2008年08月26日

動物の心

 動物に心はあるのか。。。なんか、昔こういう
題名の本を読んだような記憶があるけど、忘れた。
心ってなんだろうと思ったらその言葉、その発想
そのものが人間の側から出てるものだし、人間が
心と感じることができるものを動物たちに見出すと
したら、それはやっぱり人間の心を通してなんだから
動物たちに心を与えるのは人間なんじゃないかと思うのだが
どうなんだろう。

私たち人間が察知できないところでの動物間での
心はあるのだと、あえて思う。でもそれは誰も断言も
確信も持てないのではないか。まして、その部分に
介入すること自体冒とくのような気もする。

で、私たちが感じる心はあるのか。動物たちは神様に
心を与えられてはいるけど、人間に支配され、
命を自由に遊ばれてるから隠している。どう、この答え??
だって、たとえばお肉にされる動物に心はあるんだろうか。
たとえば同じ牛だとして、片方は人間が家族のように
かわいがっていたとする。片方は餌と、排泄物の世話だけの
牛だったとする。で、たとえば目の前で愛情たっぷりの
言葉をかけて、やさしいしぐさをして、喜んだり
感情を表すのはやっぱり家族の一員として飼われてる
牛なんじゃないだろうか。(そうじゃなけりゃ悲しくて
やってらんねー)

以前、かわいそうな馬の公園でボランティアを
してた時、いつもいつも下くちびるだれんだれんで
ぼーーーっとしてる馬がいた。人には従順、でもそれは
頭が働いての従順ではなく、その子の扱われてきた
経験からの従順。反応もなく、ただ、おとなしく
素直に背中に人を乗せる。そのころ本当におバカさんだった
私は(今は真実におバカさん)自分の馬でもないのに、
話しかけたりぶらしかけをしたり、その馬がかわいくて
かわいがっていた。ある日いつものように公園に行くと、
明らかに私の姿を認め、柵のところに寄って来た。
私を覚えてくれたんだ、とその時は有頂天になって
ますますかわいくなったのだった。
その馬はそれまで家畜のような扱いを受け、ひたすら
子供を産ませ続けられてきた馬だったらしい。
それが少しずつ人間に対して心を持つようになった。
 ところが、公園の管理人が入れ替わったこともあり、
腰が少々悪かったその馬はあっさり放出。かわいそうで
追跡したがもう、見つからなかった。

私は反省した。第一に、自分の動物でもない動物と
友達になってはいけない。それは自分自身も悲しい目に
あうし、その子に対して責任が生じる。世話はしても、
心を開くような態度を控えるべきだった。
その子は人間に心を開いて来たところであっさりと、、、
お肉にされてしまったのだ。。。。。

以来、およその動物に対してちょっとだけ警戒心を
持つようになった。私が引き受けられないのであれば、
その子が今以上に幸せになれない環境にいるのであれば
下手に手出しはしない。与えたものを取り上げられる方が
最初から知らないでいるより、ずっと不幸だからだ。

だから、縁があってうちに来た子に関しては
心を与えてしまった以上は、どんなことがあっても裏切れない。
何が幸せか、そんなことも本当はわからないけど、
とりあえずニコニコ笑っていられる生活を保証してやらなくては
ならない。死んだような眼に、悲しい無関心、無表情に
戻すことは絶対できない、といつも思う。もしか
うちの動物たちがこの文を読めたらいっぱい文句が
あるだろうなー。・・・ナイショね!

今日も雨でお留守番銀花、きょとんとして
かわいい。放水で慣れたのか、小雨の中、平気で出てくる
ようになった。
080826_0911~0001.jpg

タオルが大好きですぐ、どこか持ってくQちゃん。
そんなに好きならどうぞ♪
080825_0809~0001.jpg

ダイにミルワームが届いた。今度はダイがいつも
選ぶサイズ、一番小さいサイズにしたら一度に
18匹も食べた。
080826_1015~0001.jpg
posted by ミチル at 23:33| ☔| Comment(15) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そーそー、そーなんだよね。

そうやって、自分の奥深くを試されるような事があると
いつも迷って、心苦しい選択をしてしまう・・・

私って冷たい人間なんだ。と
再確認するような場面が、こういう仕事をしてると
何回もある。

そんなこと考えること自体が甘いんでしょうかね
           
Posted by アール at 2008年08月27日 01:15
間違っていると分かっていても手を差し伸べられずにはいられない。そういう人だから今のミチルさんがいて動物達がいて、同じ価値観を持った人たちが集まってきて…。私も手を差し伸べるのをぐっとこらえますよ…幸せに出来ないと思ったら…心を鬼にします。
本来は大の猫好きなのでたくさん飼いたい位です。でも、かぁ助の事を考えると安易な行動は出来ないなと思っています。でもみなさん一緒に飼ってらっしゃるんですよね…尊敬だわ。
Posted by ka-suke at 2008年08月27日 06:08
動物に心はあるか。在る無しの判断は人それぞれに違うでしょう。厳密に「心」とはという定義は難しいけれど、もっと単純に感情−喜怒哀楽、優しさ、寂しさ、甘え、悔しさ・・・などと言い換えればもう少しわかりやすくなりそうです。

人間もそうですけれど、動物の感情の発露として一番強いのは怒り。身を護るために攻撃性と直結するから当然といえば当然でしょうか。次は喜び。飢えや渇きが満たされたという身体的な喜びだけじゃなくて、家族や番相手と過ごす一時や気持ちの良い場所に気に入った相手と休むときはいっそう幸福感としての喜びを持つと思います。

当然、動物だって人間ほどではなくても群れや家族の中に関係性を築いて生きています。言語や文字といったコミュニケーション手段が未発達ならば尚更、相手の感情を推し量り読み取る能力に長けているはず。人間と暮らす動物ならば、たとえ人間との間には共通の言葉を持たなくても同族同士にするように人間の感情の状態を見抜いていても不思議はないですよね。

そして、この感情を見抜き、推し量り、汲み取ることを「心」と呼ぶならば、動物にも十二分に心があると言っていいはずだと思います。

そんな彼らの心を踏みにじるような扱いを許したくありませんね。特に牛や馬のような大型の経済動物の末路はいまだに悲惨なものなのでしょう。経済動物という呼び方自体が生き物というより物体として扱うことを容認していますよね。
ミチルさんは馬の保護ボランティアをなさっていたのですか。少し前の新聞で引退した競馬馬や廃用馬の老後の面倒を見ているボランティア施設の特集を読みました。どこも資金繰りが厳しくて辛い状況とか。それでも馬達への愛情だけで頑張っていると。頭の下がる思いで読みました。馬はまだいろいろな意味で注目されるとしても牛はもっと悲惨なのでしょうね。家畜の福祉など人権の時代と言われる今日でも省みられることはありません。肉や乳や皮を採り娯楽に供される彼らへの慈しみと感謝はどこで立ち消えてしまうのでしょうね。

私も含めて、この記事は読む人にこうしたことを気付かせてくれることでしょう。ありがとうミチルさん。
Posted by きんいろのからす at 2008年08月27日 06:15
こういう考え方はどうでしょう?
そのかわいそうな馬は 無表情のままの一生ではなく本当の優しさに少しでも触れることができて幸せだったのではないか?小さな昆虫は別としても生を受けたものは少なからずとも心を持っていると思います 頭の良い動物ほど自分の置かれている状況を把握し、従う。

生きているものと接するのであれば、気持ちをこめて接してあげた方が機械的に接するより相手も気持ちいのではないか?たとえば機械的にブラシがけをするより気持ちを込めたブラシがけの方が気持ちいいと感じると思う。

人間ほどの感情は(心は)ないだろう 嫌なものは嫌、良いものは良い そんな単純な連中だからこそ単純に接してあげればいいのではないでしょうか?たとえそれが短い期間だったとしても、たとえそれが人間のエゴだったとしても 気持ち良くされて気分が悪くなることはないと思うから・・
Posted by uniken at 2008年08月27日 06:16
アール先生♪生きていくのは切なくて悲しいと、幸せでない犬を見ると思います。アメリカとかならほぼ虐待で逮捕されるような飼い方をしてる家があって、(たとえひどい状況で飼われていたとしても、どちらかと言えば家族から無視される飼い方の方がかわいそうだと思う)私は仲良しだからそれとなく、先生から教えていただいたことを「受け売り」で友達に話してます。それでうちの犬たちと私たちがいかに幸せかを熱く語ったりします(笑)でも友達が気分を害さないように、ひたすらそのワンの幸せにつながるように上手に伝えるようにしています、私を好きでいてくれるから私の言うことを信じてでも(犬のことを思ってじゃなくても)少しずつやってくれたりしてるとめちゃくちゃ嬉しいです。家族からもかわいがられてなくて、でもとってもいい子なんですよ、私は何度か会って友達になったから、忘れちゃうことはできませんものね。そしたら昨日はめぐの兄弟のプリ坊のママから写メが来て一気にハッピーになりました!
Posted by ミチル at 2008年08月27日 10:54
ka-sukeさん♪でも、少なくとも乗馬クラブとかの
馬とは絶対親しくならないようになりました。絶対安全(生涯保証されているのが確実)な馬としか友達になりません。イヌやネコはねー、なぜか寸前までいなかったのにうちが通った時にいたりする!!!それも拾わないと生きていけないようなちっちゃい子。・・・な、なぜだぁぁぁぁ!!!!!ka-sukeさんちも部屋を工夫すれば全然大ジョブだよ、我慢は体に良くないよ(爆笑)
Posted by ミチル at 2008年08月27日 10:59
きんいろのカラスさん♪わかりやすく書いてくださったのですーっと入りました!そう思えば確実に動物は
心がありますね。たまたま野生動物であるカラスを
飼うようになって、猫や犬にない心も修行中です(笑)
それにしてもやっぱり何か動物絶対飼った方がいいですよ、こんなに理解できるんだからもったいない気がする。何がもったいないかというと、きんいろのカラスさんのところで幸せになれる不幸せな動物がたくさんいると思うからです。あ、すみません!(笑)馬のボランティアはそうでなく、障害者乗馬を甘く謳ったNPOの団体でした。えらい目にもあったけど、馬のことも
学べたし、経済動物という言葉も知ったし、何よりも
春駒屋さん、(相談を通じて)sutemaru先生、そしてやはり相談を通じてゆーじさんという、大切な3人と出会えたのだから今となっては運命だったような気もします。でも、それでもあの馬のことを考えると人を信じる気持を芽生えさせてしまったことは、彼女が殺される瞬間を考えると今でも心が真っ黒になります。。。
なので、一層強く、一度手を出してしまった(心を
開いてくれた)動物に関しては、守ることに全力を
尽くさなくてはと思うのです。
Posted by ミチル at 2008年08月27日 11:20
unikenさん♪そう、でもそれは私にとっての慰めでしか
ないような気がする。たとえば、友達の家の犬に
対して私が行った時たくさんかわいがるとする。
小屋のまわりも掃除してあげて過ごしやすくしてやることもできる。でも友達はそんなことをする気はない。
イヌは私に一度大きな期待と喜びを持たされ、また元に
戻るわけです、それなら最初から手を出さないで
無表情の犬のままにしておく方が幸せではないか?
ほんと、難しいよ、よその犬は。せめてゲリピーが
3年も続いているけど獣医は高いから行かないとか
私に言わないでほしい。
Posted by ミチル at 2008年08月27日 11:26
最近コメント欄がおかしい。すぐ反映されたり
されなかったり。。。すぐ反映されなくても
しばらくすると出てきたりするのでunikenさん
ごめんねー。
Posted by ミチル at 2008年08月27日 11:59
動物との接し方は難しいね。

動物にとってどうするのが一番いいかはこちらが想像してやるしかないようなところがあるでしょ?
でも一緒に暮らしているんだったら最低限必要な健康管理とか居住環境を整えることはしてやりたい。

こちらの知識不足で過去に動物に辛い思いをさせてしまったんじゃないかって思うことが多々あってかなり悲しい。

どう接しても完璧は難しいんだろうね。
Posted by あずき at 2008年08月27日 14:04
ゲリピーが3年も続いているのに獣医に行かないって?その飼い主さんは??な人だね・・ カラスはいつもゲリピーみたいなウン・するから心配ないけど・・

それにしてもカラス族はみんな早起きだの〜 コメントの時間が同じ頃で驚いた!
Posted by uniken at 2008年08月27日 15:37
ミチルちゃん、私はアトムとアンに出会って、動物の心を信じることを知りました。その心に何度救われたことか…いつも助けられてばかりです。たとえ、私の思い込みに過ぎなくても、アトムとアンの心を信じてやまないのです!
Posted by ミカママ at 2008年08月27日 21:24
アズキ〜ヌ♪知らなければまだしょうがなかったことも
知っててやってやらないほど罪なことはないよね。
うちだって今なら助けられる命をたくさん死なせて
しまったと思う。私には大切な言葉があって、
動物を飼うということは彼らの自由を奪っているのだから最低限医食住は守ってやらなくちゃいけないって
ゆーじさんに言われたんだけどね、sutemaru先生にも同じことを言われたよ。それでも経済的に
人にできることが自分にはできないことがたくさん
あるけど私は、私ができる限りのことをできる限りするように努力はしています。
Posted by ミチル at 2008年08月27日 21:48
unikenさん♪それは都市部の話だよ、こっちの方は
自分の家の犬が交通事故にあってももったいないからって獣医さんつれてかなくてびっこになっちゃったって
笑いながら話す人もいる。価値観が違うから突っ込めないけどもう、誘拐して来たくなるよ!友達からは
メールがあって、ご飯は食べましたって言ってた。
3日もごはん食べないから贅沢だからほってあるって
言うんだよ!!!もうお年寄りの犬なのに・・・
Posted by ミチル at 2008年08月27日 21:50
ミカママちゃん♪ミカママちゃんのすごいところって
アトムとアンに関してはたから見たらたいへ〜ん!と
思うことでも苦労と感じないでやってるとこだよ!!
朝4時とか5時とかから散歩行ってお昼また行って
夕方また行って、引っ張られてゴミ箱に激突しても
ものともしないものね!(爆笑)
Posted by ミチル at 2008年08月27日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: