2018年10月17日

まだ夏の服で(^▽^;)(16日のこと)

紅葉が始まってるけど高木の
上の方は茶色くちりちりに葉っぱが
枯れている。なんか、変

IMG_9172.JPG

先日の台風でごっぞり崩れた
ところから向かいの山が見える

IMG_9177.JPG
今日も奥の林道工事のトラックが
走っていて馴染みのおじさんたちが
窓をあけて声をかけてくれる。
みんな気のいいおじさんたちで
何年振りかの人たちも会釈して
くれる。コワイおじさんが
1人でもいたらこんなのんきに、
いうことを聞かない犬たちを
フレキシブルリードでなんか
歩かせられない(^▽^;)

れもは今日もおしごとおしごと♪

IMG_9180.JPG

辺り一面ブタクサだらけだったのが
すっかり黄色いセイタカアワダチソウ
ブタクサは鬼の顔みたいな種を
つける時期になったみたい

IMG_9181.JPG
お楽しみの落ち柿は先日お隣が
来てもいでいったのでそうそうは
落ちてない。まっさきにとっとこ
行くけど何もない道路にがっかり
する銀花だけどまた落ちてる時も
あるからその時を待とう(笑)

朝のうちそうでもなかったけど
午後になって寒くなって来た。
さっそく猫団子

IMG_9194.JPG

犬たちも工房では↓
IMG_9183.JPG
元は保護犬だけど今は飼保護犬(笑)
今日はせっせと間違えた綜絖直し。
そしたらいっぱいに張ったはずが
筬もずれて6本ほど空いてしまった。
そこをどうするか、60pはあるから
このまま織るか、6本足すか、
考えてたら暗くなったので撤収。
悩むときはいったんやめる(笑)(笑)

夕飯の支度をしながらパンを焼く
午前中練っておいたのがちょうと
ふくれたから

IMG_9195.JPG
シチューとかカレーならこのまま
ご飯でいいんだけど残念なことに
今日は煮魚なので明日食べよう。。

そして夜は豆豆杼に小管を入れて
仕上げた。

IMG_9200.JPG
白檀にも種類があるのか、年数も
関係あるのかそんなに香らないけど
鼻を近づけるとやっぱり白檀の
香りがする。これをブローチに
しようかと思ったが送るお友だちは
わたしよりずっとそういうことが
上手なのでこのまま送ることにした。
木くずも一緒にね( *´艸`)
posted by ミチル at 00:42| 山梨 ☁| Comment(2) | ものづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

義父の法事(14日のこと)

日曜は昨年10月に他界した義父の
一周忌だった。うちの父のように
合祀ではなく、実家そばの深大寺に
お墓があるので法事もちゃんと
やらなくてはならないらしい。

生憎のお天気だったけど雨にも
降られず

IMG_9151.JPG

お昼近くだったので?ちょうど
お坊さんが鐘をつき始め
あっという間に人だかり

IMG_9152.JPG

法事の時間まで待っている
ホールから本堂の裏庭が見える。
ここは一般の人は入れないので
写真を写してきた

IMG_9158.JPGIMG_9164.JPGIMG_9161.JPG
裏が山だしここだけ見たら
東京じゃないみたい。でもここの
茶室で誰がお茶点てるんだろう
一握りの名士だけなんだろうな〜〜


IMG_9160.JPG
お寺のオリジナルの甘いおせんべ
上品な甘みでおいしかったから
買って帰りたかったけど
売ってないみたい。

参加したのもうちと義弟一家
だけの小さな法要だったが
義父母もなくなりそれぞれの
子どもたちも大きくなり時の
流れを感じる。法要の後塔婆を
もってお墓詣り。姪っ子の塾が
あるというので食事もせず解散。

法事とか葬儀とかもわたしたちの
世代はどんどん離れていく。
たぶんまじめにやる最後の世代かも
しれない。娘なんかめんどくさい、
自分も散骨でお墓なんかいらないと
いう。わたしもそれでいいと
思っている。

亡くなった人はいつもわたしの
心にいる。そして事あるごとに
思い出す。それでいいんじゃ
ないかと思う。自分が死んだら
それで十分。お墓も法事も一切
いらない。
posted by ミチル at 00:19| 山梨 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする