2020年06月25日

グー君のこと(24日のこと)

少し青空が見える。今日も涼しくて
過ごしやすい。

IMG_5404.JPGIMG_5403.JPG

曇ってきたから銀花も急いでいこう
IMG_5406.JPG
お顔の毛もだいぶ抜けてつるつるの
夏ロバ仕様になってきた

駐車場のところのアジサイ
ここは紫。銀花柵のは空色
庭のも空色

IMG_5406.JPG

午後から用足しに出かけた。
郵便局にいたらけんちゃんから
電話。なんか声がよれよれして
いつもの勢いがない。聞くと
ハチにさされたと。目の前が
暗くなってふらふらすると
いうので慌てて飛んで行った。
一時間前というのでアナフィラキシー
ショックは大丈夫みたいだけど
腕、首のあたり蕁麻疹が出てる。
迷っているから迷ってるなら
病院行った方がいいよということで
都留の皮膚科に乗せて行った。診察は
針が刺さってるか確認して前に
友達がスズメバチに刺されたときは
点滴をしてもらったので同じかと
思ったら飲み薬と塗り薬が出た。
 スズメバチは普通に知ってる
オレンジと黄色のではない別の
種類のもいる。わたしも里の家の
時頭のてっぺんを刺されたのは
茶色くて毛が生えてるやつだった。
でも巣はあのうろこ状のスズメバチの
巣だった。けんちゃんもそれに
刺されたのだろうとのこと。
とにかく無事でよかった。これからの
季節は草刈するにも蛇だけじゃなく
ハチも怖い。アナフィラキシー
ショックはひと月に二度刺されると
やばいそうだ。これから暑くなる
けど、油断できない。怖い怖い!!

家のグー君がまた口が痛くなって
来たので先週の月曜日獣医さんへ
つれて行った。いつもの先生は
検査が多いので今経済的に
ピンチなので長年かかっていた
東京の先生に久しぶりに連れて
いった。ひょっこりグー君の口の
中を開けてみたら口の脇にこぶ、
腫瘍が!!!口内炎がひどくなった
のならいいと思ったら先生の診断は
口腔ガン。。。。先生にはうちでは
できることがないので行くなら
大学病院へと言われ、ステロイドの
注射をしてもらって帰ってきた。

2年前に死んだつる君も口腔ガン。
つる君ははみ出た腫瘍もなく痛みも
なかったようなので何もしないで
毎日おいしいものをたべさせてやって
いつもの生活の中で穏やかに
旅立った。なくなる前の日まで
ちょぼちょぼだけど自分で食べて
くれていた。

ネットで見てるとひどい口内炎でも
同じような写真があってそしたら
実家のすぐ近くに腫瘍認定医の
獣医さんがあることがわかった。
http://www.nishi-chofu-dcc.com/
それから一週間、めったに迷わない
んだけどすごい迷った。連れて行くか
行かないか、、、それでそんな
近くに専門の先生がいることが
わかったのが縁だと思い、月曜日
実家に行くときつれて行った。

IMG_5399.JPGIMG_5400.JPG
先生の口からも腫瘍かどうかの
判断はできず組織をとって外ラボに
出してもらうことに。口内炎なら
やりようがあると。大がかりな
手術で延命は考えていないことも
伝えた。普段の暮らしをできるだけ
続けさせてやりたいだけ。
 炎症がひどいので二週間持続する
抗生剤の注射と、血液検査もして
もらった。内臓は異常なし。
貧血や炎症を起こしてる箇所が
数値が悪かった。組織検査の結果は
来週月曜わたしが聞きに行く。
どうかガンじゃありませんようにと
祈る気持ち。でもガンでもそうじゃ
なくても口が痛くなくておいしい
ものが食べられるようになればいい。

実家にお泊りのグー君はわたしが
寝室に使ってる部屋をしめて
トイレと水、チュールをおいて
閉じ込めていたんだけど机のすみに
潜り込んで出てこなかった。でも
ちゃんとちっこはしてあって水も
飲んでいた。昨日帰宅してまっさきに
出してやるとすぐ元のグー君に戻り
痛みが軽減したのか食欲も出た。

IMG_5401.JPGIMG_5402.JPG

ガンと言われて一週間気持ちが
ざわついていた。たくさんの猫と
犬がいるけどわたしは天使じゃ
ないから何となく通じ合える子と
そうでない子といる。グー君は
めぐのようにつながりを感じる子。
具合の悪い子に寄り添ってくれる
のもグー君。なつかない室内野良も
グー君が隣にいると触らせてくれる。
ちょっと不思議な猫。どっか行っちゃ
だめだよと毎日グー君に話してる。
posted by ミチル at 01:39| 山梨 ☁| Comment(4) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする