2005年12月27日

急ブレーキ

image/akiyamakoubou-2005-12-27T18:45:54-1.JPGコーチャンが夜なべして張った工房の外壁のペンキ塗りをする。コーチャンは下の家へ腐った畳を剥し私達で張ったコンパネを剥しに行く。すっかり元通りにしなくてはならないがさすがに崩れた土壁に張ったベニヤや落ちていた廊下などを直したのはそのままで良いと言う。傷みのひどい歪んでいる築120年の古屋をまさか雨漏り以外に畳の新調も建具までも作り直すとは想像だにしなかった。が借家は借家、店子は店子だ…ペンキ塗りを終えたら4時過ぎ、寒くで指先はパンパン、鼻水も凍付きそうだったがノノコを誘って柵に入る。追い回し引っ付き歩行後ノノコを乗せて引ロバ。銀花は人を乗せるのに大分慣れて来たのにノノコがびびってダメだ。じゃ私がちょっと乗って終わりにしようと跨ったら柵の下を山仕事のおじさんが通った。馬かね?いえ、ロバです。乗せるかね?今勉強中で…あっ!メグのお父さん犬のおじさん!?銀花は無口も鞍も外してやるとドドーッと走って私の直前で急ブレーキ。前に子供の馬に同じ事されたっけなぁ(笑)人気blogランキングへ

posted by ミチル at 18:45| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
♪コーちゃんが夜なべをして♪
ですか?最近の教科書では習わないのでしょうか?ポップスなんていつでも聴けるのだし、もっと古い歌を教えるべきです。
「ふるやのもり」は怖ろ〜しい!
という昔話もあるくらいですから、そのままでもいいのでは?
Posted by 鵺娘 at 2005年12月28日 12:06
ヌエちゃんこんばんは(^^)/今年も残り3日ですね。下の借りていた家はまともな大工さんなら修繕見合わせるよう家主に言うと思うんですよ、うちは夫は大工だった事があるのでいちお忠告はしたそうです。家って人が住んでないとあっと言う間にダメになるんですね。まぁ私達の持家じゃありませんからねぇ…。
Posted by ミチル at 2005年12月28日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック