2005年12月14日

ベレン

image/akiyamakoubou-2005-12-14T18:20:12-1.JPG車のフロントは凍ってなかったが銀花小屋の水バケツに薄氷が張っていた。寒冷地の究極の防寒着、釣り屋で買ったダウンのインナーを着込むようになってさほど寒さを感じない。がやっぱり12月半ばだ。銀花はこの頃飽きてしまってふすま湯も一口しか飲まない。バケツにお湯を汲んでご飯を作る。湯気が立って干し草の香りが私の食欲をもそそる銀花ご飯(笑)。柵で遊んでかまってたら腕をぴこっとかんだ。怒られるとわかっている銀花は下唇を引き締め頭をあげ私から離れようとする。すばやく頭をはがいじめにしてお返しに銀花の柔らかな鼻先をかじる。柵に押しつけて動けないようにすれば私の力でも何とかなる。午後から引きロバも早々に切り上げてこんなものを作って遊んでた。ベレンまたはナシミェント、Xmasシーズンになると教会に飾ってあるやつだ。本物が欲しいけど高くて買えない。どこに飾ろうかな。害獣被害に合わない場所、そこは唯一トイレット(笑)人気blogランキングへ
posted by ミチル at 18:20| ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミチルさん、こんばんは〜☆こちらにも書き込み初挑戦です!
私は関東の湘南ですが今朝はこちらも薄氷がはっていました。銀花ちゃんもミチルさんご一家も暖かくして冬をお迎えくださいね。
この作品は紙粘土でしょうか?思わず「どこで売っているの?!」と思ってしまいました…手作りだったのですね!とても可愛らしく暖かい聖夜のオブジェに仕上がりましたね♪
Posted by Czech at 2005年12月15日 01:28
今、自分の中でブームとなっている言葉があります。「エビス顔のイエス」
ベレンという言葉が分からずに検索して見たら
最初にドック・フードの名前というのが出て来ました。
元々はベッレヘレムの事らしいですね?
ミチルさんはクリスマスを宗教行事として受けとめていますか?
近所に所謂クリスマス・イルミネーションをしている御宅があるのですが、アベック(死語?)が見に来て違法駐車や喧嘩が起きるのでお上から自粛してくれと言われたそうです。
取り締まる側の警察の寮もありますが住人の質は最低です。
私も帰り道で抱きつかれた事があります。
いい訳は「大きいから女だと思わなかった」
意味が分かりません。
私の場合は大きいだけで手・足の長いモデル体型ではありません。
今日は病院の検診日です。
前回、黄信号が出たので何事もないといいのですが。
Posted by 鵺娘 at 2005年12月15日 05:03
めちゃじょーず。(*^_^*)
あったか〜い感じがして好きだな。
Posted by さゆり at 2005年12月15日 07:20
お写真のベレンって何でできているの? 紙粘土?(素人なのでわからんの、ごめんネ) 温かくて、きれいだなあ。
Posted by 矢木 at 2005年12月15日 13:30
>Czechさん、ようこそ〜(^o^)こっちは携帯から簡単にいじれるので不幸中の幸いでした(笑)湘南にお住まいなんてなんか、かっちょえ〜!夏はパラダイスですね!老後は海のそばの暖かなとこで暮らすのが夢です。出来たら近くに温泉とパチンコ屋が数店あれば言う事ナシ(笑)自作ベレンは実際手にとるとひどいもんです、何を作っても仕上げが上手く出来ないタイプです。どうぞまたいらしてね!
Posted by ミチル at 2005年12月15日 17:14
ヌエちゃんこんばんは。《エビス顔のイエス》には笑っちゃいました!やっぱり最後が最後だけにどんなイエス像も苦痛に満ちたお顔してますものね。私も全く信者でも何でもないので詳しい事は知りませんが個人的にXmasが1年のうち1番好きです。今年は無理だったけど毎年11月から部屋中Xmas飾ってごてごてにしてご近所以前に家族から失笑を買ってます(笑)今おされな家庭が多いからイルミネーションはではでですよね。お互い迷惑をかけないと言うのが大前提だと思いますが。
Posted by ミチル at 2005年12月15日 17:23
>さゆりーん、あ、間にー入れたら普通になった(笑)私ねーほんとはあんまり器用じゃないんだよ、だから手先器用な人ならもっと上手に仕上がるよ、ロバなんかね足が短すぎたから足したらクル病みたいに外側むいちゃったんだよ!
Posted by ミチル at 2005年12月15日 17:33
>矢木さん、そうこれ、紙粘土。もっと小さなミニサイズにしたかったんだけどもう目が無理だわっ(笑)
Posted by ミチル at 2005年12月15日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック