2008年09月17日

うれしかったこと

 トラックが来ない静かな平日。午後から銀花を散歩に
連れ出した。入口のところに行くとわかっていて
足踏みして待っている。見通しの良い下に下った。
おりこうに歩くから全然大変じゃなくなった。
こんな風に連れて歩ければ楽しい。ずっと下に工場がある。
何を作ってるのか知らないが、大きな建物からは
連続的、時々破裂音みたいな音がずっと聞こえている。
銀花は口に草をくわえたまま、音のする方を見て固まる。
 それでも私に促され、歩き出す。銀花がおびえているのが
手に取るようにわかる。しかも手前の家では大きな音で
ラジオをかけながら、の人が車を洗っている。

数年前、里の家にいたころ、自動車修理工場の前を
通ろうとしたら、響き渡るラジオの音に、一瞬固まったかと
思ったらいきなり逆方向に走り出し、私はおさえるのに必死、
道の真ん中に飛び出てしまい、大変な思いをしたことを
思い出した。あれから丸3年、たったのだろうか。
 おっかなびっくりな足取りで、促されるまま工場の前を
通り、振り向き振り向きして時々立ち止まりながら、
素直に通り過ぎた。何とおりこうさんになったことか。

工場を通り過ぎてもう少し下に下ってから来た道を
戻った。帰りは幾分足取りも軽かったが工場の方は見たい、
けど、コワい!でも、やっぱりちょっと見たい!!
なのでリードを短く持って出入り口が大きくあいてるところの
上まで行き、首を持って中を見えるようにした。おりしも
携帯電話を持った人が出てきてうっかり目が合ったら
相手の人は携帯を持ったまま、口をOの字にあけて
固まっていた(笑)家の手前までは草を食べさせながら
のんびり帰って来て手前のカーブのところから乗ロバして
帰って来た。おつかれさま銀花。3時過ぎにおやつに行くと
ちょっとボロがゆるくなっていた。がんばったんだね!

銀花式おしゃれ。お顔にたくさん、草の実♪
080917_1341~0001.jpg

 実はとってもうれしいことがあった。京都のお友達が
通っている教室の、織りの大先生がまた、織機を送って来て
くださった。つい、2〜3日前お友達から連絡があり、
びっくりするのを通り越して、雲の上のような存在の先生が
なぜ、私のようなどうでもよい人間にそこまでしてくださるのか、
私はお友達のメールを読んで、自分で顔が青ざめるのがわかった。
 大きな荷物は送料だけだって相当かかるのに、それさえも
何もおっしゃらない。大きな荷物が届き、先生自ら
梱包してくださったと伺い、ほどきながら涙が出てきた。
嬉しくて、王さまがいないけど組んでみた。そして
驚いたことに、先週、泣く泣く燃やしたおばあちゃんの
織機で使っていた筬と綜絖がぴったり合うのだ。
 先生はもしかしたら、織物の神様の化身なのでは
ないだろうか、と私は本気で思った。今更ながらに
災害で失ったものよりも、人生が豊かになる
たくさんのことを、私は多くの方たちに両手いっぱい、
抱えきれないほどいただいた。織機はもちろんだけど
先生と、いつも私の織物に心を寄せてくださるお友達の
気持は私の宝物だ。これから一生をかけて、みなさんに
ご恩返しをしたい。
080916_1426~0001.jpg080917_1303~0002.jpg
posted by ミチル at 21:59| ☔| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
神様のような先生と素敵な友人 そしてなによりそれらを引き寄せるミチルさんの人柄、すばらしいです!
一番喜んでいるのは、おばあさまではないでしょうか?

よかったね!ミチルさん!!
Posted by uniken at 2008年09月17日 23:04
うんうん!私もそう思います!
おばあさまの機の一部がまた生きられるのですもの!
こんなに素晴らしい贈り物はないよね〜!

これでまたミチルさんの大好きな紅絹をガンガン織って欲しいと思います!
ろくろもジャッキもあるから何でも織れるね!
組織も良いけど、ミチルさんの自由な音楽が聞こえてきそうな織物、好きなんだ〜。
また楽しみにしてるからアップしてね!(o^-')b
Posted by さゆり at 2008年09月17日 23:24
おりこうな銀花はそれはそれで
なんとなくつまんな〜い

なんて言っちゃだめ?笑

織姫には織姫の使命があるのだよ
その使命をまっとうするために
たくさんの仲間が集まってくるのさ〜〜

Posted by shun-ran at 2008年09月17日 23:34
uniちゃん♪災害にあったことで家はなくしたけど
10人分くらいの幸せをもらいました。また私の
人柄、つまり、感謝する気持ちや人を思いやること
など、私に大きくかけていた部分をあまりあるほど
教わりました。。。
 どうしてもこちらに持ってこられなかった祖母の
機、一部を生かすことができ、目の前が急に明るく
なった気分でした。やっぱり先生は織物の神様で
お友達は(さゆりん♪)私に幸せを運んでくれた
キューピッドだと思います!
Posted by ミチル at 2008年09月17日 23:41
さゆりん♪今日はこんなに嬉しくて天にも昇る
気持ちでした。本当にありがとう!!!
人の縁ってやっぱり不思議なものですね、
私はさゆりんと出会ったことで織りの世界が
今、大きく変わろうとしています。出会って
なかったら全く違っていたと思います。
手元に組織が自由に織れる機があり、たくさんの
思いの詰まった機があり、あれもこれも
織りたい、わくわくしています!
そして、いつか、私も「織りは一生の仕事」と
言えるように、またさゆりんに見てもらえるように
自分の織りをがんばりたいと思います!私に
チャンスを与えてくれて本当に感謝しています。
Posted by ミチル at 2008年09月17日 23:48
シュンちゃん♪…ダメじゃん、ハッキリ言っちゃ!(爆笑)歩いてても隙をみて、ちみっとかじらない、
引っ張らない、車が来てもすんなりやり過ごせる、
乗ロバしてもトコトコ歩く、確かに我が家が自他共に
誇る「スリリングな生活」ではありませんが、
こうして油断してるとそのうち絶対落ロバとかして
また尻あたりに、でっかいあざができますので
楽しみにしていてくださいね!!(爆笑)

織りの先生、お友達、ずっと見守ってきてくれた
みんな、私はどんなに感謝してもしきれない。
御恩返しができるとすれば、まずは「誠実に
生きよう」と思います。これだけみなさんから
よくしていただいて、不誠実なことをしたら
罰があたる。私には一番難しいことだけど
みなさんが私に持たせてくれた幸せ袋が
不誠実なことをしてたらどんどんしぼんじゃう。
織姫はちょっと太めでぶきっちょですが
お友達の言葉を大切に、頑張っていきたいと
思います!

Posted by ミチル at 2008年09月17日 23:59
ミチルちゃん、銀花ちゃんがおりこうさんになったのも、織機を譲っていただいたのも、ミチルちゃんの努力の賜物だよ!
ずっと自分らしく誠実に生きているんだから、これからも無理しないでマイペースで行けば大丈夫だよ!
そのミチルちゃんらしさが、みんなの心を動かしていると思います!
Posted by ミカママ at 2008年09月18日 10:51
よかったね。
ミチルさんが喜んでいるのを見ると私も嬉しくなる。

また素敵なものたくさん織ってね、。
Posted by あずき at 2008年09月18日 11:55
ミチルちゃんが、山の家を早く片付けなきゃ、片付けなきゃって思うあまりに、まだ使える物までバンバン燃しちゃってるんじゃないか、と気がかりでした。
でも不思議とミチルちゃんの側に居たい物達は、手放してもちゃんと戻ってくるんだね。面白いね。
私もこっち(東京)の家に、独身時代から捨てもせず、かといって使いもしない物がどっさりあって、日々「何とかしないとな〜」と思っていたのですが、やっと片付ける決心がついたよ。
・・・って言いながら、掃除嫌いなんだよ〜実際のところ〜〜〜
Posted by satoko at 2008年09月18日 13:33
ミカママちゃん♪違うよ〜!銀花のことは春さんやゆーじさんがお手本なんだよ〜、それに不誠実な私は、クリスマスキャロルの意地悪じいさんみたいにみんなが導いてくれてるんだよ!腹黒さなら誰にも負けません!…ハラ周りもね!!(笑)
Posted by ミチル at 2008年09月18日 15:52
アズキ〜ヌ♪ありがとう!私もアズキ〜ヌが嬉しい時はウレシイ!!またたくさん織りたいです、みんなに見てもらえるようにがんばるぞ♪
Posted by ミチル at 2008年09月18日 15:55
satokoちゃん♪いえいえ、逆に荷物が減ったと家族に喜ばれております!(笑)おばあちゃんの機は分解できなかったので他にどうにもならなかったの。そんな矢先機をいただいてぴったりで本当にびっくりしました、こんなサプライズもあるんだなーと私自身が一番驚いてます!satokoちゃんはきれいにしてそうだよ、そのへんオトナな女の人のイメージなんだけど違うの!?(笑)だけど捨てて必要になった時困るなとか考えちゃうよねー。とりあえずあちらに運んどけば?(←と、オトナのイメージを破壊工作員・笑)
Posted by ミチル at 2008年09月18日 16:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: