2005年12月05日

水が出ない

image/akiyamakoubou-2005-12-05T23:26:40-1.JPG昨夜は急に冷えたようで水道を凍らせてしまった。外の蛇口を開けてチョロチョロと出しっぱにしておいたが寒冷地さらに山奥の気温は私達の想像を絶する。コーチャンが沸騰してるヤカン持って水源近くまで登り何とか回復。ところが3時から4時過ぎまで家を空けて戻るとまた出ない。コーチャンいないしギブ…とも言ってられず電話で指示を受けながら何とかチョロチョロまでは回復。銀花の夜ご飯は干し草のみ。水が出ないからふすまもミネカルも混ぜてやれない。が銀花いつになくガツガツ食べる!日中は運動場で追いかけ回した。敷地内で1番日当たりの良い運動場はほとんど雪がとけた。ちょぼちょぼ残ってる雪には必ずチェック。そして落ち葉を拾い食いしていた。人気blogランキングへ
posted by ミチル at 23:26| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
24時間、じゃんじゃん出しておかないとぉ・・・
どうせ、水道代タダなんだし、川にバイパスが出来たようなものなんじゃないの?
あっ!でも、トイレはどうなっているの?
Posted by 春駒屋 at 2005年12月06日 00:10
も〜う、散々だったよぅ!家に引き込んでる大元のパイプの横にもう1本パイプがあってそこを出しとけば勢いよく出てるから安心なんだけどその栓自体が凍って回らないんだよっ!トイレは…コーチャン帰って来て直るまで…我慢した!何か初雪でこんなでやってけるんだろうか(笑)
Posted by ミチル at 2005年12月06日 00:20
昔、住んでいた家には外に水道がありましたが
冬場にはよく凍りました。(いきなり熱湯をかけるのもいけないのですよね?)
勝手に洗車に使っている人とかいるので撤去したのですが「何故、外しちゃつたの?」と聞かれました。
その前には井戸もあったのですよ!
夏場は西瓜を冷やさせて等と来るくせに「子供が落ちたらどうするのだ?」と苦情が出たので埋めたと母から聞かせています。
その時も「囲いをするとか他に方法はなかったのか?」とかいろいろ言われたそうです。
人のつながりの濃い下町らしいエピソードです。
Posted by 鵺娘 at 2005年12月06日 06:08
ある意味下町と田舎って共通点があるのかもしれませんね。人との付き合いが濃いのです(笑)色々嫌な思いをした後で友達から田舎の人には最初からダメな事はダメときちんと意思表示しないと遠慮と言うものを知らないからどんどん要求がエスカレートすると教わりがくーっと来ました。だって10年間ずっと気遣いして遠慮してしまったからです。結果的に県警まで呼ぶ騒ぎになって排他的な田舎で暮らしてていくらよそ者でも我慢は禁物と身を持って学びました。だけど人間性って土地の富裕に大変左右される事も知りました。いい悪いでなく育ちって本当に大切だなと痛感しています。
Posted by ミチル at 2005年12月06日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック