2020年02月09日

ぴみ、またね(8日のこと)

寒いけどいいお天気だからお山に
しゅっぱつ♪♪今日は家の上の道

IMG_8974.JPGIMG_8978.JPGIMG_8979.JPG

このへんで標高が900くらい
だから寒いし雪もたくさん

IMG_8983.JPGIMG_8985.JPG

青空だったけど東の方は濁ってて
スカイツリーはかろうじて見える
くらいだった。

IMG_8975.JPGIMG_8980.JPGIMG_8981.JPG
道の続きの工事を今日はやってて
工事車両が降りてきたので道の
終わりまで行く予定が引き返した。
3キロくらいのお散歩。

夕べぴみが死んだ。ちょっと青天の
へきれき。。。確かに年取って
痩せてきてたけどわたしが水曜木曜
ご飯をあげた時はいつも通りだった。
いい💩もしてたしレトルトも
食べていた。何もさせてもらえず
死んでしまった。いま我が家には
要注意猫が3匹いてそちらにばかり
気をとられていたことも確かだけど
看取ることもできず夕べいつもの
こーのベッドで湯たんぽの上で
寝たまま死んでいた。それほど
穏やかにいったからよかったとは
思うけど何もしてやれなかった
のはちょっと切ない。

IMG_8986.JPGIMG_8987.JPG
いつもダイの小屋の前にいたのに
今は下の段ボールの中で寝てる。

ぴみは03年の11月に拾った
猫だった。悪魔のような近所の人に
寒い日の朝、川に投げ捨てられたの
だった。ものすごい絶叫にこーが
川に入って必死で岩にしがみつく
二匹を拾い上げた。一緒に拾った子は
早く死んでしまったが残された
ぴみはほかの猫との相性もあり
この家に来てからはずっと老猫と
子供部屋で暮らしていた。その子
たちもなくなりその後はダイと一緒に
仲良く暮らしていた。

拾ったころのぴみ↓こんな大きく
なっても哺乳瓶でミルクをあげると
兄弟のマコと取り合いになっていた

0401090051.jpg

ついこの間のぴみ。ダイにごはんを
あげると自分も欲しがって食べない
くせに納豆ご飯をおねだりしたり
まだまだ元気でいてくれると
わたしは思っていたのに。。。

IMG_8046-db86f.jpgIMG_5715-a43cc.jpg
こんな想定外のことも珍しい。
飼い主が予想も心構えもする前に
死んでしまった。これはこれで
良い死に方なのだろう。
そばについて看取ってやることは
できなかったけど寒空の下誰の気配も
ないところで死なせなくてよかった。

普段保護という言葉は自分では
違和感があり使わないのだが
保護という言葉を使ってよいなら
看取ることだと思っている。
だからめそめそしたり一切しない。
ぴみ、またいつか会おう。きっと
また会える。

posted by ミチル at 01:39| 山梨 ☁| Comment(6) | お別れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする