2019年10月24日

作業はこれにて(23日のこと)

今朝早くからおじさんが来てくれた。
重機の音がしてる。良く晴れて青空。

光線の具合で虹(^^)

IMG_4055.JPG

歩いていたらすぐ左の藪から
しっぽの長い大きな鳥が飛び立った。
ハッスルするれも

IMG_4056.JPG
キジかヤマドリか写真は撮れなかった
けど、全体に褐色で尾羽がすごく
長かったのでもしかしてヤマドリ
だったのかな〜〜殺されないで
命をまっとうするんだよ〜〜

ピカピカの青空。そして少し汗ばむ

IMG_4063.JPGIMG_4069.JPGIMG_4071.JPG

お天気だけど行かれないから
銀花はわかってない。何度も吠える
から見に行ってやるけど自分で
あのどろんどろん歩くのいやって
言ったじゃない(^▽^;)

朝からお昼までおじさんがかき出して
くれて裏が見通せるようになった。

IMG_4076.JPG

手前からは土砂があって行かれない
ので作業してた方から回ると
とうとうガスボンベ発掘!崩れてすぐ
ガス屋さんが来て調べてくれたから
ガス漏れはしてなかったけど一応
4本ともコックがしめられた。

IMG_4085.JPGIMG_4087.JPG

おじさんにこれでうちでの作業は
終わりと告げられる。金にならない
ことばかりしてられないと、え??
もしかして無償でやってくれてたの?
おじさんの自宅もいまだに断水、
集落のはずれの別荘もうちよりもっと
すごいことになってるそう。毎日の
ように電話がなっておじさんと
おばさんは参っているという。
 でもこれで終わりって言われても
このあと、人力でどうしたら
いいんだ???

うちでの作業を終わりにしてこのまま
ユンボを持ち帰りたかったそうだが
なんと、またしても埋もれてしまい
動かせなくなったので、できたら
キャタピラの下のどろをかき出して
おいてと言われた。

IMG_4092.JPG
キャタピラ部分が全部埋もれてる

それにこの駐車場の土の山、これも
人力で???

IMG_4082.JPG
一度目の泥の山はこの倍くらい
あって、それはおじさんが昨日
持って帰った別の重機で捨てて
くれたのだけどこれはわたしたちで
やれと。こーが頼んで最初に
動かしてた古くてパワーのない
ミニユンボはしばらく置いておいて
もらうことになったけどわたしは
正直、07の時があったので
今回大したことないとちょっと
なめてたかも

お天気が続いて泥がかわけば
どうということはないのだろうが
また明日からお天気崩れるらしいし
地元の他の土建業者に頼めばすぐ
来てくれるだろうけどこの先いずれ
引っ越すことを考えたらお金は
使えないし使えるお金もないし。。
ここはやっぱり時間がかかっても
自力だ、自力(^▽^;)



posted by ミチル at 00:27| 山梨 ☀| Comment(2) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする