポニーの音二郎は春さんがかわいがっていた
ポニーのもえぎちゃんのお婿さんに、さんざん
探して春さんのお眼鏡にかなったとっても
頭の良いポニーです。ところがそのもえぎちゃんも
音二郎と対面する直前に急逝してしまいました。
音二郎はとても良い馬のようなのでもしか万が一
馬喰のおじさまのところを出るようなことが
あっても心配はないかと思われます。
Posted by ミチル at 2009年01月15日 00:49
春さん、きっと安心していると思います。
春さんも動物たちも安心できるように、しばらくゆっくりしてください。
無理のないペースで、余計な気遣いはせず、休んでくださいね。
Posted by さゆり at 2009年01月15日 06:45
さゆりん♪ありがとう。今日からガッコーです。久しぶりに早起き!てんちゃんがニコニコして迎えてくれました。日常が戻って気が紛れます。泣いてばかりいられないからがんばります!
Posted by ミチル at 2009年01月15日 07:29
ミチルさん本当にお疲れ様 でも、無理は絶対だめだよ
行きづまったらこのブログで助けを求めると良いよ
みんなで考え、意見を出し合い、助け合いながらゆっくりやっていけば良い 大丈夫安心して何でも相談してください。

ミチルさんは自分でできる最大限のことをやっていると思うから全部の子たちを引き取れなくってさみしいだろうけど限界を超えることはできないからね その決断も動物たちの為だよ
Posted by uniken at 2009年01月15日 07:33
ウニちゃん♪ありがとう。お疲れさまなんてわたしが言ってもらう言葉じゃないよ、わたしはまだまだがんばれるんだもん。sutemaru先生に皆さんが心配してるわよと言われてアップしようと決めたんだけど、みんなに安心してもらう以上にみんながまたわたしの悩みを聞いてアドバイスしてくれるんだよね。本当にありがたいことです。春さんも歯を食いしばってまで頑張らないで愚痴こぼして泣き言言ってくれたら良かったのに…。やぎと馬はわたしには力不足で本当に申し訳ないです。でも生きて行かれる行き先があって良かったです。
Posted by ミチル at 2009年01月15日 07:55
ミチルちゃん、本当にお疲れ様でした。春駒屋さんの動物達のことが、とても心配でしたが、こうやって報告してくれて、辛いところ、ほんとにありがとう。
動物達も春駒屋さんのことをどんなに待っているかと思うと…心が痛くなります。
春駒屋さんの魂は、きっといつも動物達ひとりひとりのそばに、ずっと寄り添っていると思います。そしてミチルちゃん達家族みんなが、春駒屋さんの精神を受け継いでいるから、動物達はまたきっと幸せになってくれると思います。
どうか、春駒屋さんの愛した動物達が、これからも元気で、春駒屋さんの魂と共に穏やかに暮らしていけますように願っています。
ミチルちゃん、今はたくさん泣いていいんだよ。我慢しなくていいよ。きっと泣いてるミチルちゃんを見て、動物達はわかるはず…動物達は、ミチルちゃんを放っておかないよね。だから、ミチルちゃんは、また、立ち上がって、頑張れるんだよね。
Posted by ミカママ at 2009年01月15日 08:23
ミカママちゃん♪ありがとう。まだ家の方にやぎたちと音次郎がいるから気になりますがご飯はもらっているし、あと数日で連れ出してもらえるようなので良かったです。春さんは動物たちの健康管理にはすごい気をつけていた人なのでちゃんと天に昇れたか心配しています。動物たちが落ち着くとこに落ち着くまできっとそばにいるのではないかと思います。春さんはもちろんだけど動物たちのことを思うと、本当にどんなだったか想像に余りあります。うちに来たふたりには急がず、ゆっくりいやしていってほしいです。ミカママちゃん、こんなことってあるんだね、誰かに頼りにされてるうちは、役割があるから人は死なないと思っていました…
Posted by ミチル at 2009年01月15日 08:47
お通夜でお清めに二階に上がった時に、同級生が前に座っていました。彼等の話を聞いていました。話は飼っていた動物達の話ばかり、今迄飼っていたであろう亡くなった子の話から、今飼っている子はどうしているのかなど、やはり春さんらしいお話の内容ばかりでした。そして彼女の頑張り屋の性格も、小さい頃からのようで同級生はそれも話していました。夢は早く実現しないといつ何が起きるか判らないねって話していました。同じ年の死は尚更感じる所があったのでしょうね。
春さんの動物達については確かな事しか書けないから、私の所で説明出来ませんでした。これからはますます動物の世話が忙しくなるでしょうから、無理しないでのんびりと行けると良いですね。
Posted by sutemaru at 2009年01月15日 08:54
また残されてしまった動物達のために頑張られたのですね。少し元気を取り戻されたようでよかった。お友達の方のことはこちらへ伺って日も浅いため語る資格はありません。ただミチルさんに一言。ご自分でも言われていますけど、どうか体だけは大事にしてくださいますように。私達の年齢は無理を重ねてきた結果がそろそろ表面化してくる頃ですから、ちょっとしたことで病気の方へと転がってしまいます。一度悪くなったら完全に元に戻ることはありません。私も無理ばかりして今は長患いの身です。
いつも元気一杯のミチルさん、その元気がこれから20年、30年と続きますように食事や健康管理も頑張ってください。
Posted by きんいろのからす at 2009年01月15日 09:09
ミチルちゃん、本当に私も、頼りにされてるうちは大丈夫なんだと思っていたけど、やっぱり人間の体にも許容量ってあるのかな…注意信号が出ていても、まだ頑張れるって自分に言い聞かせているうちに赤信号になってしまう時があるんだね。
春駒屋さんは、本当に頑張っていたんだろうし、動物達はそれに答えていたはずだから、春駒屋さんは自分のことより動物達の命が輝いていることの方が何倍も嬉しかったのでしょう。春駒屋さんだから出来たことでしたね。ミチルちゃん達が、それを一番よく知っているから、どうか、体の無理だけはしないように、春駒屋さんの襷をつないで行ってくださいね。
Posted by ミカママ at 2009年01月15日 09:23
sutemaru先生♪ありがとうございました。先に先生の方に書いていただけたのでわたしも余裕ができました。今全員でお散歩行って来ました。お散歩でてんちゃんは放してあげられないけど仲良く違和感なく行かれます。春さんは子供の頃図書館にあるむくはとじゅうやシートンなど動物の本を読みあさっていたそうです。乗馬クラブに入るのも何年もお年玉ためたんですって。文字通り動物を愛し動物たちのために生ききったのだと思います。失った痛手は一生続きますが春さんと話したこと、彼女の行動全てがこれからもわたしの指針です。たくさんだからぐずぐずしてられませんね!
Posted by ミチル at 2009年01月15日 10:24
ミカママちゃん♪本当にありがとう。春さんのかかえてたことは大変過ぎたと思っていました。人間がんばってもからだがこれ以上がんばりたくない、赤信号なのに動物たちのことを考えると春さんは歯を食いしばっていたのだと思います。その点春さんと対局のわたしはイヤなことはイヤ、感情が先走るから無理もしないから大丈夫です!今は1日も早くうちの生活にふたりに慣れてもらうことに全力を尽くします!コケッコーズも銀花もダイも元気なのでご安心くださいね。
Posted by ミチル at 2009年01月15日 10:30
きんいろのからすさん♪春さんはわたしたちが6年前に出会い、彼女のおかげで動物たちに関して飛躍的に、目からウロコでした。今のうちの暮らしがあるのも春さんのおかげと言って過言はありません。お時間のある時ゆっくり記事を読んでみてください。彼女がどれほど動物たちを愛し、彼らの命を輝かせた人だったか。ただ馬喰という仕事は本人絶対愚痴を言わなかったけどかなり辛かったのではないかと思っていました。どうしても楽しそうには見えなかったからです……からだも無理に無理を重ね動物たちのため、人のために動き回り自分は一切弱音を吐かず、その上に心労も重なっていたと思うのです。わたしはたとえ同じことをしても正反対でぐずぐず泣き言言ってこうして皆さんに助けていただきながら生きてる人間です。いつもありがとうございます。ご心配おかけしてすみません。
Posted by ミチル at 2009年01月15日 10:41
体調を壊し1週間ぶりでPCの前に!!

ミチルさん 心身共お疲れでしょうね!大切な方の喪失感はどれだけ大きいかと、お察しいたします。
春駒屋さんの大きな愛には、いつも教えられる想いでした。腹立たしい程・残念です‥‥でもミチルさんのできうる限りの事したんだもの・後は天命を待つのみ。

空から見守ってくれてると思います。
ご冥福と遺されたご家族の方々のご幸福をお祈りして!
Posted by クロの継母 at 2009年01月15日 13:51
黒ママちゃん♪いまだに現実とは思えません。でもわたし以上にご家族の悲しみと喪失感は計り知れないと思います。今は時間がたって少しずつ日常にまぎれるのを待つだけです。春さんみたいな人はもう二度といないだろうなぁ。
Posted by ミチル at 2009年01月15日 16:20
ミチルさん、動物たちのこと書いてくれてありがとう。
たくさんいた動物たちのこと、気になってました。
そしてお疲れさま。

ますます忙しくなっちゃうだろうけれどきちんと怠けてね。
頑張りすぎない、我慢しないが大事。

春駒屋さん、きっとみんなを見守っていてくれると思う。


Posted by あずき at 2009年01月15日 18:24
ミチルさん、辛いのにありがとう♪
残された動物達は、しばらく環境が変わり可哀想ね。
はやく皆が安心して過ごせるように願っています。
本当にお疲れ様です。

春駒屋さん自身も、きっと戸惑っておられることでしょう。
「大丈夫だからね」って言ってあげられることが一番の供養だね。
てんてん模様の可愛いてんちゃん、タキシードかな?てふちゃん
ここはとっても安心なおうちだからね♪

Posted by 黒糖 at 2009年01月15日 22:53
ミチルさん、この度のこと、
何とお声をおかけしたらよいかわからず、
コメントが遅れてしまい、すみません。
お辛いのに、とても読み応えのある記事を
書いて下さって、ありがとうございます。
じっくり読ませていただきました。
きっと春駒屋さんもこの記事をご覧になって
ミチルさんの側で微笑んでいらっしゃるような気がします。

                     合掌
Posted by 羽根 at 2009年01月16日 02:03
小豆犬さん♪夕べは10時前にこたつで寝てしまいました、返事遅くなってごめん!昨日は鼻がずびずびのてふちゃん王さまが獣医さん連れて行って二階からなな、ぴみ、うみ、ろまんと女部屋の子供部屋に移しました、まだ猫少ないしいつも見てられるので。相変わらず隠れてるけどしゃがんで触っててあげるとたくさんご飯食べてくれます、ありさんの(一昨年亡くなった春さんのボルゾイ)の腕枕で寝てた平和だった頃を思い出してまた悲しくなってしまいました。
Posted by ミチル at 2009年01月16日 07:55
黒糖ちゃん♪行き先がなんとか見つかってとりあえずホッとしてます。ただ梅っちに関してはたとえば馬喰のおじさまに何かあった時、万が一出されたら100パーセントお肉にされちゃうと思うのでまた落ち着いたら親しかった方と相談してちょっと考えてみようと思っています。春さんがどんな思いで救い出し、あれだけ看取ると言ってた馬だから絶対お肉にはできません。
Posted by ミチル at 2009年01月16日 08:03
羽根さん♪コメントありがとうございます。ここでもわたしはたびたび春さんのことを書き、春さん流動物の接し方を学んでたので皆さんにここで知っていただき皆さんにお悔やみいただき、春さんにもきっと届いていると思うのです。春さんだったらめそめそしないでサッと動いて残された動物たちを全部家に連れて行ったことでしょう。わたしにはそれができなくて切ないです。
Posted by ミチル at 2009年01月16日 08:08
こんばんは
てんちゃんとてふちゃんは良い子にしていますか?
いちごとゆりはまだちょっかいだしていますか?
野の子ちゃんは大丈夫ですか?ミチルさん風邪ひいてない?
私の方もなかなかブログの更新ができないけどふくは元気にミルワ〜ム食べていますよ。今日新しいのが1キロとおまけのレッドワ〜ム300匹が届きました。
Posted by uniken at 2009年01月16日 18:21
ウニちゃん♪ありがとう。てんちゃんとてふちゃんは良い子なんです!問題は我が家のやつら!今日はお絵かき初日で元気にコケッコーズ描いた。何かに夢中になってると涙が出ない。学校始まって忙しくなりそうだから元気になるよ、ありがとう。今夜てんちゃんとてふちゃんアップするね。
Posted by ミチル at 2009年01月16日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: