2018年09月13日

つる君が行きました(12日のこと)

夕べはほんとに寒くてさすがに
タオルケットを一枚出して寝た。
寒くなるといつも以上に猫たちが
来るから重たくて寝返りがうてず
朝起きるとぐったり疲れている
(^^;)

そして今朝も霧雨の中。このくらい
涼しいとさすがのデブミチルも
汗が出ない。山も何となく秋っぽい

IMG_8172.JPG

犬たちの後ろにススキとクズの
ピンクの花

IMG_8177.JPG

こちらは夏の花、ムクゲ
IMG_8179.JPG

今日も落ち柿狙い
IMG_8181.JPG

柿狙いは銀花だけじゃない
これはなに蜂なんだろう

IMG_8184.JPG
スズメバチみたいな縞々だけど
そんなに大きくない。ロバの銀花は
熟して道に落ちた柿しか食べない
のに、蜂の方が柿泥棒だね

今朝はつる君が出てこない。
二階にもいない。いそうな場所を
探したら棚の上の猫トンネルの中で
寝てる。というか昏睡状態で
呼吸がおかしい。すぐおろして
寝かせる。昨日の夜はいつものように
夜ご飯をせがんで少しだけは食べて
くれて寝る時も温かくしてやって
箱に入って寝ていた。こんな急に
来るなんて。。



いつもの場所にそっと寝かせてやる。
昏睡状態だけどなでてやると
手をうごかす。軟便が出ている
のできれいにしてやっていつもは
いやがるので絶対さわらないように
していた目ヤニもとって鼻も
そうっとふいてやった。そして
ちょびっとあいてる口にレスキューを
一滴だけ垂らしてやった。

IMG_8190.JPG

夕べまでのことを思うと余りに急変
だったけいつもの暮らしの中で送って
やりたい、というわたしの気持ちを
まるでわかっていたみたい。
そして自壊して痛みが出て食べる
こともできなくなってきたら
安楽死も考えなくてはいけないと
思っていたことも。。。

不安定になっていた呼吸が間隔が
開くようになり、わからないほど
静かに旅立った。3時ごろだった

IMG_8193.JPG

しばらくはこのままおいてやろうと
思ったらいつもはナマケモノ的な
動きのちゃげるが二度もつるくんを
くわえて持ち去ろうとしていた。
でも玄関に出すのはかわいそう
だったので穏やかなぴみが一人で
暮らしてる子ども部屋の窓際に
安置した。

IMG_8194.JPG

つるくんは今見たら2007年に
拾った猫だった。

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/49522327.html
土砂災害で長くすてまる先生に
預かっていただいた時、つる君が
弱いと先生に言われたことがある。
全身ノミだらけで拾い栄養失調も
あったと思う。ごろごろすりよって
のどはならすけどだっこは嫌い。
カケションもけんかもすることなく
手のかからない子だったが、今年
3月、口中に扁平上皮癌との診断で
口の中なので手術はできず
これからはおいしいものをたくさん
食べさせてあげてと言われていた

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/457935382.html
今日までよくがんばってくれたと
思う。がんが自壊したり痛みが
出たらどうしようかと思っていた。
治る見込みのない病気で。でも
つる君の命をここで断ったら
つる君は納得できるんだろうかと
毎日自問していた。動物は
自分の病気に対して未来の不安も
悲観もしない。ただただ今を
生きてるから。それを悲観がる
のは人であってつい動物に投影
してしまうけど本当はかわいそう
でもなんでもなくつる君は今を
自分なりに普通に生きていたのだ。

幸い夕べまでは自分から食べて
いてくれたのがすくい。口の中を
気にはするが痛がってはいなかった
から。わたしはいつも動物を
送って後悔がないことは一度もない。
それは多分動物を飼ってどれほど
世話をしてみとった人も同じだろう。

だけどたったひとつだけ、絶対に
よかったと思っていることがある。
自分が先に死なずに看取って
やれたということ。

動物を保護するということの
究極は看取ることだと思うから。
ペットショップやブリーダーで
生ませた犬猫に関しては知らないが
わたしはこれでひとつ責任が
果たせたように思うようにしている。

今までつる君を応援してくれた
皆さんどうもありがとうございました
空の国には猫仲間もたくさんいるし
たよりになるめぐがいるから
迷うことなく今頃みんなに会えて
いるかなと思います。あした
慈恵院につれていきます

ゆうべのつる君。昨日も貼った
写真だけどまさか今日死んじゃう
なんて。。。

IMG_8161.JPG
posted by ミチル at 00:31| 山梨 ☁| Comment(6) | お別れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする