2016年01月21日

悲しくてやりきれない

村で一番の仲良しの友だちの家の
娘さんが亡くなった。23歳と1か月
小さい時も、大人になっても
愛情を注ぎ宝物のように育ててきた
ことを、わたしはよく知っている。

ベッドで寝たまま
心筋梗塞だったそうだ。
人一倍愛情深いご両親の子が
なぜこんなことに


命より大切な子どもに化粧をし、
晴れ着を着せて旅立たせる、
最後は真っ白なお骨になったわが子の
骨を拾う。これ以上悲しいことが
この世にあるだろうか。

葬儀の間も必死にこらえている
でも立っていられない、
かわいそうでかわいそうで
涙が止まらない

IMG_3069.JPG
posted by ミチル at 23:53| 山梨 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする