2018年04月02日

父のお墓(1日のこと)

山の中で暮らしてるとヤマザクラは
とても遅いのでサクラの開花にも
無頓着なのだが昨日実家に来るのに
久しぶりに里に下りたら里は満開に
なっていた。いつもは4月1週目の
入学式には間に合わないくらいだから
やっぱり今年は早いのだと思った。

そして東京に来てみたらいつも通る
府中の見事な桜並木はほぼ散って
いて、実家近くの神代植物公園の
並木もこんな

IMG_1994.JPG
お花見シーズンはあっという間に
終わったということか。

今日は去年一月に亡くなった父が

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/446178265.html
お墓に入る日。父が生前に買って
あった都立霊園の墓じまいが
大変すぎてわたしはこーにアタマを
下げてどうかお願いしますと頼んだ
(^^;)そしてこーは行ったり来たり
書類を整え提出、墓石屋さんにも
墓じまいをお願いしすべて終えて
やっと父は申し込んでおいた実家
から歩いて行かれる場所に新しく
できたお墓に入ることができた。

IMG_1988.JPGIMG_1992.JPG
お墓と言ってもいずれ合祀にして
もらうので新たに墓石など
建てず、ロッカーみたいなところ。
10年たったら自動的に合祀に
入れてもらえるシステム。

八王子のお墓には分骨してあった
父方の祖父と昭和8年に亡くなった
という、父のおばあちゃんわたしの
曾祖母の2人の分骨があり、それは
合祀の方へ入れてもらった。

IMG_1990.JPG

父も祖父も曾祖母も名前を記載して
もらうこともやめて最後は土に
返る方向で。生きている人は死んで
そのあとあれこれ残ったものは
家族にとっては苦しいことが多い。
何も残さないほうがいいとさえ
思う。誰もが生きて死ぬ、知り合いや
身内がいるうちはどこそこのだれと
わかるけどそんなもの30年もしたら
わからない。そうやって人は消えて
行く。それでよいと思う。その代り
かかわったものにはその人の人と
なりの魂は受け継がれていく。
それが本当の遺産なのだと思う。
そしてそれはたとえ1000年たっても
残っていく。いま生きているわたしに
1000年前の人の魂がどこかで生きて
いる。わたしも死んだらここに
入れて合祀にしてもらうように
ノノコにも言ってある。お墓の管理も
お寺との金銭的にも大変な付き合いも
ノノコに引き継がせるわけには
いかない。本人もやる気ないし(笑)

こーも来てくれたので終わってから
いつものはま寿司に繰り出す。
わたしは珍しく昨日から風邪で
夕べは体調が悪くなって早寝した。
ところがこの食べっぷり!↓(笑)

IMG_1996.JPG
食べられるうちが花、それも
父も義父も動物たちも教えてくれた
ことだけど、食べすぎはあかん(^▽^;)

夜はまたマクラメを作った。
少し熱が冷めてきたけど
先日友だちに持って行ったら
とても喜んでくれたのでもうひとつ
ブレスレットにした。

IMG_1999.JPG

下から光を当てるとお花が咲いた
みたいになる

IMG_2002.JPG
次はパラコードでも編んで
みようかな〜〜♪

posted by ミチル at 00:25| 山梨 | Comment(6) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする