2015年10月22日

父の退院とノノコの引っ越し

朝の日差し、朝と言っても
8時過ぎ(^▽^;)

IMG_6835.JPG

このごろ2スワリができない
変なかっこのふたり↓

IMG_6840.JPG

今日はちゃげるを10時までに
かぶくん先生で父の病院に午前中
行かなくてはならないから銀花は
家の前で道草を食わせただけ

IMG_6841.JPG

ちゃげるはとってもおりこうさん
おおむね、子猫で拾ってわたしが
育てた子じゃない猫がうちでは
みんな、良い子だ(;´∀`)
かぶくん先生は去勢手術でも
一泊なので明日また朝お迎え。
診察台の上でもごろごろ言っていた。

それから実家によって父の着替えを
持って病院へ。火曜水曜と行って
ないが、月曜のひどいふらつきの
ままだったら退院はどうなのかなと
思ったら今日は元通り、足取りも
しっかりしていた。それから
主治医の先生からまた映像を見ながら
説明を受ける。父は胃も怪しいものが
あり、おそらくがんとのこと。まだ
生検の結果が出ないともしかして
がんじゃないかもしれないが先生の
所見ではおそらくとのことだった。
父は一緒に聞いていてもほとんど
理解できていないからおかげさまで
こんなに元気になりました、すっかり
もとに戻りましたとそればかり
アピールしてる。やっぱり早く
家に帰りたいんだな^^;

今日元気なのは昨日輸血したから。
胃がんだとしてそれをどうするか、
何もしない、二度に分けて手術する、
大腸の手術の時一緒に取るの3択。
リスクはあるが父は年齢より
からだはしっかりしているので
放置はしないとしても長い入院は
認知症が進んでしまう可能性もある
そのことも考えなくてはならない。
胃も全摘になるのか残せるのかで
今後のことも変わってくる。先生も
家族も生活の質をなるべく落とさない
暮らしが一番だと考えている。

退院の手続きを待つ父。退院して
好きなもの食べて体力つけてまた
11月すぐ入院するんだよと何度も
言うがすぐ忘れてすっかり良くなった
ばかり言ってるけど落ち込まれるより
ずっと良い

IMG_6847.JPG

2時過ぎ自宅へ。母も元気になり
父を迎える。父は15日ぶりに自分の
椅子に座り、テレビをつけて郵便物を
チェック。病院にいる時と別人のよう。
いつもの父に戻った。

病院から持ち帰った荷物を片付けて
どっさり出た薬を区分けして次は
ノノコの引っ越し。3月末から大学に
通うためわたしの実家に下宿していた
のだが両親も若くて無口なノノコに
疲れ、ノノコも老人との暮らしに疲れ
お互い疲れて10月に実家から徒歩
10分くらいの場所にアパートを
借りた。大した荷物がないとはいえ
なかなか引っ越せず少しずつ運んで
いたが今日晴れてほぼ全部運び出して
やっと引っ越し完了。だけど肛門腺が
化膿した愛ちゃんの投薬と塗り薬は
ノノコにやってもらっていたので後
4日は実家に来てやってくれるように
頼んだ。実家とアパートを3往復し
9時過ぎ帰宅。

明日はわたしが歯医者さんとちゃげるの
お迎え、夕方お絵かき。実家には
土曜日の夜から行くか、日曜日帰りで
行くか考え中。どうしようかな〜。

posted by ミチル at 23:18| 山梨 🌁| Comment(2) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする