2008年11月10日

銀花の削蹄

 猫(ちゃい)も、ジャーの上に寝て、ポットを枕にする
寒い朝・・・
081110_0936~0001.jpg
 今日は銀花の削蹄の日。装蹄師さんとしても、
ウェスタン乗馬の方でもかなり有名な、ウエストウインドランチの
坂下さんに来ていただく。今日はなんと、奥さまもご一緒。
奥さまのゆう子さんも日本で屈指の馬乗りの方。
ウエストウインドランチ↓
http://wind.ap.teacup.com/ranchblog/
(おふたりの動画があります、必見です!)
ゆう子さんの書かれている記事はわたしたち素人には
できないことでも、とってもわかりやすく、
素人が納得できる内容で書かれており、「ちょっと似たこと」は
できそうな気持になり、参考にさせていただいている。
馬を否定するのでなく、こういう時は人間の方でこうする、
というスタンスが読んでるだけで楽しい。
わたしはいつも非常な尊敬の念を持って読ませて
いただいているので、雲の上のようなゆう子さんに
なでなでしてもらってる銀花に、軽い嫉妬を覚える(爆笑)
081110_1136~0001.jpg
今日はすんなりこの場所に、自分から入ったのだが
まぁ暴れる暴れる!以前何かの本で、片足を固定していても
きかない馬だと片足になっても蹴りあげるから要注意と
読んだことがあったが、まさに「きかないロバ」なのね。。。
081110_1136~0002.jpg
 でも、そこはさすがなお二人である。やたらめったら
押さえるしか能のないわたしたちに、押さえる、または
ゆるめて褒める、きちんとしたタイミングを教えてくださる。
もう、いちいち、目からうろこ!
 緊張のかたまりと化した銀花は、寒いのに文字通り汗びっしょり、
首筋から汗が水滴になってしたたり落ちた。これは
暴れてるせいでなく、精神的に緊張してるからだそうである。
そして、緊張も時には必要とのことを教えていただいた。
うちみたいに、かわいいかわいいで、生活の中でメリハリを
つけてやらないと、馬(ロバ)は群れの生き物だからいつまで
たっても主を主と認めようとしない。。。ぜんぶ、うちだー!!(笑)
 馬とともに生きてこられた方たち。ロバとともに
これからも生きていこうとしているわたしたち。たくさんの
ことを教えていただいた。まだまだ足りない、そして
それをきちんと実行できないことには話にならない。
明日から、狭いけど、また追いロバしよう。

 汗をかいたのですぐお洋服を着せる。きれいにして
いただいた、かわいいロバの蹄。
081110_1301~0002.jpg

さっそく散歩に行く。今日のおともはめぐだけ。
のんちゃんは押さえなかったから好き?(笑)
削蹄していただくと2〜3日、小またというか、
歩き方がぎこちない。それがまたかわいい。
081110_1439~0001.jpg
坂下さんたちのお話に感化された王さま、
珍しく積極的、よし、さっそくおれさまが乗ってやろう。
081110_1455~0003.jpg
さっきの今だから、従順に歩く。でも王さまはいまいち
気が弱いなー。明日からはわたしが乗ってやるぜ、
待ってろよ、銀花!
posted by ミチル at 20:28| ☁| Comment(10) | ロバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銀花ちゃん すっきりしてもらってよかったね。
でもお疲れ様。
野の子ちゃんにチューしてるの かわいいね〜。

ジャーを開ける時もくっついてたら面白いな〜猫フタ(笑)
Posted by 黒糖 at 2008年11月11日 00:43
黒糖ちゃん♪うん!いつも写メール送って
見ていただくからいつかみたいに素人判断でなく
的確な時期に切っていただけるから安心なんだ!
でも、、、ハズカシカッタ・・・!!
極度の緊張は主と知らしめるチャンスでも
あるんだって!・・・はっ!?・・・極度の緊張が
まったくないからわたしたちって良い飼い主に
ならないんだ!!(爆笑)

未だに階下にこないのがこれでぴーたとちゃっく
つるくん。ちゃいもなかなか来なかったけど気がついたらフタ猫ポットまくらつき(笑)今まで何度かジャーの
フタがあいてたことがあってこれだったのかな??
あけたらしめてください!(笑)
Posted by ミチル at 2008年11月11日 00:55
ジャーの上はぬくくて気持ちいいのよね。
最近はだれも乗らないけど(笑)

蹄を整えるってなんだか大変そう。
それでも銀花はすっきり?
コンディションOK?
緊張が必要なのは人間も同じだね(^^)

Posted by あずき at 2008年11月11日 10:10
アズキ〜ヌ♪冬の定番ジャーの上♪この間三匹でおしくらまんじゅうみたいに座ってた!ストーブたくようになったら乗らなくなっちゃった。普通の馬ならそんなに大変じゃないんだろうけど『片足でも蹴ろうとするきかないロバ』の場合大変だよ(笑)銀花はいつもだけど直後2〜3日は歩き方がぎこちないよ、やっぱはきなれたハイヒールからローヒールだものね!普段の生活の中で緊張感が皆無だとヒトも動物も野放図留まるとこナシ…(自爆)
Posted by ミチル at 2008年11月11日 10:43
坂本さんの動画拝見しました 奥様の方は優雅にゆったりと馬と呼吸を合わせて乗っているように見え ご主人の方は自由自在というか、たずなで意志を馬に的確に伝え馬も把握し、信頼して動いているように見えました。
すごい!!
ところで銀花ちゃんは?・・・そんなすごいお二人には さぞわがままな甘えんぼさんに映ったのでしょうねムフフ
銀花ちゃんに乗った王様は少年のようにうれしそうに見えますです
Posted by uniken at 2008年11月11日 10:51
uniちゃん♪見てたらなんか涙が出ちゃいました、サフィちゃんを見に行った時もそうでした。馬が人を乗せてる姿って乗ってる人と馬との静かなテレパシーみたいなのが伝わって来て感動する。坂下さんたちはすごいね!これぞ人馬一体。銀花はもう最初からずっこけてハズ〜!!私ががんばらなくちゃね!王さまはこのあとピースなどしておりました、私は初めて見ました(爆笑)
Posted by ミチル at 2008年11月11日 12:00
私もジャーの蓋にになりたい

銀花もののちゃんにすがりたい気持ちだったんでしょうね〜、わかりやすい仔だ(笑
それに王様もわかりやすいな(爆
Posted by shun-ran at 2008年11月11日 22:54
シュンちゃん♪猫たちと一緒に寝れば
この季節、一瞬にして「人間ホットカーペット」に
なれます(笑)銀花は昨日緊張の極みで
解放されて調子に乗って野の子に告げ口してるように
見えました、きっとそうだ。。。いや、絶対そうだ!!
(笑)王さまは銀花の背中で携帯向けられ思わず
ピースサイン、銀花押さえてて頭でもぶつけたのかと
思っちゃいました(爆笑)
Posted by ミチル at 2008年11月11日 23:22
先日は突然お邪魔しました。
ペットで飼われている馬(ロバも)はみんなこんな感じですよ(笑)ついでに言えばうちから巣立っていった犬(グレートデン)たちも常に幸せに満たされるを通り越してワガママの域に入っている子もいます。(オーナーが苦労と感じなければ微笑ましいですが)

でも常に全てにおいて満たされた生活をしていると、褒められることやご飯を食べれること・寝床があること・守ってくれる飼い主がいることなどのありがたみを感じなくなっちゃうんですよね。

これは個々の価値観かもしれませんが、私は人間も動物も緊張と弛緩、壁に当たって乗り越える〜〜などの波があった方が生きるメリハリがあるし、それを共に過ごした仲間として両者の絆も深まると考えています。

銀花ちゃんにとって頼れる仲間(リーダー)となれるように悪戦苦闘してくださいね(笑)今の感じだといい関係が築けそうですね!

こちらのブログ、時々覗かせてください。長文失礼しました。
Posted by yu-ko at 2008年11月12日 10:52
yuーkoさん♪コメントありがとうございます!先日色々お話を伺って目からウロコが何枚も落ちました!それを維持して行かれるようにしたいと思います。ほんとに素人で今までどこか負い目があり素人だからロバが不幸になる、だけは何があってもいけないと思ってやって来ました。銀花がうちに来て幸せと感じて欲しい、不幸なロバには絶対したくないと思っていました。(もちろん今も思ってますが)でも先日お話を伺って、日常をメリハリをつけてやることで退屈な暮らしよりは本人もずっと楽しいことがわかりました。確かにうちの犬たちも自由にさせてるけど秋田の雑種の大きなめぐに散歩で引かれて困ってお勉強を受けました。結果その犬とは他の犬たちより深い信頼関係が築けました。自分自身緊張感が全くない人間なのでせめて1日の一時間を、これからは銀花とわたしの緊張タイムにしたいと思います!色々教えていただいてありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします!
Posted by ミチル at 2008年11月12日 13:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: