2014年11月21日

猫活失敗・痛恨のバラシ

おはチビチビチビ♪今朝は曇りだ
から、寒いね。食欲もりもり、
一番甘えん坊がサバトラゆうくん、
目が合うだけでごろごろ喉を鳴らし
寄ってくる。この子1人残るんじゃ
かわいそうだった。優しい里親さんで
ほんとうに良かったヽ(´▽`)/
たくさんお上がり♪♪

061.JPG
少しずつゲージから出して自由に
遊ぶ時間を作っている。でも
まだふみちゃんは出せないなぁ
どっか行っちゃいそうで、と
思っていたらまた鍵を閉め忘れて
夕方いなくて探したらパソコンが
乗ってる大きな机の下の隅っこで
黒猫軍団と一緒に固まっていた
(笑)

003.JPG
こんなかわいいお顔してる、

今朝も2度。湿度があるからか
霜が見当たらなかったが寒い。
緑のカーテンもすっかり秋の色
画面左、大きな葉っぱのホウが
葉を落とし隙間から里の鉄塔が
見えるようになってきた。

020.JPG

ポニーにはなれなかっためぐ
031.JPG
(笑)
参照

http://akiyamakoubou.up.n.seesaa.net/akiyamakoubou/image/034-82f9e.JPG?d=a1

今日は以前暮らしていた藤野の、
住んでいた家の上の家から相談で
庭のうさぎ小屋に入っている猫を
避妊手術に連れて行くので銀花の
散歩は後回しにして急ぎ出かけた。
小さなうさぎ小屋にさび猫が入れられて
いる。おばさんが飼っていたが
3月に亡くなり猫もいなくなったと
思っていたら近所の家の庭で餌を
もらっていたそうで、きちんと管理
するようにとうさぎ小屋に入れられて
いたそうだ。ところがお嫁さんは
アレルギーでとても部屋の中では
飼えない。里親を探すにしろ
庭で飼うにしろ避妊手術をしないと
身動きがとれないからと連れて行く
約束でキャリーをもって出かけた。
ここから30分足らずのところだけど
引っ越して以来20年ぶりくらいで
懐かしい昔暮らした部落に到着。
懐かしい道、でも藤野はあれから
すごく発展して、地元ではない
お店や住居が奥の方にもたくさん
出来ていて驚いた。隣町でも
こことは偉い違い。。

小さなうさぎ小屋に入れられた
サビ猫、浅いトロ箱に土が入れて
あって、そこにてんこ盛りのうんこ。
動物を、猫を飼ったこともない
人にはうんこの世話をすることは
想定外なのだろう。すぐポリ袋を
もらって見てる前でとって始末した。
まもなくこーっが到着、実は今日
東京に出かける用があるので
キャリーに入れたらバトンタッチ、
そのまま獣医さんに置いていって
もらう予定だったのだが、、、、
大人しいから首をつかんで入れる
直前大暴れしてこーっの手をかじり
遁走。。あ〜あ。。。

餌をもらっていた家の庭に必ず戻る
だろうから餌をくれていた人に
頼んでキャリーに入れてもらうよう
お願いして戻る。すぐ獣医さんに
捕獲失敗の電話。この頃わたしは
猫捕獲の運がついていない。

帰って家に上がらずすぐ銀花を
連れ出す。出かける時自分は?と
言わんばかりに大声で吠えていた。
犬たちの散歩に行って銀花の散歩に
行かないとわかるみたいで大声で
吠える。

銀花の甘え顔2枚↓

044.JPG053.JPG
帰宅すると雨が降ってきた。
良かった行ってこられて。

午後から工房。あまりに時間が
かかるのでピックアップした後
一段ずつ、平織りを入れることに
した。

058.JPG
平織りを入れることで浮いた
縦糸も押さえられるから布地が
しっかりする。平織りを入れないと

http://akiyamakoubou.up.n.seesaa.net/akiyamakoubou/image/042-fa226.JPG?d=a0

今日は県民の日というので休み
だった。わたしの中では都民の日が
10月1日、それしか頭にない。
もう東京を離れて26年なのにね
(笑)


おまけの一枚↓
067.JPG
大人になってからうちの子にした
猫はなんでこんなにマトリョーシカ?
(笑)






posted by ミチル at 00:03| 山梨 ☁| Comment(2) | 多頭生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする