2015年11月10日

紅葉

残念ながら小雨。散歩もどうしようか
迷ったが寒くないのでそのまま出発
遠出はあきらめた。あたりは雨で
白くぼんやりしてるのにち日が
当たっているような錯覚を起こす

5日間留守してる間に紅葉がこんなに
広がった 家の周り↓

IMG_7637.JPG
とうとう、ヤマナラシの葉っぱが
てっぺんも落ちた。ナナカマドも
鮮やかなオレンジに。

お隣のもみじのした

IMG_7633.JPG
2スワリはまだまだ遠い(笑)

落ち葉がさごそ隊 ちょっと躊躇する
いちご、どんどん進むれもん
隊長はれもだ〜

IMG_7643.JPG

小さな滝の水たまり 葉の色が
水に溶けて深い色になっていた

IMG_7649.JPG

野原のススキもすっかり枯れた
IMG_7651.JPG
どうせぬれたからもう少し行こうと
思ったがいちごがもう帰るというので
ここで戻った。銀花は風邪ひくと困る
からお散歩は行かず。

ずっしり重くなったすいか。
ぽぺぴ連は性格の良い3兄弟で
気が付くとすいかをかわいがって
くれている。真ん中に小さく顔が
見えるのがすいかで実は黒猫ぽんの
おっぱいにすいついている

IMG_7698.JPG
それを3にんで争うようになめて
やっている。オスネコは案外子猫に
優しい。

れももでかくなり膝に飛び乗られると
かつての可憐な子犬っぽさはなく
どしんとする。もう猫より大きい。
100均で買ってきたキューキュー
音がするおもちゃがお気に入り。
気をつけてないと外にもくわえて
持って行っちゃう(^▽^;)

IMG_7666.JPG

今日はお昼前買い物に行き、仲良しの
村友のお舅さんが亡くなったので
お花をお届けしてお線香をあげさせて
もらった。話を伺うとうちの父と同じ
徘徊があり、入院していた病院でも
大変だったらしい。でも病院ではなく
帰宅して亡くなられたのでよかったと
思う。雨は夕方になると冷たい雨に
かわり、慌てて上着を着た。銀花も
お洋服を着せた。明日は雨があがり
遠出ができるといいなぁ〜


posted by ミチル at 23:54| 山梨 ☔| Comment(2) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父の手術と愛ちゃん(11月5日〜9日)

水曜6時過ぎ、こちらを出て実家に
8時過ぎ到着。翌5日木曜日朝の
10時半から手術なので9時半ごろ
到着、父はのんきなもので手術する
んだよ、といっても明日退院だろ?
とにこにこしてる。

からだをきれいにしておへそのゴマも
とってもらい、着替えたり準備をして
母とふたりでお見送り。父は点滴の
支柱を持ちながら看護婦さんに付き
そってもらって手術室に入っていった。

腸だけでなく、胃も切るので大きな
手術、終わるのは4時半ごろとのこと。
手術の間、家族は何か会った時に
必ずいなくてはならないと言われ
売店でおにぎりを買ってきたり、
母は長椅子で居眠りしたり、わたしも
長い時間だと思って父に靴下を編もうと
持って行った。いずれにしても緊張感が
ない家族(^^;)

IMG_7547.JPG

こーも来てくれてピザを買ってきて
くれたので待合室に入って3人で
ぱくついていたらノックがしてドアが
開き、外科の主治医の先生が立って
いた!わたしは口にピザをくわえた
ままびっくりして立ち上がったが
せめて口からピザを出せばよかったと
とても後悔している(-_-;)

時間を見たら1時間も早い。3時半前。
先生がうまくいきましたよと
にこやかに話して下さり(´▽`) ホッ
心臓に少し問題があったり手術直前に
麻酔科の先生もいらして年齢が年齢
だからリカバリーしないこともあると
恐い話もあったので本当によかった。

それから1時間くらいして手術後に一晩
だけ入るというナースセンターのすぐ
後ろの部屋に父が戻ってきたのは
4時半すぎ。麻酔はさめて話しかけると
返事するけどうつらうつら。手術の
時は体温を下げるそうでそれがもとに
戻るとき発熱するそうで8度くらい
あったのでそれもしんどそう。
1時間くらいいて帰る。

翌日はほんとうにもう歩かされた
そうで、午前中看護婦さんと車いすを
押して廊下を歩いたそう。心配して
いた痛みも出ていないようで元気は
ないけどいつものデイルームで
2時間くらい起こしておいた。

IMG_7552.JPG
寝てると肺に良くないので
できるだけからだを起こしている
方が良いそうだ。金曜日でわたしは
午前中帰る予定だったが父が2〜3日
夜、錯乱したりしたら夜中でも家族に
来てもらうことがあると言われて
お絵かきはこーに任せることにして
月曜までいることにした。

土曜日
少し元気になったら今度はあちこち
ついてる管が気になって尿管を
点滴だと思って高く上げようとする
ので何度も止めるがついまたやる。
看護婦さんはさすがで見えないように
ひざ掛けをしてくれたらいじらなく
なった。

IMG_7572.JPG

昨日、日曜はずいぶん元気になり
車いすではなく自分で歩いて移動。
それまでの緩慢な感じが、いつもの
父に近づいてきた。そしたら今度は
暇なので何かしらいたずらをしたい。
でも心配していた痛みも今のところ
出ず、管をいたずらするだろうからと
こちらからお願いしていた拘束着も
手術の日一日だけだった。歩いた方が
傷の治りも早いし痰がでて肺炎にも
なりにくいそうで昨日は廊下を1周
自分の足で歩いた。

IMG_7582.JPG

そして今日月曜、背骨から入れてる
麻酔が終わり痛みが出てきたそうで
午前中看護婦さんが歩かせてくれようと
したら拒否したらしい。でも午後、
わたしと母が行き痛み止めも入れて
もらって痛みも消えたのか廊下を
3周も歩いた。

IMG_7616.JPG

まだご飯も食べられないので
デイルームにある雑誌を見て
食べるものばかり見ている。
退院したらなんでも食べられるよ
でも量を少なくするんだよ、胃も
切ったからと言うとがんか?と父。
でも少しするとまた忘れて胃も切った
のか?と言う。夕方主治医の先生が
来てくださって痛みのことを言って
あったので気をつけて下さるそう。
父にもガマンできなかったら
言うんだよと言って5時過ぎ病院を
出た。帰りはパルコによってお弁当を
買って家で母をご飯を食べて7時
実家を出て9時ごろこちらに戻った。

久しぶりのれもんはでかくなり
すいかは今日ワクチンだったそうだが
だっこしたらずっしり。明日はまた
犬たちと少し遠出できたらいいな〜

実家の愛ちゃんはわたしのことが
きらいで逃げて回ってたけど
何日もいたのでなれてごろごろのどを
ならしてくれるようになった。
愛ちゃんかわいい〜!父も愛ちゃん
どうしてる?と何度も聞く。動物との
暮らしはかけがえがないと改めて
思う♪♪

IMG_7580.JPGIMG_7606.JPG
↑かわいいでしょ〜!!!ヽ(^o^)丿



posted by ミチル at 00:28| 山梨 ☁| Comment(4) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする