2004年11月22日

風通し

今日みたいによく晴れた日は銀花の小屋はこうして全開。
小屋の中ではおしっこをしないと思っていたら藁の下に
しいてある砂に吸い取られていて気がつかなかっただけ
でした。藁もどっさり敷いているので上の方は乾いています。
でもフォークでひっくり返すと下は湿っているのです。
あまりびしょびしょのは捨てて後はこうして窓や扉を
開け放して小屋の中に風を通して乾かします。今日び
藁はなかなか手に入らなくて貴重です。かといってあまりに
干したりしまったりを繰り返しても臭くなるし普通馬小屋などは
木の粉おがくずが主流のようですが。

お日様が冬になって日当りの悪い我が家はさらに悪くなりました。
前庭にも午前中しか日が当たりません。銀花は2時ごろには
裏の柵に移します、その方が今度は西日がさすので。
zenkai
posted by ミチル at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
濡れたわらも天日干しをすると、おしっこの臭いもなくなってまた使えるようになるそうです。ただし手間がねぇ〜。
最終的にはぼろぼろになって擦り切れてなくなるまでわらは使えるそうなんですが。
Posted by ゆーじ at 2004年11月23日 11:23
なんか〜アサヒでのイメージが悪すぎて銀花にはちょっと贅沢させてるかも(笑)。本当は藁がそうやって再生が利くから一番いいそうですね。うちでは2回くらいおしっこ乾かした後は捨てちゃってるな〜。これから寒くなるから藁もたくさん使うし防寒対策で頭が痛いです。そちらは暖かでウヤヤマシイです〜。
Posted by ミチル at 2004年11月23日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック